(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年07月15日

2010年 七夕賞レース回顧

七夕賞(G3) 福島芝2000m良
tanabatasyo.gif

12.5 - 11.4 - 12.1 - 12.2 - 12.8 - 12.0 - 11.7 - 11.8 - 12.0 - 11.9


ラップ的には5F目で緩み、平均よりややスローペースからの5Fロンスパ戦。
馬場も外差し傾向でスローと、前半の追走力が問われないうえに、5Fのロンスパ戦で
ラス1が落ちない競馬と、やや特殊な競馬になったように感じます。
てか善臣相談役が神すぎてw時計は馬場を差っぴいても平凡で、まあ上がりが早いし
ラストも落としていないので、レースレベルは並としておくか…。


1着ドモナラズはスタート五分からすっと下げて後方からの競馬。ゆったりとした
流れで馬群は凝縮、後方の外目で競馬。3角手前で馬群はペースアップもここでは
仕掛けず。4角で馬群が横長の捲りあいになるところを、その一番大外に持ち出して
押し上げる。直線では一番外から切れはしないが、最後までしぶとく伸びてきての1着。
してやったりの善臣相談役と言って良い。4角ではこれはやり過ぎではと思うほどの
大外ぶん回しだが、外伸び馬場としぶとい末脚をもろに活かせる競馬になったのが
良かったのだろう。3角手前からのペースアップをワンテンポ遅らせたのが結果的に
最後まで脚を使えたことに繋がったかも。力的には足りない馬だったが、適性と展開、
、ハンデと仕掛けどころが嵌った感はありますね。


2着アルコセニョーラは中団で競馬。向こう正面で緩んだ際には少し掛り加減なぐらい。
3角では外目から仕掛けられ押し上げていく。4角で大外に持ち出し直線。後は外伸び
馬場を味方にしぶとく伸びてきたが、更に外のドモナラズには及ばず。この馬も3角では
他の馬よりやや仕掛けが遅かったと思うので、この辺が結果的に良かったのかも。
適性面では当然上位に来る馬だし、長く良い脚を求められたのも良かった。牝馬で
ハンデ54kgだし、よく頑張ったけど外差し馬場と5Fのロンスパ戦で適性がもろに
嵌った面もあり、次走の判断は難しいですねえ。


3着サンライズベガは出遅れて後方から向こう正面のペースが落ちたところで、楽に
外からポジションを押し上げていく。3角手前のペースアップで大外から鞍上が押して
押し上げていく。4角でも大外をまわり直線。入り口では差を広げられたが、最後まで
しぶとく伸びてきての3着同着。向こう正面で緩めずにポジションを押し上げたのは
ペースから考えると好判断だったと思いますね。結果的にこの馬が一番長い脚を使って
いると思うので、外差しの目標になってしまった分、厳しい競馬にはなりましたが、
力は見せることが出来たと思います。休み明けで、追い切りがもっさりしていて、
まだ良化途上だと思っていたので、この内容なら次走は狙ってみても良いかな。


もう一頭の3着バトルバニヤン五分のスタートから中団の外で競馬。2角〜向こう正面で
ゆったり押し上げて好位の外に取りつく。3角入りで外目から進出。3〜4角馬なりで
楽に押し上げて直線。一旦は先頭に立ったが、外差しの3頭が一気に押し寄せて、
残り50mぐらいでまとめて交わされての3着同着。競馬の内容的には一番強い競馬を
したとは思いますね。結果的にちょっと仕掛けが早かったかな。というより、団子状態で
差し馬との差が無かったのが痛かったですね。安定して上位だけど、平均的な脚しか
使えないから勝ち切れない。能力上位は間違いないと思うんだけど、典型的な善戦マン。
取捨が難しいなあ。


5着トウショウシロッコは五分のスタートから今回は流れに乗っての先行策、内目。
2角過ぎで少し頭を上げて掛るような感じ。3角でも馬なりでペースに対応している。
4角になっても進路が確保できず、窮屈な競馬でポジションをやや落として直線。外に
進路が開いてすっと伸びてきた。が、外差し馬場の影響もあってか、最後はまとめて
交わされての5着。う〜ん、正直迷走中というか、いつもの差し競馬をすれば良いのに。
結果的に今回は先行勢には辛い形になったし、3〜4角でも馬群を捌くのに苦心して、
厳しい競馬になってしまった。今後の取捨が難しい…。今まで通りの競馬をしてくれれ
ば地力的には上位なんですがね…。


6着イケドラゴンは好スタートからハナを奪いに行くが、積極的には争わず。結果的に
大きく下げて4番手の外にまで。3角からのペースアップで外目から押していくが
反応悪く、必死に追われる。4角でようやく加速したがそれでも追走に一杯。直線では
最後までしぶとく抵抗しているものの、外からの差し込みに万事休すの6着。う〜ん、
5F目で緩んで、6F目で加速する競馬に対応できなかった感じですね。それでもラスト
5Fで平均的なラップを刻むロンスパ戦だったので、何とか格好は付けれた形。
目黒記念はあまり参考にはできないまでも、反応面ではかなり怪しいですね。
こういう仕掛けどころの前に緩みのあるレースで好位からの競馬は向かない気がします。
今回はペース的にも緩かったし、もう少し前で競馬してほしかったかな。


7着キョウエイストームは五分のスタートから後方まで下げる。向こう正面で掛って
ポジションが上がる。3〜4角から大外を押し上げていくが直線では手ごたえが無かった。
力的に少し足りませんでしたね。少し掛っていたので2000mでスローだと競馬が
しにくいのかも。距離短縮は良さそうです。


9着ホッコーパドゥシャは五分のスタートから中団での競馬に。3角で内目から終われるが
反応は良くなく、4角では2列目ぐらいに下がる。直線入り口ではそうでもなかったが、
最後までしぶとく食い込んできており、通った場所を考えると良く頑張ってはいる。
斤量もトップハンデなので。9着だけど、休み明けを考えれば悪くない負け方かなと。


11着サニーサンデーは五分のスタートからある程度押していくも、逃げずに内を見ながら
番手の外で競馬。2角ぐらいではかなり行きたがる素振りを見せ、折合に専心。
3角までずっと掛りっぱなしで、勝負は3角から。3〜4角では中目を通って競馬し
直線。手ごたえも悪く、最後は力尽きた。う〜ん、2000mはベストでは無いとは思いますが
今回は先行馬が外差しを意識しすぎて極端に緩めてしまい、3角の捲り合戦にされて
しまったのが大きいですね。5Fのロンスパ戦でも馬群が凝縮してしまっての競馬。
前にいるアドバンテージは全くありませんでしたし、いくら緩いペースと言っても
5Fのロンスパ戦を目標になりながら競馬するというのは、外差し馬場ではどうにも
ならなかったのかなあと。まあ競馬の仕方は難しかったとは思うし、仕方ないかな。
1800〜1600mに出てくれば。
posted by カタストロフィ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

拝啓オグリキャップ様



自分にとってオグリキャップとは伝説ですかね。
競馬に嵌った時にはオグリキャップはすでに引退。
種牡馬としても成功しておらず、リアルタイムで
オグリキャップを知ると言うことは難しかったです。


ただ、ネット技術が発展するにつれ、過去の映像などが
鮮明に見られるようになり、全レースを見ると、
オグリの競走馬としての凄さを目の当たりにしましたね。


イナリワン・スーパークリークとの3強対決を筆頭に、
タマモクロスとの世代交代までの道のり、
ホーリックスとの死闘、完全に勝てる競馬をした
バンブーメモリーを根性で差し切ってしまう。
正直根性などという精神論はこと競走馬においては
不要だと思っていますが、常識の範囲外の活躍を
見せたオグリキャップ。根性という理由づけで納得
したいのかもしれませんね。


最後の有馬記念、「さあがんばるぞオグリキャップ」
白川さんの素直な感情が見えた素晴らしい実況とともに、
最後はメジロライアンを退けての復活。


最近の競馬に欠けたものが昔にはあった。

復活のブライアンにはおぜん立てのトップガン。
スペシャルウィークには常に宿命のライバル、
グラスワンダーが立ちはだかった。
ブルボン、マックというスターを打ち負かした
淀の申し子ライスシャワーは淀に散る。
2000年以降の近代競馬に突如として産まれた昭和の雰囲気、
タップダンスシチー・ヒシミラクル・アグネスデジタル・
シンボリクリスエスの個性派時代。

競馬というスポーツが盛り上がるには、やはりライバルが
必要なのだと痛感した。ウオッカにもダイワスカーレットが
いなければ盛り上がりに欠けた馬になっていたかもしれない。
強いライバルがいるからこそ伝説が産まれる。

今の競馬に求めるとすれば、苦手な条件から逃げないでほしい。
どんな条件でも勝てる馬なんてのはごく限られた存在。
しかし、走らなければファンはわからないし、
その馬の可能性を人が勝手に決め付けるのは良くない。
マイルCS勝利後、連闘でJCホーリックスとの死闘に挑み、
2着に健闘したオグリキャップが、競走馬の無限の可能性を
人間に証明してくれたのだから。
posted by カタストロフィ at 22:29| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめましての方々に〜m(_ _)m

どうも、はじめまして、このブログの管理人カタストロフィと申しますm(_ _)m
実は「競馬をやって何が悪い。」というブログで、
単勝・複勝の予想をしているんです。
2010年度の成績は、7/11現在で、
単回収率114.8%
複回収率 97.8%
となっています。複勝はまだまだ頑張らないといけません。
目標を120%に据えて予想しているつもりで、予想するレースは
基本的に全て、何故買うのか説明をつけてあります。
なので、予想をもし参考にしたい、という方がいらっしゃいま
したら、
「競馬をやって何が悪い。」
の方にも足を運んでいただけたら幸いです。


こちらのブログのコンセプトは、ブログ名の通り、予想以外の
競馬情報…。重賞レース回顧はもちろん、2歳戦の全レースの
回顧、重賞展望までしていきたいと思っております。
前ブログで色々な要素を詰め込んでやってましたが、
改めて客観的にみると、非常に見にくいと感じたので(´Д`;)
それプラス、どうもFC2ブログは更新によるアクセス数があまり
反映されないように感じていて…。


もちろん、これまでたくさん来ていただいた常連さんには
感謝の限りですが、俺の目標として、やはり単純にアクセス数も
上昇してほしいと言う思いがありまして。


レース回顧、2歳戦は更新してしばらくしたのち、カレンダーで
そのレースがあった日をクリックすると見れるように編集したいと
思ってます。予想はこちらでは発表しません。上記の本館の方に
来ていただけたら幸いです。(予想自体は永久無料です)


さて、まずはこちらでも頑張って、両ブログ共にアクセス数増大を
目指します。皆様の応援が力になります!(`・ω・´)
posted by カタストロフィ at 17:32| Comment(0) | ブログ説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

ドリームバロン@7/11(日)函館4Rメイクデビュー

sinba0711hak4.gif

13.1 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 11.4 - 12.5


短距離戦だが、前半3Fが37.1と時計の出にくい馬場を考慮してもスロー、ラスト2F目が11.4とかなり速い脚を要求されて、ラスト1Fで12.5と大きく落としている。どこで脚を使ったかが評価の大きなポイントになりそうで。


1着ドリームバロンは父アドマイヤコジーン母バロネッセ(父シアトリカル)産駒。スタートはやや出負けも、押して追走。3角までじんわりと押し上げて、3角までに番手の外を確保。3角半ばから4角まで内目を必死に押されて追走。直線で1馬身ほどリードを許すが、残り200mで前がばてたところを交わして1着。勝つには勝ったけど、終始スピードで見劣る印象で、4角の一番速いところでも3角から押し通しで加速がついている状態で、逃げ馬に見劣っていたので、馬場の恩恵を受けたかなあと。時計的にも内容的にも昇級して即は厳しいんじゃないですかね。


2着ノアノアは五分のスタートから押してすっと先行。外から行く馬がいたので下げて番手の内ポケット。3角で緩み、ここで楽に最内を追走。4角で前のスペースを使って早めに追い出すも、前との差は詰まらない。直線では進路を外に持ちだすも、入り口では突き放される。前がばてたところで外から差し込んできたものの勝ち馬には届かず2着。スピードはそれなりに見せたが、速い脚には欠けていたし、4角でうまく乗られていたのに置かれていた。バテ差しタイプなので、短距離ならハイペースの方が良いでしょうね。それで追走できるまでのスピードが、あるかどうかはわからないけど。ちょっと低レベルなレースだったので、過大な評価は禁物です。


3着ノブサプライズは好スタートから押していくが、出で少しだけ躓いた感じに。その後も一気に押してハナに立つと、藤田らしく緩めにかかった。かなり楽な手ごたえで3角を迎え、4角ですっと仕掛けると先行馬を1馬身ほどすっと離して直線。入り口では抵抗できていたが、200mを切ったあたりで交わされる。最後はノアノアにも交わされての3着。馬場的にはタフな馬場で2F最速1F落とすラップになって、スピードではなく切れ勝負に持ち込んだ。切れはあったが、ラスト1Fでばててしまって差された感じ。これなら前半のスピードを活かして4角までにもう少しリードがあった方が良かったかもしれない。いずれにせよ、このメンバーの中で、最速スピードはこの馬が一番だと思うので、次走で今回ほどは時計がかからない馬場なら上位に食い込めても良い。レースレベルは低いと思うが、この中では一歩抜けたパフォーマンスだったように思う。


4着シオンフェアリーは出負けで二の脚つかず最後方から。かなり押されて追走。3角で最内を通して押し上げ、4角でも最内だが、ここで前の馬に詰まってやや不利を受ける。直線でも最内を選んで追われるも、逆に前3頭には離されての4着。このメンバーでも力負けですね。普通に、しばらくは買えないでしょう。


5着アカウンタビリティは出遅れて後方から。そこそこ押すとスピードは見せたが、前が壁になり、抑えて掛るロス。3角で外に持ち出し、押されるも手ごたえ悪く、かなり必死に押される。4角で大外に持ち出し直線。そこからの伸びも見るべきものは無く、ラストは4着馬を捕え切れずに5着。まあ、シオンフェアリーとは逆転できそうですが、上位3頭とはちょっと厳しい差がありますね。一番速いところで大外をまわしたロスを考慮しても、まだ上位争いまで来るような馬では無いと思います。
posted by カタストロフィ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケイアイカイト@7/11(日)函館1R2歳未勝利

2歳未勝利 函館ダ1000mヤ
misyouri0711hak1.gif

12.5 - 11.1 - 11.8 - 11.9 - 12.6


この日のダートの時計を見ると、ヤヤオモ通り、やや時計が出ていたかなと言う印象。テン2F23.6は2歳にしては早いので、この辺は評価できるかな。全体時計はまずまず。


1着ケイアイカイトは父シンボリクリスエス母ベルクラシック(父エーピーインディ)産駒。前走は芝1200mからのダート変わり。スタートは五分。押して外目の番手で追走。3角までには単独2番手に。3角では内目を通り、手ごたえ抜群で逃げ馬にプレッシャーを与え、4角ではもったまま先頭に立ち直線。手ごたえ通り、追ってからもしぶとく伸びて後続の追撃を許さなかった。完勝です。前走は芝で良いスピードを見せていたんですが、決め手不足で失速した感じでした。それをダートと距離短縮で見事に補った形ですね。前半のスピードを活かせたと言う点と、緩みにくくスピード持続戦と言う点でダートが良かったんでしょう。時計的には十分合格ですが、芝でこのパフォーマンスが出来るかどうかが問題ですね。後半速い脚には欠けてますが、前半のスピードは通用して良いです。


2着スズカアタックは五分のスタート。押して押して追走するが、前目にいけないとみたか、すっと下げると後方まで下がる。3角で最内をついて押し上げていくと、4角でもロスなく立ち回りここで単独3番手。ここからは勢いに乗って差し切りと行きたかったが、半ばまではほとんど前と同じ脚色。最後はケイアイが少し落としたので、少し詰めたが自分も脚色を衰えさせて、完敗の2着。う〜ん、前半がやはりウイークポイントですね。今回はかなり積極的に前目に行こうとしてましたが、アンカツが諦めました。前走も追走に苦労して直線だけの競馬になってました。今回は割と前半2頭が飛ばして、3〜4角ロスなく競馬できているし、そういう意味ではかなり恵まれた展開で、実力は発揮できたと思います。前半で恵まれないと厳しいんじゃないですかね。安定感に欠ける馬になると思います。


3着エンジンゼンカイは好スタート後押して押して良くも外のメイショウに行き切られ、3角手前でかなり下がってしまう。そこから終始押し通しに進められ、3〜4角では内目を立ち回って直線。手ごたえの割に最後までしぶとく、ばてたメイショウを交わして3着を確保した。前走より先行レベルが高かったのか、かなり行く気を見せたのに行き切れなかった点は、評価を下げるも、あれほど厳しい競馬になりながらも最後までしぶとく粘っていた点は評価を上げたい。着差は大きいが、2着馬とはそんなに大きな差は無いと思いますね。とにかく行き切れれば変わって良いと思います。


4着ジャックボウイは好スタートから押していくが、外が行くとみて4番手に控える。その後は好位の内で競馬。3〜4角で外目を追走して直線。手ごたえは悪くなかったが、エンジンゼンカイも交わせずになだれこんでの4着。前走で見せたスピードは一応感じましたが、外の出脚が良くて控えた分、持ち味を活かせなかったかなと思います。溜めて切れる脚を使えるタイプでは無いですね。やはり今のところはダート短距離でスピードを活かして押し切る競馬があってそうです。ダートスタートでも出は悪くなかったし、これなら芝スタートでもダートスタートでも問題なさそう。今回は展開・相手に恵まれませんでした。


5着メイショウテンカイはまずまずのスタート後、押して押してハナを取り切る。スピードを見せ3角までに後続を大きく引き離した。3〜4角で勝ち馬にプレッシャーをかけられ、直線ではもう2番手に。その後はずるずる後退し、3,4着馬にも差されての5着に。ここは比較的先行レベルが高いメンバー構成だったので、ここを相手にまず行き切れたスピードを見せたのは、初戦を考えると評価出来る。ただ、終いが甘すぎるので、相手に恵まれながら自分の競馬ができないと、ちょっと勝ち負けまでは厳しい印象。良いスピードは持っているので、いずれ出番が来るとは思いますが、もう少し先でしょうね。


6着サミットストーンは出負けして後方からの競馬。3角手前から外目を追走していく。4角では一番外をぶん回して直線も大外。最後はそれなりに脚を使っているものの、5着馬とは1馬身差の6着。まあ力的に上位とは見劣るにせよ、いくらなんでも3〜4角で大外をまわしすぎ。今年の新人は不作だなあ。そろそろこの時期になると乗れ出すころなんだけど、西村にしろ平野にしろ川須にしろ、全く成長してない。この世代でまだマシなのが高倉、騎乗数に恵まれないが、水口は粗いが良い物を持ってる。とにかく鞍上がマシに競馬出来るようになれば、もう少しマシな結果にはなる。ただ、馬自身も人気で積極的に買えるほどの力はまだ見せてないと思います。
posted by カタストロフィ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。