(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年08月22日

伏兵ドビュッシーが最内から一閃!@アーリントンミリオン




アーリントンミリオン(G1) アーリントンパーク競馬場
1着ドビュッシー      ビュイック
2着ジオポンティ      ドミンゲス
3着タジーズ          ヒルズ


昨年の覇者ジオポンティが圧倒的人気の中、大外からぐいぐいと伸びて完勝か、と思った所を、最内から凄い末脚で突っ込んできたのがドビュッシー。日本にも現役でドビュッシーという馬がいるのでややこしいけど、ドビュッシーにとってはこれが最初のG1制覇となった。しかも昨年の覇者でBCクラシック2着、ドバイWC4着と強豪のジオポンティを破っての勝利だけに、これは新星誕生とみていいだろう。


1着馬ドビュッシーは父ダイイシス、母父シングスピールの産駒。アメリカの芝レース、軽いスピード勝負で持ち味を発揮したのか、これまでのいまいちぶりからは考えられないほどの鋭い末脚だった。


2着馬ジオポンティは伏兵の奇襲を受けた形になったけど、地力を証明した形に。芝・AWの両刀使いで、今後どういうローテーションになるのかな。


この2頭がここでは抜けてましたね。
posted by カタストロフィ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/29(日)キーンランドC 札幌

キーンランドC(G3) 札幌芝1200m

ウエスタンビーナス 54.0
キルシュブリューテ 54.0
グランプリエンゼル 54.0
ケイアイアストン 56.0
ゲイルスパーキー 56.0
サープラスシンガー 56.0
ジェイケイセラヴィ 56.0
ショウナンアルバ 56.0
ステラリード 51.0
トウカイミステリー 54.0
トシギャングスター 53.0
バルバレスコ 56.0
ピサノパテック 56.0
ビービーガルダン 58.0
フライングアップル 56.0
ベストロケーション 54.0
マイネルシュピール 56.0
マヤノツルギ 56.0
モトヒメ 51.0
モルトグランデ 56.0
ランチボックス 56.0
ローレルゲレイロ 59.0
ワンカラット 54.0


これは出る馬が出れば好メンツ確定ですね。


まず前走函館SSでレコード勝ちを収めたワンカラットに注目せざるを得ませんね。タフな洋芝の1200mでかなり強い勝ち方を見せました。もともと持っているポテンシャルはG1級と言っても過言では無かった馬で、相手強化も勢いと地力をかねそろえたこの馬が、このレースの中心になるのは間違いないでしょう。鞍上藤岡佑介もそろそろしっかり乗れる騎手になってもらわないと。


昨年の春秋スプリントG1馬、今年一杯で引退が決定しているローレルゲレイロが出陣。3歳時に挑戦した際は打ち砕かれたが、今回は受けて立つ立場。ただし、休み明けは極めて苦手としており、仕上がり具合がカギになってくるだろう。テンにそこまでガリガリ行く馬が、せいぜいウエスタンビーナス、ケイアイアストンぐらいというのは好材料。59kgで休み明けに強敵2頭と、厳しい条件で、勝ち負けはともかく、大一番に向けて順調な調整をしてもらいたい。


洋芝の猛者、ビービーガルダンは昨年のこのレース以来勝ち星から見放されている。地力は最上位、これは間違いない。後は勝ち星が欲しいところ。ここで勝って勢いに乗り、G1のタイトルを獲りたいところだ。ここはローレルゲレイロが作るペースをマークして得意の先行抜けだしが出来る条件。洋芝ならこちらが優位は間違いなく、前走でワンカラットに負けている分、ここで取り返したいだろう。無冠の強豪を返上するべく、北の大地で勢いをつけることができるか。


くすぶっているモルトグランデが札幌で一変を狙う。昨年の同レースでは2位入線ながら、降着。地力上位を見せていただけに、今年は力が入るところだろう。今年2走は善戦どまりだが、相手強化のここで一角を崩すことが出来るか。


前走で復調を見せたグランプリエンゼル。3歳時は一気にスプリント路線の新星となったが、今年は実に低迷、大スランプだった。前走得意の洋芝で3着と復調の兆し。昨年重賞勝利した札幌の舞台で更に飛躍を誓う。


3歳牝馬からステラリード。キョウエイアシュラを函館2歳Sで破っており、キョウエイアシュラを物差しにすれば、通用して良い馬ではある。3歳牝馬で斤量面でも恵まれており、近走の惨敗を距離と割り切れば当然好勝負可能な器だろう。
posted by カタストロフィ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーネストリー完勝!G1馬、3歳馬、上がり馬をまとめて面倒を見た横綱競馬@札幌記念

札幌記念(G2)
1着アーネストリー   佐藤哲
2着ロジユニヴァース  横山典
3着アクシオン       岩田

正式結果はJRAのHPでご確認ください。
http://jra.jp/


アーネストリーが3番手から直線であっさりと抜けだし完勝!2着には昨年のロジユニヴァースがしぶとく食い下がり、復調の兆しを見せた。3歳の有力馬ヒルノダムールは直線追い込むも届かず4着、3番人気のマイネルスターリーは直線伸びを欠いて6着に終わった。

アーネストリーは父グラスワンダー産駒。昨年冬の中日新聞杯、今年の金鯱賞に続き、重賞3勝目。秋のG1戦線に向けて、快調な滑り出しだろう。
posted by カタストロフィ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。