(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年06月27日

ヒラボクインパクト@6/27(日)福島5Rメイクデビュー

メイクデビュー福島 福島芝1800m良
sinba0627f5.gif

12.8 - 11.1 - 13.0 - 14.3 - 13.5 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 11.8

超スローペースで時計自体は参考にならないが、3Fの勝負にしてもやや平凡な内容だったかなと。


1着ヒラボクインパクトは好スタートも二の脚がつかずに後方から競馬。向こう正面で外に持ち出すと、
前を走るチェリージュニアが向こう正面からポジションを押し上げる。3角で楽な手ごたえで外から
押し上げていくと4角ではもう先頭を射程圏内に捕えて直線。しかしここから内のミススパイダーに
差し返される。最後は2頭のマッチレースとなったが半馬身差の勝利。中盤が異常に緩んだ
超スローペースの競馬の中で、外をまわして楽にポジションを押し上げることが出来たのが勝因。
ロスはそれなりにあったが、やはり3角までに良い位置につけたのが大きいか。ラストはやや落として
いるものの2歳としてはまずまずの上がりでしょう。4Fで長く良い脚をつかったと言う点では
及第点ぐらいはあると思います。


2着ミススパイダーはまずまずのスタートから好位、馬群の中で競馬。3角手前からかなり激しく押されて
いたがいまいち反応が鈍く、エンジンがかかったと同時に4角ではかなり窮屈なところを通っていたが
スムーズに捌く。直線では捲って先頭に立ったヒラボクインパクトの内からしぶとく食らいつく。
最後まで激しく抵抗したが、最後は力尽きた。反応がやや鈍い印象があったが、それ以外はまずまずの
内容を見せたかな、と言うところ。もう少しペースが上がった方が持ち味を活かせるんじゃないかなと
感じました。


3着ショウナンバーズは五分のスタートから馬なりで先行争いに。2角過ぎでは離れた3番手に。3角では
最内を確保してそのまま狭い最内を通って直線。なかなか進路が無く外に出すまでに時間がかかったが、
そこからはしぶとく脚を使えている。最後は3番手を差し切っての3着。コーナーでごちゃついた
のと、直線で進路が取れなかったこと、緩んだ時に最内で自分のリズムで走れなかったこと等、かなり
ロスを感じたので、次走は外枠でも引いて自分のペース、極端に緩まないようなペースならもう少し
良い結果が出そうな気がしますね。馬にはかわいそうなレース展開でした。うまく捌いてはいるんだけど。


4着ディアハレルヤはやや出負けも積極的に先行策。外目の4番手と良い位置取り。緩んだ時にもスムーズに
競馬出来ていたが、3角で外からチェリーが捲ってきたときにワンテンポ早い仕掛け、4角で先頭に立った。
そこからは外の2頭に一気に差し切られ、最後はショウナンパーズにも差し切られての4着。スローペース
だったし、多少仕掛けは早かったにせよ、ちょっとばてすぎの印象。次走はやや評価を下げたいところ。


5着ジャックは五分のスタートから中団での競馬に。3角では最内で競馬。馬なりで手ごたえ良く押し上げて
いき、4角で外に進路を切り替えて直線。大外に持ちだすが前2頭とは大きな差があった。だが、最後まで
しぶとく脚を使えてなだれこんでの5着。時計や上がり的にはそこまで評価出来るものではないものの、
ラップが速くなった3〜4角で手ごたえよく押し上げることが出来たと言う点に好感。レースレベルの
問題もあるが、これで次走人気薄なら狙っても良いかなと言う感じ。


6着マイネルヴィルンガは好スタートから押して先行策。二の脚はそうでもなかった。緩んだところでやや
掛り気味の競馬に。3角最内で押しているものの進路が無く押し上げられない。最後は伸びずばてずの競馬で
残念な競馬に。二の脚はそれほど速くなくて、押して伸びるタイプと言う感じでもなかったかな。
う〜ん、次走は評価を下げたいが、外枠を引いて人気が無ければ…。


7着コスモセクシーはまずまずのスタートからすっと下げて好位。緩んだ向こう正面でかなり窮屈な競馬。
3角でも前のマイネルが邪魔になって押し上げられず。4角で一気に上がっていったもののそこで脚を
つかったせいか、最後は伸びを欠いた。スピード自体は感じたので、もう少しラップの緩急が無ければなあ
と言う印象。次走人気薄なら狙っても悪くないか。


9着サマーサルサは好スタートから出鞭を入れて逃げの一手。2角の出口ぐらいで一気にペースを落としたが
ポジションの入れ替わりも無く楽に逃げられた。残り800で軽くスピードを上げたが、3〜4角の
コーナーワークでも手ごたえで見劣っていたので、力負けですね。この緩いペースでばててしまっているし、
ちょっと次走は買いづらい。
posted by カタストロフィ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホーマンルッツ@6/27(日)阪神4Rメイクデビュー

メイクデビュー阪神 阪神ダ1200重
sinba0627han4.gif

12.6 - 10.8 - 11.9 - 13.2 - 12.8 - 12.7

この日のダートは道悪でやはり時計が出ていたので、この時計自体は平凡と言わざるを得ないが、
ラスト3Fが13.2-12.8-12.7と加速ラップで終わっていて、このラップをつくりだした勝ち馬は
まだ時計を伸ばす余地があると言うこと。レースレベルは低いですが、その辺は注意。


1着ホーマンルッツは父フジキセキ母ホーマンルージュ(父デヒア産駒)スタート五分から押して押して
外3番手につける。3角途中で緩んだところで余裕の手ごたえ。ここで外からゆったり押し上げて、
4角でもまだ仕掛けず直線。直線で軽く仕掛けられると内2頭を一気に突き放す。8馬身千切っての圧勝。
前半35.3はなかなか早いペースで、これを必死に追走とはいえついていけた点は○。最後までしぶとく脚を
使えているが、1200だとスピードのある馬に押し切られる可能性があると言う点で、ちょっと不安がある。
1400mに伸ばした方が持ち味を出せそうな気がする。圧勝だけど時計は平凡なので、その辺はあまり
過剰に信頼しない方が良さそう。


2着ヒューストニアは五分のスタートから無理に押さずに好位の外。3角ですっと最内に進路を取り、
一気に押し上げて直線。進路がなかなかなかったが、ホーマンが抜けた後ろを通って差しこんでくると
最後はプレストリガーを抑えての2着。3〜4角で最内をロスなく立ち回ったし、流れ的にも
序盤に無理してない分、最後に差しこめた感じなので、あまり評価はできないかな。時計も遅く、
次走人気するようだと評価を下げたいところ。


3着プレストリガーはスタート出遅れ。必死に追われるが集団から大きく置かれる。4角では外をまわして
直線はほとんど画面外。最後の直線だけでとんでもない脚を使って3着に食い込んできた。確かにテンは
物凄く遅いし、ペースが速く前がばてる展開がもろに嵌ったのもあるが、上がり最速、特に2番目に早い
38.4に1.4も差をつけているのだから、加速さえしてしまえば物凄く伸びると言うイメージを植え付けた。
次走も出が不安で、人気があるようだと手を出しづらいけど、この37.0と言うのはこの中では抜きんでて
いるので、馬券買う買わないにしても次走、スタートが気になる馬です。


4着ダイシンワイルドは五分のスタートから押されるが追走がやっとという感じで好位の外。緩んだ3角
途中からも必死に追われていて、外を追走。直線では全く伸びなかったが川田がぐいぐい押して、半ばで
各馬ばてたところを何とか差しこんできていたが、プレストリガーにとんでもない脚で差されて4着。
前半ハイペースについていくほどのスピードは無かったです。力的にはちょっと見劣りしますね。
良馬場でスピードを問われにくい舞台でどういう競馬が出来るかですね。


5着ブーケパルフェは好スタートから押して逃げ。体勢決まるかと思われたが、競りかけられて更に
脚を使う羽目に。3角からもず〜っと外からプレッシャーを受け直線で粘り込みを測るものの一気に
ホーマンに交わされると、最後は差しこみに屈した。時計自体は遅いんだけど、前半3Fは新馬戦では
かなり速い部類に入るし、ゲートセンス、二の脚の速さはここでは抜けてましたね。1000mなら
割とすぐに勝ちあがれるんじゃないでしょうか。残り200までは悪くない競馬でしたし。


6着ランギットやや出負けで押しての先行策。結構しつこく前に取りついていって番手。3角から
終始おっつけ気味に前にプレッシャーをかけると、直線でもしぶとく粘り込む。残り200で一気に
ホーマンに交わされるとブーケと同じく差しこみに屈した形に。この馬は出負けして序盤に結構
脚を使わされた上、ハイペースでこの内容なので、着順や着差程悪くは無いと思います。
時計的には平凡なので、難しいところですが。


7着マイネルデフィは五分のスタートからかなり押されて離れた4番手。3角で前3頭を見ながら
内で競馬して4角で外に。直線では伸びを欠き、残り200mで力尽きた形に。競馬的にはロスなく
競馬できているし、これで7着だと厳しいですね。


時計は遅いがハイペースと言うことで、この流れで先行出来た馬が次走穴狙いのポイントになりそうです。
レースレベルは低いかな、とも思いますが、ヒューストニアが良い物差しになると思いますね。
posted by カタストロフィ at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーグルカザン@6/27(日)函館5Rメイクデビュー

メイクデビュー函館 函館ダ1000m良
sinba0627hak4.gif

12.6 - 11.0 - 11.9 - 11.9 - 12.6


3歳未勝利が0.59.7。それを考えるとなかなか優秀ですね。


1着イーグルカザンは父イーグルカフェ母ユウジンカザン(父ジェネラス)産駒。
スタートは五分、押して前に取りついていく形になり2番手で外目を追走。3〜4角でも終始
逃げ馬をマークする形で直線。最後は叩きあいを制して完勝。テンのスピードやゲートセンスは
それほど良くは無かったんですが、スピードに乗ると最後までしぶとい競馬と言う印象でしたね。
なかなかに優秀な時計ですし、次走はどうせ芝ですので、ダートに戻ってきたときは狙いたいです。


2着ナイスカスケードは出負けぎみにスタートしたが押されると良い二の脚で一気に先頭に立つ。
4コーナーの入りぐらいから一気に押し出してリードを作ろうとするが、イーグルにきっちり
マークされ直線。しばらく叩き合いが続いたが、最後は屈してしまった。それでも3着には0.6差と
きっちり突き放しての2着。前半のゲートもロスがあったし、それでいてすんなり前に取りつく
二の脚があった。これは相当評価できるし、前半のラップもそこそこ速かったのでそこでこの脚を
使えたと言うのが大きい。これでゲートの出が良ければ、次走は確実に勝ち負けに絡んで来れる
レベルでしょう。ダートなら勝ちあがりは時間の問題だと思いますね。


3着エンジンゼンカイは好スタートからすっとハナに立てそうな感じだった。だが油断したところに
外からナイスカスケードが上がっていき、それを見た丸山君があわてて追い出すも逃げられず、
内で厳しい競馬になってしまった。内ポケットで3〜4角を立ち回るも、直線では伸び脚が無く、
前2頭に突き放される。それでも最後は後続を全く寄せ付けず、一応3着どおり、3番目に強い競馬を
したとみてよさそうです。前半もう少し行き切ることができれば、少しは変わっていたかもしれない。
ゲートセンスや二の脚のスピードは一枚上手だと思うので、次走しっかり逃げることができれば。


4着ダイヤヘルメスは好スタートで押して行くが、ややスピード負けし好位で落ち着く。3〜4角でも
馬群の狭いところをロスなく立ち回って直線。直線での伸び脚は悪く、逆に3番手のエンジンゼンカイに
突き放される始末。ちょっと厳しいですね。レースレベルは高かったので、相手と人気次第ですね。
積極的には買いづらい。


5着サマーダリアは出遅れてスピードにも乗れず、大きく置かれる。終始追い通しで追走。3角で内を
ロスなく立ち回り、4角で遠心力と鞭でスムーズに外目に持ち出し直線。最後まで伸びていた分、
ラスト落ち込んだところでグイッと食い込んできての5着となった。この出遅れさえなければとも
思えるが、如何せん追走が出来ていなかったのが気がかり。エンジンが掛ればいいんだけど、
次走はその辺を注目したい。


後は見るべき点は無いですね。競走中止が3頭もいたので残念な限りです。
posted by カタストロフィ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。