(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年08月24日

アーネストリー横綱競馬で完勝@札幌記念レース回顧

sapporokinen3.gif


12.6 - 10.8 - 11.2 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1


前半3Fが34.6、中盤3Fが緩んでの4F勝負。時計評価で言うと、1000万下の1800mで1:47.5ハロン平均12秒を切っている時計を出してる。こちらは少し道中緩んではいるので、一概には言えないけど、時計的な評価は控えめにしておいた方が良さそうだ。まあ、去年の札幌記念も時計評価は微妙だったけど、ブエナビスタは普通に古馬一線級に通用してたし。


1着アーネストリーは五分のスタートから楽な手ごたえで前目につけ、3番手を確保。2角過ぎで単独3番手、前とは4〜5馬身ほどの差。向こう正面で流れが落ち着き、楽に前目に取りつく。3角で外から馬なりで押し上げ、4角でも抜群の手ごたえで先頭を目標にし、直線。直線では楽に突き抜けるが、内からロジもしぶとく食い下がってはいた。だが、これは勝ち負けに左右するほどの抵抗では無く、かなり余裕を持っての完勝となった。勝因、というほどではないが、前半が早く、中盤が緩んだレース。前半無理に前を追わずに、緩んだ中間で脚を使わずにポジションを押し上げられ、そのまま大きく加減速することなく勝負どころで前を捕えられたと言う点に尽きると思う。騎手がほとんど無駄な動きをしていない。馬も強いのですが、騎手のクールな騎乗が目立った感じですね。ただ、走破時計はそれほどでもないので、やはり洋芝よりはある程度軽い馬場の方が本領が発揮できるように思えます。相手関係も宝塚の上位2頭はいなかったわけですし、順当は順当ですね。秋に向けて、主役の一頭に違いはありません。


2着ロジユニヴァースはまずまずのスタートから軽く押して、逃げ馬をつつきながら2番手を確保。向こう正面で息を入れて、3角から軽く押されて進出して行く。4角で追われて直線。必死に追われ、しぶとく抵抗するものの、アーネストリーにはあっさり交わされてしまう。しかし、持ち味のしぶとさが復活したか、アクシオン、ヒルノダムールの差し込みには余裕を持って先着。ダービー馬の意地を何とか見せた2着となった。ロジが復活するならここだろうな、というようなタフなスピード持続戦になりました。全体ではまずまず早いペースを追走、終い4Fの競馬に対応しているので、強い競馬だと言えますね。ただ、やはり洋芝がもろに追い風になったのは間違いないでしょう。今後も速い脚を要求されるような舞台だと、危険なことに変りないでしょうね。


3着アクシオンは五分のスタートから下げて中団やや前目で競馬。いつもよりは前目。向こう正面入り口ではやや掛り気味なところを見せるが、特に問題は無い。3角でアーネストリーがスーッと上がっていくのを見ながら内でじんわりと押し上げていく。4角でロジのちょうど後方にポジションをつけ直線。進路は無かったが、アーネストリーが抜けだすと、その外に持ち出す。しかし、そこからの伸びは無く、最後はヒルノダムールの猛追を何とか凌いでの3着。好走の要因は、序盤にある程度前目につけられたこと。そして向こう正面で緩んで楽に前に取りつけたこと、そして3〜4角でロスなく競馬が出来たこと。ラップが少し早くなったロンスパ戦の序盤3〜4角で、追走に脚を使わずに内目をうまく立ち回って来れたのが、最後の踏ん張りに繋がった。それでも、伸びなかった辺りはやっぱりタフな競馬は合っていないように見える。今回はかなり恵まれた3着ですね。上位2頭とはこの条件ではかなり差があります。


4着ヒルノダムールは躓いたが、うまく体勢を立て直し、それほど悪い位置にはならず、中団で競馬。3角で前が窮屈になり、一旦下げるロス。4角でも押し上げるスペースが無く、我慢して直線。進路が開けると、一瞬良い伸びを見せたものの、最後は脚色が前の馬と同じになってしまい、アクシオンも交わせずの4着になった。まあアクシオンに負けたのは完全に3角で下げてしまったからでしょうね。結果的にあの位置取りでは厳しかった。まあ、休み明け初戦で古馬混合という条件、展開面での不利を考えると、そんなに悪い内容では無いと思いますけどね。


5着ジャミールは好スタートからある程度押して中団の外を確保。3〜4角も外から馬なりで追走。4角〜直線で大外に持ち出す。じりじりとだが、外から伸びて来ていたが、位置取りと3〜4角のロスが大きかったか、伸び切れずに5着に終わった。まあ、ロスがあったとはいえ、現時点で上位とはある程度力差があることは認めないといけないでしょうね。


6着マイネルスターリーはゲートはすっと出たが、騎手が動きすぎたのか、馬が大きく右に寄れて立て直しての競馬に。1角までの直線で、掛るところを見せる。3〜4角で窮屈な内目を押し上げていくが、押し上げたところで前が完全に壁になってしまい、追えずに直線。直線ではアクシオンが外に行ってくれたので、進路を内に切り替えることが出来た。しかし、追われても全く伸びないまま6着に終わった。まあ、ハッキリ言って9割がた騎手のせいですね。出負けで焦って、行き脚をつかせる為に気合を入れて追うのはいいが、当然前が壁になるので減速しないといけない。そうなれば当然掛る。そのまま向こう正面でも、ややもってかれ加減。3〜4角では押し上げて前が壁になって、という悪循環。札幌でこれやったら終い伸びないよ。3〜4角は内でじっとしてたら、もう少しマシだったかも。まあ展開的に、少し恵まれなかったことを差し引いても、ホワイトが乗るのと三浦が乗るのでは雲泥の差としか言いようが無い。岡田って相馬眼もだけど、人を見る目も無いよね。


7着マイネルキッツはやや出負けして押していくも行き脚がつかずに最後方で競馬。向こう正面の緩みで何とか前との差を縮めてきた。3〜4角では中目を追走して直線。直線では一番外に持ち出すまでに時間が掛り、進路確保した時には競馬が終わっていた。それでも最後までしぶとく伸びてはいた。まあ休み明けらしい競馬ですね。追い切りももっさりしてたし、反応も悪かった。今日はその辺がもろに出てしまった感じです。エンジンが掛るまでが勝負の馬なので、今日は前半ついていけなかった段階で厳しかったんでしょう。
posted by カタストロフィ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

8/29(日) 新潟記念(G3) 新潟

新潟記念(G3)登録馬

アドマイヤオーラ 58.0
アルコセニョーラ 55.0
イケドラゴン 52.0
ザサンデーフサイチ 53.0
サンライズベガ 55.0
サンレイジャスパー 50.0
スマートギア 57.0
スマートステージ 54.0
スリーオリオン 55.0
ダイワジャンヌ 52.0
テイエムプリキュア 53.0
トウショウシロッコ 56.0
ドモナラズ 55.0
ナリタクリスタル 55.0
バトルバニヤン 57.5
バルバレスコ 48.0
ホワイトピルグリム 56.0
マルカシェンク 57.0
メイショウベルーガ 56.0
リッカロイヤル 51.0


見事にいまいち君が勢ぞろいしたと言う感じですね。何とも盛り上がりに欠けるサマー2000最終戦になりそうです。


一応の主役は武豊騎乗のスマートギア。距離は違うが 関屋記念で2着と新潟外回りでの実績も残していて問題ない。近走は善戦どまりで、勝ち切れないまま既に1年以上たっている。流石にこの相手なら、好勝負してもらわないと困るだろう。秋競馬に向けて、賞金加算の為にも、取りこぼしたくないところだが。


メイショウベルーガが休養明け初戦を迎える。日経新春杯で鮮やかに抜け出して完勝、阪神大賞典でもしぶとく食らいつき3着と、一躍主役候補に躍り出たが、春の天皇賞、宝塚記念ともに苦杯をなめた。とは言え、宝塚記念では一線級相手に目処がつく内容で、休み明けとはいえこのメンバーなら上位を狙えるだろう。


福島テレビOPで復調の兆し、小倉記念で出走取消。そろそろ完全復活したいところなのがアドマイヤオーラ。地力は間違いなく最上位でスマートギア以上の2年6か月ぶりの勝利を目指す。


サマー2000のチャンピオン候補、ドモナラズだが、新潟外回りという条件がネック。前走でも着順ほど悪くは無いが、やはり前が止まってくれないと厳しい。速い脚を要求される新潟では厳しいか…。


サマー2000優勝射程圏内のバトルバニヤンが新潟に参戦。外回りだと重賞では苦戦しているが、今回はメンバーに恵まれた感あり。夏馬で、今年も安定感は抜群。あとはハンデ57.5kgがどうか。


この馬も善戦マン、サンライズベガ。近走も内容は冴えず、人気するも厳しい競馬が続く。昨年の新潟記念では2着しており、適性面では一枚上。適性とハンデ差でどうにかしたいところだが。


淀の申し子、テイエムプリキュアが新潟に参戦。外回りでスローになりがちな競馬に、単騎逃げで逃げ残りを計りたいところ。脚が遅いので、リードが少ないと切れ負けするだけに、4角までにどれだけリードを広げられるかがカギだ。


幾度となく人気を裏切るホワイトピルグリム。軽い馬場でスローの決め手勝負という舞台自体は合うはずで、今回は良さそうな条件ではあるが、近走の内容があまりにも酷過ぎて、難しい。今回は何とか秋に繋がる競馬をしたいところだが。


ナリタクリスタルもここなら勝負圏内に入ってくる。ただし、速い脚を持っていない馬で、新潟の外周りがどうか。


非常にいまいちなメンバーだが、強い勝ち方をして秋を盛り上げる馬が出てくることを楽しみにしたいと思います。
posted by カタストロフィ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

伏兵ドビュッシーが最内から一閃!@アーリントンミリオン




アーリントンミリオン(G1) アーリントンパーク競馬場
1着ドビュッシー      ビュイック
2着ジオポンティ      ドミンゲス
3着タジーズ          ヒルズ


昨年の覇者ジオポンティが圧倒的人気の中、大外からぐいぐいと伸びて完勝か、と思った所を、最内から凄い末脚で突っ込んできたのがドビュッシー。日本にも現役でドビュッシーという馬がいるのでややこしいけど、ドビュッシーにとってはこれが最初のG1制覇となった。しかも昨年の覇者でBCクラシック2着、ドバイWC4着と強豪のジオポンティを破っての勝利だけに、これは新星誕生とみていいだろう。


1着馬ドビュッシーは父ダイイシス、母父シングスピールの産駒。アメリカの芝レース、軽いスピード勝負で持ち味を発揮したのか、これまでのいまいちぶりからは考えられないほどの鋭い末脚だった。


2着馬ジオポンティは伏兵の奇襲を受けた形になったけど、地力を証明した形に。芝・AWの両刀使いで、今後どういうローテーションになるのかな。


この2頭がここでは抜けてましたね。
posted by カタストロフィ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/29(日)キーンランドC 札幌

キーンランドC(G3) 札幌芝1200m

ウエスタンビーナス 54.0
キルシュブリューテ 54.0
グランプリエンゼル 54.0
ケイアイアストン 56.0
ゲイルスパーキー 56.0
サープラスシンガー 56.0
ジェイケイセラヴィ 56.0
ショウナンアルバ 56.0
ステラリード 51.0
トウカイミステリー 54.0
トシギャングスター 53.0
バルバレスコ 56.0
ピサノパテック 56.0
ビービーガルダン 58.0
フライングアップル 56.0
ベストロケーション 54.0
マイネルシュピール 56.0
マヤノツルギ 56.0
モトヒメ 51.0
モルトグランデ 56.0
ランチボックス 56.0
ローレルゲレイロ 59.0
ワンカラット 54.0


これは出る馬が出れば好メンツ確定ですね。


まず前走函館SSでレコード勝ちを収めたワンカラットに注目せざるを得ませんね。タフな洋芝の1200mでかなり強い勝ち方を見せました。もともと持っているポテンシャルはG1級と言っても過言では無かった馬で、相手強化も勢いと地力をかねそろえたこの馬が、このレースの中心になるのは間違いないでしょう。鞍上藤岡佑介もそろそろしっかり乗れる騎手になってもらわないと。


昨年の春秋スプリントG1馬、今年一杯で引退が決定しているローレルゲレイロが出陣。3歳時に挑戦した際は打ち砕かれたが、今回は受けて立つ立場。ただし、休み明けは極めて苦手としており、仕上がり具合がカギになってくるだろう。テンにそこまでガリガリ行く馬が、せいぜいウエスタンビーナス、ケイアイアストンぐらいというのは好材料。59kgで休み明けに強敵2頭と、厳しい条件で、勝ち負けはともかく、大一番に向けて順調な調整をしてもらいたい。


洋芝の猛者、ビービーガルダンは昨年のこのレース以来勝ち星から見放されている。地力は最上位、これは間違いない。後は勝ち星が欲しいところ。ここで勝って勢いに乗り、G1のタイトルを獲りたいところだ。ここはローレルゲレイロが作るペースをマークして得意の先行抜けだしが出来る条件。洋芝ならこちらが優位は間違いなく、前走でワンカラットに負けている分、ここで取り返したいだろう。無冠の強豪を返上するべく、北の大地で勢いをつけることができるか。


くすぶっているモルトグランデが札幌で一変を狙う。昨年の同レースでは2位入線ながら、降着。地力上位を見せていただけに、今年は力が入るところだろう。今年2走は善戦どまりだが、相手強化のここで一角を崩すことが出来るか。


前走で復調を見せたグランプリエンゼル。3歳時は一気にスプリント路線の新星となったが、今年は実に低迷、大スランプだった。前走得意の洋芝で3着と復調の兆し。昨年重賞勝利した札幌の舞台で更に飛躍を誓う。


3歳牝馬からステラリード。キョウエイアシュラを函館2歳Sで破っており、キョウエイアシュラを物差しにすれば、通用して良い馬ではある。3歳牝馬で斤量面でも恵まれており、近走の惨敗を距離と割り切れば当然好勝負可能な器だろう。
posted by カタストロフィ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーネストリー完勝!G1馬、3歳馬、上がり馬をまとめて面倒を見た横綱競馬@札幌記念

札幌記念(G2)
1着アーネストリー   佐藤哲
2着ロジユニヴァース  横山典
3着アクシオン       岩田

正式結果はJRAのHPでご確認ください。
http://jra.jp/


アーネストリーが3番手から直線であっさりと抜けだし完勝!2着には昨年のロジユニヴァースがしぶとく食い下がり、復調の兆しを見せた。3歳の有力馬ヒルノダムールは直線追い込むも届かず4着、3番人気のマイネルスターリーは直線伸びを欠いて6着に終わった。

アーネストリーは父グラスワンダー産駒。昨年冬の中日新聞杯、今年の金鯱賞に続き、重賞3勝目。秋のG1戦線に向けて、快調な滑り出しだろう。
posted by カタストロフィ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。