(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年07月11日

ドリームバロン@7/11(日)函館4Rメイクデビュー

sinba0711hak4.gif

13.1 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 11.4 - 12.5


短距離戦だが、前半3Fが37.1と時計の出にくい馬場を考慮してもスロー、ラスト2F目が11.4とかなり速い脚を要求されて、ラスト1Fで12.5と大きく落としている。どこで脚を使ったかが評価の大きなポイントになりそうで。


1着ドリームバロンは父アドマイヤコジーン母バロネッセ(父シアトリカル)産駒。スタートはやや出負けも、押して追走。3角までじんわりと押し上げて、3角までに番手の外を確保。3角半ばから4角まで内目を必死に押されて追走。直線で1馬身ほどリードを許すが、残り200mで前がばてたところを交わして1着。勝つには勝ったけど、終始スピードで見劣る印象で、4角の一番速いところでも3角から押し通しで加速がついている状態で、逃げ馬に見劣っていたので、馬場の恩恵を受けたかなあと。時計的にも内容的にも昇級して即は厳しいんじゃないですかね。


2着ノアノアは五分のスタートから押してすっと先行。外から行く馬がいたので下げて番手の内ポケット。3角で緩み、ここで楽に最内を追走。4角で前のスペースを使って早めに追い出すも、前との差は詰まらない。直線では進路を外に持ちだすも、入り口では突き放される。前がばてたところで外から差し込んできたものの勝ち馬には届かず2着。スピードはそれなりに見せたが、速い脚には欠けていたし、4角でうまく乗られていたのに置かれていた。バテ差しタイプなので、短距離ならハイペースの方が良いでしょうね。それで追走できるまでのスピードが、あるかどうかはわからないけど。ちょっと低レベルなレースだったので、過大な評価は禁物です。


3着ノブサプライズは好スタートから押していくが、出で少しだけ躓いた感じに。その後も一気に押してハナに立つと、藤田らしく緩めにかかった。かなり楽な手ごたえで3角を迎え、4角ですっと仕掛けると先行馬を1馬身ほどすっと離して直線。入り口では抵抗できていたが、200mを切ったあたりで交わされる。最後はノアノアにも交わされての3着。馬場的にはタフな馬場で2F最速1F落とすラップになって、スピードではなく切れ勝負に持ち込んだ。切れはあったが、ラスト1Fでばててしまって差された感じ。これなら前半のスピードを活かして4角までにもう少しリードがあった方が良かったかもしれない。いずれにせよ、このメンバーの中で、最速スピードはこの馬が一番だと思うので、次走で今回ほどは時計がかからない馬場なら上位に食い込めても良い。レースレベルは低いと思うが、この中では一歩抜けたパフォーマンスだったように思う。


4着シオンフェアリーは出負けで二の脚つかず最後方から。かなり押されて追走。3角で最内を通して押し上げ、4角でも最内だが、ここで前の馬に詰まってやや不利を受ける。直線でも最内を選んで追われるも、逆に前3頭には離されての4着。このメンバーでも力負けですね。普通に、しばらくは買えないでしょう。


5着アカウンタビリティは出遅れて後方から。そこそこ押すとスピードは見せたが、前が壁になり、抑えて掛るロス。3角で外に持ち出し、押されるも手ごたえ悪く、かなり必死に押される。4角で大外に持ち出し直線。そこからの伸びも見るべきものは無く、ラストは4着馬を捕え切れずに5着。まあ、シオンフェアリーとは逆転できそうですが、上位3頭とはちょっと厳しい差がありますね。一番速いところで大外をまわしたロスを考慮しても、まだ上位争いまで来るような馬では無いと思います。
posted by カタストロフィ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケイアイカイト@7/11(日)函館1R2歳未勝利

2歳未勝利 函館ダ1000mヤ
misyouri0711hak1.gif

12.5 - 11.1 - 11.8 - 11.9 - 12.6


この日のダートの時計を見ると、ヤヤオモ通り、やや時計が出ていたかなと言う印象。テン2F23.6は2歳にしては早いので、この辺は評価できるかな。全体時計はまずまず。


1着ケイアイカイトは父シンボリクリスエス母ベルクラシック(父エーピーインディ)産駒。前走は芝1200mからのダート変わり。スタートは五分。押して外目の番手で追走。3角までには単独2番手に。3角では内目を通り、手ごたえ抜群で逃げ馬にプレッシャーを与え、4角ではもったまま先頭に立ち直線。手ごたえ通り、追ってからもしぶとく伸びて後続の追撃を許さなかった。完勝です。前走は芝で良いスピードを見せていたんですが、決め手不足で失速した感じでした。それをダートと距離短縮で見事に補った形ですね。前半のスピードを活かせたと言う点と、緩みにくくスピード持続戦と言う点でダートが良かったんでしょう。時計的には十分合格ですが、芝でこのパフォーマンスが出来るかどうかが問題ですね。後半速い脚には欠けてますが、前半のスピードは通用して良いです。


2着スズカアタックは五分のスタート。押して押して追走するが、前目にいけないとみたか、すっと下げると後方まで下がる。3角で最内をついて押し上げていくと、4角でもロスなく立ち回りここで単独3番手。ここからは勢いに乗って差し切りと行きたかったが、半ばまではほとんど前と同じ脚色。最後はケイアイが少し落としたので、少し詰めたが自分も脚色を衰えさせて、完敗の2着。う〜ん、前半がやはりウイークポイントですね。今回はかなり積極的に前目に行こうとしてましたが、アンカツが諦めました。前走も追走に苦労して直線だけの競馬になってました。今回は割と前半2頭が飛ばして、3〜4角ロスなく競馬できているし、そういう意味ではかなり恵まれた展開で、実力は発揮できたと思います。前半で恵まれないと厳しいんじゃないですかね。安定感に欠ける馬になると思います。


3着エンジンゼンカイは好スタート後押して押して良くも外のメイショウに行き切られ、3角手前でかなり下がってしまう。そこから終始押し通しに進められ、3〜4角では内目を立ち回って直線。手ごたえの割に最後までしぶとく、ばてたメイショウを交わして3着を確保した。前走より先行レベルが高かったのか、かなり行く気を見せたのに行き切れなかった点は、評価を下げるも、あれほど厳しい競馬になりながらも最後までしぶとく粘っていた点は評価を上げたい。着差は大きいが、2着馬とはそんなに大きな差は無いと思いますね。とにかく行き切れれば変わって良いと思います。


4着ジャックボウイは好スタートから押していくが、外が行くとみて4番手に控える。その後は好位の内で競馬。3〜4角で外目を追走して直線。手ごたえは悪くなかったが、エンジンゼンカイも交わせずになだれこんでの4着。前走で見せたスピードは一応感じましたが、外の出脚が良くて控えた分、持ち味を活かせなかったかなと思います。溜めて切れる脚を使えるタイプでは無いですね。やはり今のところはダート短距離でスピードを活かして押し切る競馬があってそうです。ダートスタートでも出は悪くなかったし、これなら芝スタートでもダートスタートでも問題なさそう。今回は展開・相手に恵まれませんでした。


5着メイショウテンカイはまずまずのスタート後、押して押してハナを取り切る。スピードを見せ3角までに後続を大きく引き離した。3〜4角で勝ち馬にプレッシャーをかけられ、直線ではもう2番手に。その後はずるずる後退し、3,4着馬にも差されての5着に。ここは比較的先行レベルが高いメンバー構成だったので、ここを相手にまず行き切れたスピードを見せたのは、初戦を考えると評価出来る。ただ、終いが甘すぎるので、相手に恵まれながら自分の競馬ができないと、ちょっと勝ち負けまでは厳しい印象。良いスピードは持っているので、いずれ出番が来るとは思いますが、もう少し先でしょうね。


6着サミットストーンは出負けして後方からの競馬。3角手前から外目を追走していく。4角では一番外をぶん回して直線も大外。最後はそれなりに脚を使っているものの、5着馬とは1馬身差の6着。まあ力的に上位とは見劣るにせよ、いくらなんでも3〜4角で大外をまわしすぎ。今年の新人は不作だなあ。そろそろこの時期になると乗れ出すころなんだけど、西村にしろ平野にしろ川須にしろ、全く成長してない。この世代でまだマシなのが高倉、騎乗数に恵まれないが、水口は粗いが良い物を持ってる。とにかく鞍上がマシに競馬出来るようになれば、もう少しマシな結果にはなる。ただ、馬自身も人気で積極的に買えるほどの力はまだ見せてないと思います。
posted by カタストロフィ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショウナンマイティ@7/11(日)阪神4Rメイクデビュー

sinba0711han4.gif

12.7 - 11.1 - 11.9 - 12.8 - 13.5 - 13.1 - 12.3 - 10.9 - 12.0


時計は遅いし、ラップもラスト落としすぎの印象もあるが、午後から雨が降っていたし、8R古馬500万では1:48.4、勝ち馬上がり35.1とかなり時計が掛っていたので、そう考えると上がりはかなり評価出来るかな。


1着ショウナンマイティは父マンハッタンカフェ母ラグジャリー(父ストームキャット)産駒。スタートは五分から徐々に中団の外にまで下げる。3角で外目からゆっくり押し上げて、4角〜直線で大外に持ち出す。直線前半で一気に伸びてきて、交わし切ると、後は強く追われずに半馬身差の完勝。着差以上に強い競馬でしたね。評価すべきなのは、後半ラップで抜けて速いラスト2F目で、一気に先頭に立ったこと。先頭の馬が10.9に近い脚を使っているわけだから、200mだけで4馬身あった差を残り200mまでで先頭に立ったわけで、相当速い脚を使えている計算になる。マンハッタンカフェ産駒でこれほど速い脚を使える馬はなかなかいないと思うので、これは相当期待して良い。これなら高速馬場でも対応出来るでしょう。


2着ローザディアマントは五分のスタートから馬なりで好位の内につける。3角で内から馬なりで手ごたえ良く、4角で内から追い出し直線で外に。追い出すと反応良く伸びるが、ショウナンマイティに外から一気に交わされる。最後は相手が手を抜いたため、半馬身まで食い下がったものの、内容的には完敗。終始手ごたえは良かったが、追い出してショウナンほど切れる脚が無かった。ただ、ここは勝ち馬が強かっただけの気はするし、前半の追走力や、3〜4角での捌き方、直線の伸びを見ても、未勝利なら割とすぐに勝ちあがれるんじゃないかと。一応ラス2の速いところでも見劣ってはいなかったので。


3着ダンテスクは五分のスタートから少し下げて中団からの競馬。3角でちょうどローザを見るような競馬。3〜4角まで終始ローザの後ろにつけて内を立ち回って直線。直線入り口では割と速い脚を使えていたが、進路が確保できずふらふらして外に持ち出す。残り200mから再度差を詰めようとするものの、最後は手前を換えて脚色が衰えての3着。悪くないですね。4角〜直線まででも前のローザから離されなかったし、差がついたのは進路を取るのに手間取ったのが原因で直線半ばに離されたのが大きいと思うし。ラップ比較からも速い脚を使えていたように思います。最後ちょっとばてちゃったけど、2着馬とはそう差は無いと思いますね。


4着トツゼンノハピネスは五分のスタートから押して先行、3角までに外の3番手を確保。3角半ばから押していくがあまり反応が良くなく、4角ではもう手が動いていたがエンジンがかかったのか、ここでやっと前を捕えに。直線では一瞬先頭に立ったが、間もなく外の2頭に交わされる。最後はダンテスクにまで交わされての4着。先行馬では頑張った方ですが、決定的に決め手に屈しましたね。阪神1800mだと勝ち切るには厳しいような気がします。ちょっと反応が鈍いところがありますね。平均ラップの1周コース2000mぐらいが良いんじゃないでしょうか。


5着ソーラーセイルは好スタートから馬なりで先行策。3角までで好位の外まで下げ、4角で楽な手ごたえで押し上げて直線。追われるとそれほど伸びずにここで置かれてしまう。最後までここで置かれた差は縮まらず、やや離れた5着に。ディープ産駒はやはりあまり速い脚は問われない方が良いのかもしれない。サンデー×リファールってそういう傾向が強いからなあ。ここは瞬発力&切れに完全に屈した形になってるので。小回り小倉なら巻き返せるんじゃないか。


6着ヴィクトリースターは五分のスタートから追走できず置かれて追い出す。終始追い気味で3〜4角でも内目を通って必死に追い上げ、直線で大外。残り200まで差を縮めることは無かったが、残り200mで他馬がばてたところでじんわりと差を縮めての6着。これもディープ産駒なんだけど、東京やら阪神外だとこういう競馬が続くんじゃないかな。前半に良い位置を取れる器用な脚は無くて、エンジンがかかるまでにちょっと時間がかかる。しかも本質的に切れる脚を使えないタイプが多いので、直線前半で突き放される。こういう馬は緩まずに3角からのロンスパ戦になる小倉の方が良いんじゃないかな。前半追走に必死だったので、相手・展開次第ではあるけど。


8着バンブーチェルシーは出遅れ。追走するもなかなか追いつけず最後方で競馬。3角で外から必死に押し上げられる。終始追い通しも鋭い脚は無く、4角でも必死に追い通しで直線。中目を通すと意外と良い脚を使って伸びてはいたが、最後は衰えていた。如何せん前半の追走力不足をどうにかするのが先決ですね。このままだと2000mぐらいでは最後方から競馬せざるを得なくなりそうだし。いくら展開待ちで良いと言っても、ここまで置いていかれると限界を感じます。


11着アルゴリズムはまずまずのスタートからすっと下げて中団で競馬。3〜4角で中目を追走も大きくポジションを下げて直線。全く伸びず。う〜ん…。馬場が合わなかったのか。敗因はちょっとわかりませんね。下げ過ぎたにせよ、そこまで良い脚を使えたわけでもないし。次走の人気次第ですかね。小倉でどういう競馬が出来るか。
posted by カタストロフィ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴェイロン@7/11(日)福島5Rメイクデビュー

メイクデビュー福島 福島芝1800m良
sinba0711f5.gif

12.8 - 11.3 - 12.4 - 13.9 - 13.2 - 12.7 - 12.2 - 11.9 - 12.1


同日同条件の古馬500万下で勝ち時計が1:48.5、勝ち馬上がり35.3、ラップも大きく落としていないことを考えると、平凡な時計内容かなと。こちらも大きく落としたわけではないにせよ、3F勝負なら3F勝負でもう少し2F目が速くなるとか、そういうメリハリが欲しかったかな。


1着ヴェイロンは父キングカメハメハ母は天皇賞馬ヘヴンリーロマンス(父サンデーサイレンス)産駒。まずまず良いスタートから押していくもやや追走に苦労。1〜2角で最内に入り込むが、2角過ぎで一気に緩み、馬群の中で競馬。3角で馬群の中から押して徐々に押し上げると、4角で楽に進路が開き直線。逃げるエーシンに2馬身あった差を、直線半ばで捕え、最後は1馬身離しての快勝。競馬ぶり自体は良かったですね。緩んだところでも折合にそう苦労はしなかった印象だし。前半のスピードは疑問も、勢いさえついてしまえば良い脚は使えたように思います。ただこの時点では完全に外差し馬場でしたし、3〜4角でロスも少なく、直線で外に持ち出せたりと、鞍上の好プレーもあったように思います。キンカメ産駒らしく、本質的にはコーナーの少ないマイル戦で決め手勝負向きの気がしますね。テンはそれほど速くなかったこのレースで追走に苦労してましたし。


2着エーシンイグアスは好スタートからすっとスピードをつけて楽に逃げ。2角過ぎでスローに落とし、3角でもまだ抑えて、4角ですっと仕掛けて1馬身のリードを作り直線。そこから一瞬は突き放したが、外からヴェイロンに強襲される。そこから割としぶとく粘ったものの2着。ダンス産駒の逃げ馬ってタガノマイバッハぐらいしか想像つかないんだけど、この馬はダンス産駒の割にスピードがあって、それでいて4角で突き放す脚を見せた。こういう小器用さが、果たしてレースレベルの低さからくるものなのか、それともポテンシャルが高いのか。ちょっと注目したい一頭。次走でどういう競馬が出来るのか。緩めずに進めて持ち味を活かせるタイプなら、パフォーマンスを上げてきても全然不思議はない。走破タイムは決して褒められたものではないが、ラップを見ても大きくばててはない。積極的には買えないものの、次走は注目です。


3着コスモパシフィズムは好スタートから押していくも、やや口向きが悪く、押せずに体勢を立て直し中団まで下げる。2角の緩みで外に出し、折合ついて追走。3角で外目から押し上げていき、4角で勢いよく大外をぶん回して直線。ヴェイロンの更に外から競馬するが直線半ばまでは突き放され加減。最後はじりじりと差を詰めてきての3着。前半のロスは、外の馬を気にして下げたようにも見えるので、次走はその辺が課題。外枠の方がスムーズかも。一応3F勝負でラストも大きく落としていないところを大外まわした分は評価できるし、最後脚を伸ばした点からも、長く良い脚を使うタイプなのは間違いなさそう。上がり36.1は大外ぶん回したからというのもあるし、そこまで上位と差があるとは思わない。競馬慣れすれば、そのうち勝負になると思う。まあレースレベルは低めの設定なので、いずれにせよ相手次第ではある。


4着マイネルシュベルトは出負けから押して前目に取りつこうとする。1〜2角のコーナーワークで馬群の中を確保も、ペースが緩んで前の馬が下がってくるロス。3角で内目から仕掛け、押し上げる。4角でも内目を通り直線。内を通ってしぶとく粘ってはいたが、最後はコスモに交わされての4着。前半の出負け、外差し馬場を考えると、悪くは無いけど、レースレベル的に考えると、強く推せるポイントは無いかな。4角もコーナーワークの差で押し上げた感じだし。ただロージズ産駒らしく、速い脚が問われないスピード勝負は良さそうなので、この条件自体は合うんじゃないか。今回は外差し馬場で苦戦したのもあるし、相手次第かな。スタート後ぶつけられたり、2角過ぎにスローで閉じ込められても微動だにしない精神力があって、良い物差し馬になりそう。


5着ビービーアックスは五分のスタートから押すとすっと行き脚がつくも、外から交わされて好位に下げる。2角過ぎの緩んだところでも内ポケットのスペースをうまく使ってスムーズに調整。3角で押しながら追走。3〜4角を最内で立ち回り直線。直線も最後まで最内を粘るも、4着とはハナ差の5着に。レース自体は凄くスムーズで、2角以降最後までロスなく乗れてますが、外差し馬場の中、終始最内だったので、その辺は次走考慮に入れても良いですね。内外フラットな状況ならもう少し抵抗できたように思えますし。
レースレベルは微妙なので、人気なら手を出さない方が良いと思いますが。


6着コスモソユーズはまずまずのスタートから二の脚がつかず中団から。やや掛り気味を抑えて中団の後方まで下げる。3角で外から押し上げ、4角〜直線で大外に持ち出す。直線では大外からじわじわ伸びては来るものの、6着。まあ、抑えて必要以上に下げたのと、仕掛けも遅かった。馬自体はそれなりに脚は使えています。


8着ヒタタレは五分のスタートから押して先行争いに加わり番手。3角までは馬なり、4角で追い出すが、逃げ馬には逆に離されて直線。最後は追われても伸びずの8着。先行力は見せたけど、内容的には平凡。次走は難しいかな。


9着エドノリージェントはスタート五分も、ほとんど馬なりで先行争いに加わった。コーナーワークで3番手に下げるものの2角過ぎのスローに対応できずかなり掛る。3角手前でも掛り気味。3角で馬なりなんだけど、大して押されることなくすっと下げてしまう。直線でもあまり追われずに沈む。ん〜騎手のミスですねえ。2角〜3角までの間、終始掛ってました。まあ馬なりで先行できるほどここではスピードが抜けていたような気がしますし、そのスピードを抑えるのは難しいとは思いますが。それでも4角〜直線の騎手のやる気の無さは酷いですね。距離は短い方が良さそう。次走人気薄なら狙っても良いかも。


11着ハーリーレースは出遅れた上に、ヨレてきた馬の煽りを食らって最後方まで下げる不利。向こう正面で何とか押し上げていく。3〜4角で外にまわして直線で大外。最後は伸びず。まあ前半のロスは大きいですけど、かといって出遅れや不利が無ければどうにかなったと言うレベルでもなさそう。まあ新馬なので、次走でスムーズならもう少し変わってくるでしょう。
posted by カタストロフィ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。