(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年10月31日

クロフネ産駒がダートで珍しく不振…@10/31(日)京都開催

101031kyo.gif


障害を除いた11Rで1番人気が(3.4.0.4)は平均的、2番人気が(3.2.2.4)、3番人気が(3.0.0.8)と勝ち数では同じ、軸信頼度でも2番人気と1番人気がそう差が無かった。


ダートでは中目の枠が安定していたように見える。安定していたのはタイキシャトルやセイントリアム、サンデー系含めたヘイロー系が5勝中4勝。しかし穴をあけていたのはミスプロ系、ND系だったかな。ただいつもは京都のダートで堅実なクロフネ産駒が今日は不調。2度上位人気馬を馬券圏外としている。やっぱりスピードを問われる馬場だときついのかな。


芝では8枠が好調。四位が2勝しているがいずれもディープインパクト×レイズアネイティヴ系。どうもディープ産駒は母父でアメリカンな配合が合うのかも。2着ハッピーグラスも母父アフリートだし。血統的には割と満遍なく、まあ通常通りサンデー系が好調かな。全レースの連対馬は何かしらサンデーが入っている配合なので。
posted by カタストロフィ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 開催日総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芝はサンデー系が好調@10/31(日)東京開催

101031tok.gif


1番人気が(3.3.2.4)で、まあ平均的な感じ。3勝は寂しいけど複勝率でみれば悪くない。まあ極端にガチガチだったり大荒れだったりってことは無かったので本命党も穴党も楽しめたんじゃないかと。


ダート戦はヒムヤー系やらブラッシンググルーム系やら、リボー系やらリファールやらロベルトやらコジーンやらミスプロやらで収拾がつかない感じ。血統的な傾向が無さ過ぎるw母父までいろんなタイプが来ちゃってるし。枠で言えば、2枠が好調で、全体的には内枠有利。特に1300、1400のスタートダートのコースでは断然内枠有利の傾向。騎手面では後藤が2勝していて好調。


芝戦は外枠が少し不利かなと言う印象。内が伸びる馬場だったと言うこともあるんだろう。血統面ではサンデー系が好調で、特にヤヤオモに変わった午後からは全4Rの連対馬が全てサンデー系と言うほどんび顕著。信頼度で言えばSS×ND系種牡馬の方が高い傾向にあるので明日の予想に役立てたいところ。
posted by カタストロフィ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 開催日総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブエナビスタが突き抜けて圧勝!現役最強牝馬から史上最強へ着実にステップ@天皇賞(秋)結果

東京11R 天皇賞(秋)
1着02ブエナビスタ      スミヨン 1:58.2
2着07ペルーサ          安藤勝  2
3着12アーネストリー     佐藤哲  1 1/2



 第142回天皇賞・秋(31日、東京11R、GI、3歳上オープン、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円=出走18頭)C・スミヨン騎手騎乗で圧倒的1番人気に支持されたブエナビスタ(牝4歳、栗東・松田博資厩舎)が直線で抜け出し2着に2馬身差をつけて圧勝。ウオッカ、メジロドーベルに続く牝馬3頭目のGI5勝目を挙げた。タイムは1分58秒2(稍重)。


 レースは、毎日王冠でも出遅れた3歳馬のペルーサ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)がまたも出遅れ。人気のブエナビスタ、アーネストリー(牡4歳、栗東・佐々木晶三厩舎)は馬群の真ん中で折り合い、中団からの競馬となった。


 最後の直線、抜群の手応えで一気に先頭に立ったブエナビスタは、スミヨン騎手のムチに応え後続を突き放し圧勝。牝馬15頭目の天皇賞制覇を成し遂げた。


 2着は安藤勝己騎手騎乗で4番人気のペルーサ、3着は佐藤哲三騎手騎乗で2番人気のアーネストリー。なお、15着に入線したジャガーメイル(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)は進路妨害で18着に降着となった。


 ブエナビスタは、父が日本ダービーなどGI4勝のスペシャルウィーク、母は阪神3歳牝馬(現・阪神JF)を勝ったビワハイジという良血で、通算15戦8勝(海外1戦0勝含む)。GIは08年阪神JF、09年桜花賞、09年オークス、10年ヴィクトリアマイルに続いて5勝目。牝馬のGI5勝以上はウオッカ(7勝)、メジロドーベルに続く3頭目の快挙となった。


 また、父スペシャルウィークは99年に天皇賞・秋を制しており、史上2組目の父子制覇を達成。鞍上のスミヨン騎手、松田博調教師はともに天皇賞初制覇。


引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101031-00000533-sanspo-horse



ブエナビスタは強すぎましたね。正直びっくりしてます。と言うよりスミヨンのポジション上げのセンスは凄い。出負けして後方からの競馬のはずが、窮屈なところを折合ギリギリにつけて押し上げて行くんだもん。最後は凄い脚。すいません、完敗です。


そしてペルーサの脚にもびっくり。この馬だけ上がり33秒台の脚。出遅れたけどそんなに縦長にならなくてそんなに緩まなかったのが良かったのかな。最後は詰め寄ってたけどポジションが致命的でしたね。


アーネストリーは伸び切れなかった。やっぱり前半のポジションがねえ。もう少し攻めてほしかったなあ。まあJCに向けて良いたたきってところなんですかね。


エイシンアポロンは直線で最内そこそこ伸びてきたところで外からジャガーメイル糞ホワイトが潰して騎手が完全に立ち上がる超絶不利。あんなの許せねーよ。パトロール見てみないと何とも言えないけど、今回のホワイトの降着は当たり前。
posted by カタストロフィ at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 重賞結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近年は母父ND系が穴、渋れば更に重要度増すぞ@天皇賞(秋)データ分析

tennnousyouaki.rap.gif


tennnousyouaki.date.gif


近年のラップ傾向を見る限りでは大きく緩まずに早い時計で、ラスト3Fから速い脚を要求され、ラスト1Fにしぶとく粘れるか。昔より最近の方が、馬場と相対的に見てラスト1Fを落とす傾向が強くなっているので、速い脚を要求されている上で、ラスト踏ん張れる切れの持続力が必要なのだが、今回は明らかに不良馬場でのタフな競馬で、ペース面はかなり読みにくい。過去の傾向がそのまま当てになるとは考えにくく、予想のとっかかりが見つかりにくいレースなのは確かだろう。では分析。


○武豊は秋の天皇賞の方が最近は良い

ここ5年で(2.0.2.1)と言う成績で、意外と悪くない。ウオッカやサムソンと強力な馬に乗ってはいるが、それでもトリッキーな東京2000でここ10年2勝しているのは武とペリエだけ。春の天皇賞では最近微妙な成績ではあるが、盾男は秋で復活なるか。


○何故か7枠が好調

過去10年、東京開催の9回でも良いが、その中で4勝が7番枠。コース形態からも外枠は不利なんだけど、そんなに顕著な結果は出てない。8枠も意外とそこまで酷いわけでは無くて、枠内の頭数の関係もあるけど、逃げ馬とかでなければ極端な不利では無い。


○でもやっぱり穴は内枠

去年の2枠カンパニー1着、1枠スクリーンヒーロー2着、2007年3枠カンパニーの3着、2005年の1枠ヘヴンリーロマンスの1着、2004年2枠ダンスインザムードの2着など、内枠から穴馬が多く出ているのも注意したい。


○牝馬が結構強い

ウオッカやダイワのような超級牝馬を別にしても、近年ヘヴンリーの1着や、ダンスインザムードの2年連続複勝圏、アドマイヤグルーヴの3着。改修後のこのレースは比較的牝馬に対して敷居が低くなったように見受けられる。


続いて血統面から



○昔はサンデーサイレンス産駒の為のレース

2004年、2005年と2年連続1,2,3で決着。2006年でも1,2着はサンデーサイレンスで猛威をふるっていた。流石に今年はアクシオンしか出走馬がいないが、サンデーサイレンスの底力を見せることが出来るかどうか。ちなみに下記にあるサンデー×ND系がアクシオンにも母父ディキシーランドバンドと言うことで当てはまるので注意。


○サンデー系は母父ND系との組み合わせが抜群の成績

特にアグネスタキオン×ND系はダイワ、ディープスカイで2,3着、アグネスアークで2着していて近年の流行。他にも穴をあけたサンデー系はヘヴンリーが母父サドラー、ダイワメジャーは母父NT、ダンスインザムードは母父ニジンスキー。穴を狙うならこの組み合わせを狙いたい。


○道悪馬場ではND系の血が更に重要に

ヤヤオモの2007年では1着メイショウサムソンがオペラハウス産駒、2着アグネスアークは母父チーフズクラウンでダンジグ系、3着カンパニーも母父ノーザンテースト。ヤヤオモの2004年ではダンスインザムードの母父ニジンスキー、重馬場の2001年では1着アグネスデジタルの母父チーフズクラウンや、オペ、ドトウのND系が2,3着。重馬場の2000年ではそのオペ、ドトウがワンツーで3着に母父ノーザンテーストのトゥナンテ。非常に強烈なバイアスなので注意しておこう。


×トニービン系は苦戦

父でも母父でもここ3年では3着まで。2004年では特にリンカーンとハーツクライと言う有力馬がいて駄目だったり、オウケンブルースリが普通に届かなかったりで、少し微妙。


×SS×ND系種牡馬が実は苦戦

ダンスインザダーク産駒のツルマルボーイしか連対例が無い。今回はスペシャルウィーク産駒のブエナビスタがいるが、2度目の連対例になることが出来るか。
posted by カタストロフィ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去重賞データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

芝ダ共にサンデー系が勝ち切る傾向@10/30(土)京都

101030kyo.gif


障害を除いた全11Rで1番人気が(4.1.2.4)と平均的。2番人気が(3.3.1.4)、3番人気が(3.3.1.4)と今日は上位3頭の信頼度が高い日だった。


ダート戦は、堅調な結果が続いたが、ヒモ荒れもあり、穴党もそれなりに楽しめたか。勝ち馬は全て1〜3番人気、2着でも5番人気までとなっており、かなり堅いレースが続いた。枠順は京都ダートの割に比較的フラットな結果。内中外での大きな傾向は無い。騎手面では佐藤哲三が2勝。全体でも3勝していて好調。血統的には6R中5勝がサンデー系。内訳はマンハッタンカフェ2勝、ゴールドアリュール2勝、オンファイア1勝。クロフネがヒモでちょいちょい穴をあけているのはいつもどおりかな。


芝戦は後半の2Rが少し波乱。前半3Rはガチガチ。枠順は3枠が好調と言うぐらい。特に大きな傾向は無いかな。こちらも5R中4勝がサンデー系。フジキセキ、ネオユニヴァース、ダンスインザダーク、マンハッタンカフェが各々1勝ずつ。クロフネ産駒とフォレストワイルドキャット産駒が人気で圏外に飛んでいて、まあ言うほどでもないけどND系はあまり来てなかった。
posted by カタストロフィ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 開催日総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。