(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年08月11日

マイネイサベル@7/17(土)新潟6Rメイクデビュー

メイクデビュー新潟 新潟芝内1400m良
sinba0717nii6.gif

12.4 - 11.1 - 11.2 - 11.7 - 12.0 - 11.7 - 12.3


時計は新馬戦にしてはかなり早い部類ではあるが、同日3歳未勝利でも1:21.4。このレースはラストもそれなりに落としているので、時計を伸ばす余地はあまり感じられない。まあある程度評価は出来るが、時計が早いのは馬場の影響、ハイペースで時計が出やすい展開の影響が大きいでしょうね。


1着マイネイサベルは父テレグノシス母マイネレジーナ(父サンデーサイレンス)産駒。まずまずのスタートも出で少し煽ってダッシュが遅れた。立て直して押されると、すっと行き脚がついて好位の内ポケットを確保。3角手前から早めに押されていくが手ごたえ悪くポジションを下げていく。3〜4角のコーナーワークでも何とかポジションを上げて直線。手前ではそこまで鋭い伸びは無かったが、残り200ぐらいで逃げ馬がばてるとこれを交わしてしぶとく抜け出す。外からポピュラーストックが競りかけてくるも、これをハナ差凌いでの勝利。これと言ってロスの無い競馬、強いて言えばテンに少し煽ったぐらい。ただ、ペース的に前には厳しかったのは確かなので、うまく立ち回ったとはいえ、先行して押し切った点は評価したい。時計は早いが、馬場差を考慮すると、それほど評価できる点では無い。時計が掛る馬場でパフォーマンスを上げてこれるかが課題。テレグノシス産駒って渋いなあ。


2着ポピュラーストックは出負けで後方からの競馬。3角手前で楽に中団までにはポジションを回復。3〜4角で最内を立ち回り、4角〜直線入り口ではうまく勝ち馬マイネイサベルの真後ろにつけて直線。うまく進路を中目に切り替え、マイネイサベルの外から目標に強襲もハナ差凌がれての2着。ゲートは悪かったけど、このハイペースを追走してポジションを上げるだけのスピードはありましたね。勝ち馬と同じく3〜4角でロスなく立ち回れた点は恵まれました。次走スムーズな競馬ができれば、引き続き好勝負でしょう。


3着マニクーレは好スタートから押していくも行き脚がつき切らず、内が行くのを見て好位から中団まで下げてしまう。3角手前で外目から押され始め、4角〜直線で大外に持ち出し直線。最初から最後までしぶとく伸びてきており、最後は内2頭に肉薄する形も及ばず3着。上位の中では一番ロスの多い競馬でした。前半に不必要に下げ過ぎた、3〜4角で外をまわされた。まあ、次走も上位の扱いで良いと思います。上位2頭と力差は無いと思いますね。開幕週でこの競馬を考えれば評価できますね。


4着アップトゥパーは出負けから序盤あまり積極的に押さずに中団の内で競馬。向こう正面で積極的に内から押し上げていく。3〜4角でロスなく内目を立ちまわって直線。押し上げていった直線の入り口で少し頭を上げていたので前の馬が邪魔になったのだろう。ラップ的にも一番速いところだったので、この不利は痛い。その後立て直すとしぶとく伸びてきて、最後の200mからは内2頭との差を詰めたものの、3着とは差のある4着。着差は開いたけど、直線入り口で進路が無く、不利を受けた点を考えれば、着差ほど悪くは無い。次走相手と人気次第では。


5着トウカイギアーは好スタートから押されるとグンとスピードに乗って楽にハナに立つ。道中も大きく緩めずに淡々と進めて、4角ですっと突き放して直線。3馬身ほどのリードがあったが、残り200mで一気に減速。最後は上位4頭とは大きく離されての5着。良いスピードを見せているので、テンは速いと思う。1200mでも通用しそうなスピードなだけに距離短縮は良さそうに見えるが、次走は1200mで大敗してる。また回顧しますが。いずれにせよ、自分の競馬ができれば、どこかで勝負になるでしょう。


6着ギンザグラマラスは好スタートから押して好位の外目につく。3〜4角で中目で押されてポジションを押し上げて直線。しかし直線での伸びは感じられず、半ばで勝負から脱落。最後はのびずばてずで6着が精一杯。前半のスピードは見せていたし、大外枠で3〜4角でのロスが多少あったと言う点からも、次走恵まれればもう少しパフォーマンスを上げてきていいかと。ただ現状上位とはある程度の力差を感じます。


7着キッズニゴウハンは五分のスタートからある程度追走して好位の中目で競馬。3角で外目から先行馬にプレッシャーをかけて上がっていき、4角では手ごたえ良く外目から押し上げていき直線。序盤は良い脚を使えていたが、途中で脚色が鈍る。内外から差し馬に差され、最後はギンザグラマラスにも差し返されての7着となった。直線途中で勝ち目が無いとみると、騎手がペチペチと鞭を打つだけで追わず、明らかに流していたので差し返されたことはそんなに気にしなくていい。4角で速い脚を要求されたときに、外から押し上げていたし、速い脚はまずまずある。ただ最後は失速しすぎ。この辺が次走改善されれば良いが。現状ではワンパンチ足りないし、上位とは差があるだろう。


8着ダイワスプレンダーはまずまずのスタートも追走ができず、後方からの競馬。道中終始押し通しだが、ポジションは押し上げられず、3角ぐらいでようやく押し上げる脚を見せる。3〜4角で中目を通して直線もそこから伸びを見せることは無かった。力負けですし、そもそもスピード不足ですね。しばらく馬券的には厳しいでしょう。
posted by カタストロフィ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

函館2歳S2着馬、マイネショコラーデ骨折

8日の函館2歳Sで1番人気に推され、鼻差の2着に敗れたマイネショコラーデ(牝=吉田)が左前脚ハク離骨折を発症していることが10日、判明した。

ラフィアンターフマンクラブが公式サイトで発表したもの。全治は6カ月以上になる見込みで、来春の桜花賞には間に合いそうだ。

引用先:http://sports.yahoo.co.jp/news/20100811-00000051-spn-horse.html


ロージズインメイ産駒で一番重賞に近いと思っていたマイネショコラーデが故障。かなり長期の戦線離脱になりそうですね…。残念ですが、まだクラシック戦線には間に合うので、そこを目標に、故障をしっかり治して帰ってきてほしいですね。
posted by カタストロフィ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。