(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年07月29日

競馬ってどこから入れば良い?for競馬初心者vol.2

競馬を知らない方々がほとんどの現在。まあ、当然なんですが、今まで興味の無かったものに興味を持つにはそれなりの影響力を持つモノ・ヒトがいないと、難しいんですよね(´Д`;)


ちなみに競馬ブームも一杯あったんですが、大きく分けると

◎ハイセイコーブーム…第1次競馬ブーム
(これはおっちゃん世代。50〜60歳ぐらい?)

○TTGブーム(これも50歳〜60歳ぐらいかなあ。)

◎オグリブーム…第2次競馬ブーム
(30〜40代ぐらいかな。とにかく当時興味なかった小学生の俺でも知ってた。)
▲テイオー以降ブライアン〜伝説の97春天ブーム(この辺は合体してると思うw)
△マキバオーブーム(そこそこは影響があったかな)
○ダビスタブーム(20〜30代に絶大な影響。)
○ハルウララブーム(競馬ファンにはそれほど大きな影響は無かった)
○ディープインパクトブーム(凱旋門賞後は微妙な空気に)
△ウオッカブーム(ブームと言えるほどでは無いが。)


大体これぐらいに分けられるはず。俺的感覚だと一般人への知名度と言う点では、ハルウララとディープインパクトはそう差が無いように感じるし、ウオッカはもっと下。あくまで一般への知名度的にね。


まあ、実際オグリキャップとかTTG、ハイセイコーは俺もリアルタイムで知ってるわけではないので、詳しくは書けないんだけど、オグリキャップのぬいぐるみは競馬に関係なく、皆持ってた。波及率と言う点でオグリ以降では抜けてると思うんだな。これはまあ個人的な意見ですが。


で、これだけのブームの中で、じゃあ何がオススメかと言うと、実は漫画「みどりのマキバオー(第1部)」だったりします。理由は、すっ飛んだ漫画だし、ところどころ競馬ではありえない事がありながら、競馬の本質から大きくずれてはいないと言う点で、競馬漫画として素晴らしい漫画だと言えるからです。


もちろんあんな馬はいないしwネズミはしゃべれないし、ダービー馬の秋初戦が障害とか、ベアナックルの存在とか、そんなことは現実ではありえませんが、サトミアマゾンのくだりやアマゴワクチン、ニトロニクス、トゥーカッター、そしてカスケードなど、どれも競馬の中にある根底の部分を備えていて、それをうまく引き出せてます。「みどりのマキバオー」で競馬のすべてが分かるわけでは無いですが(時代考証もあるし)ある程度しっかりした説明がありますし、最初に入るには意外とこれが一番良いと思いますね。現実の競馬でいきなり思い入れを作れってのは無理だし、漫画なら思い入れを作りつつ、一気に読めてしまうので。


ああ、第2部は蛇足です。競馬漫画としては。
posted by カタストロフィ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | for競馬初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。