(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年11月29日

ブエナビスタのジャパンカップ降着についての見解まとめ

ブエナビスタの1位入線2位降着事件が思った以上に反響が大きく、降着の賛否両論について各所で激論が交わされていますが、それ自体は非常にいいことだと思います。これだけの大舞台で、こういう結果に終わってしまったのだから、何らかの変革をもたらさないと駄目だと思うし、現状の裁定運営システムに大きな問題があるからこそ、これほど大きな問題になっているわけなので。競馬と言う性質上、言っている人間の馬券の内容で客観性が失われるケースも大きいと思いますが、なるべく客観的に判断していくよう努めます。


そこで、個人的に目についた降着当たり前派の方々の意見の中で、個人的にそれは違う、と言う点を挙げます。あと、前提で、パトロールフィルムの正面からの映像を中心に考えています。斜めからだと、真っ直ぐ走っているかどうかという判断が遠近感の関係で上手く判断できないので。


・スミヨンは修正をしようとしていない。
・終始右鞭を続けて強引な競馬をしたスミヨンに擁護の余地なんかないだろjk


これは正面からのパトロールを見てもらえば分かりますが、スミヨンがローズキングダムに併せに行く際に右鞭をつかって進路を変えています。これ自体を斜行と思っている方が多いですが、そもそも斜行と言うのは後方の馬に対しての話なので、後方に十分なスペースがある場合は進路変更をしても当然問題ないわけです。なので、ローズキングダムに併せにいくまでの進路変更は全く問題ありません。


次に、右鞭連打をしている、と言うことですが、そもそも鞭を切り替えたりするのは真っ直ぐ走れていないケースに対して、横からサインを送ると言うことです。パトロールを見てもらえば分かりますが、併せ馬となったローズキングダム、ブエナビスタともども、互いに支え合って綺麗に真っ直ぐ走っています。となれば、当然わざわざ右鞭から左鞭に切り替える必要はありません。なので、左にローズキングダムがいる以上、逆にローズの走行の邪魔にならないように右鞭を連打するのは妥当な行為なんですよね。つまり少なくとも、ヴィクトワールが寄ってくる、つまり真っ直ぐ2頭で併走できている間は右鞭を連打していてもヨレていないわけだから修正する必要が無いわけです。


・ギュイヨンは修正行為をしているがスミヨンはしてないだろ


ヴィクトワールピサ騎乗のギュイヨンは左鞭を2度、特に2度目は非常に強く打って進路を外に変えています。これは明らかに意図があったと見ていいでしょう。その後勢いよくブエナビスタに併せに行くが、後方のローズキングダムにぶつかってローズが煽ります。それに気づいてからようやく進路を変えています。なので確実に遅い。しかも意図を持って外に持ち出しておいて、後方を確認せずにヨレてきたので重過失でしょう。一方スミヨンの場合は、並んでいた段階から右鞭を打っていて、ローズキングダムがギュイヨンによって急に下がってしまった分、併走の支えを失い内にヨレました。しかし、スミヨンが左鞭を打っている時は、まだ丁度ローズと重なった時。それでもブエナは内に寄れてしまい、更に強く左鞭を打って修正しています。意図的に外に進路を変えた上で、後方確認を怠ってブエナに併せに言ったギュイヨンと、ローズが不利を受け、自身も内からプレッシャーを受けながら右鞭で立て直したところにローズが下がったと言う状況、かつそこからすぐに左鞭に切り替えてすぐに対応している点。普通に考えれば、少なくともギュイヨンが十分に修正行為を取っているとは言えませんし、スミヨンが左鞭を打ったにもかかわらず、ブエナビスタが内にもたれる状況を解消できなかった点からも、騎手は真っ直ぐ走らせようと修正したが、時間がなくて馬が反応しきれなかったと見るのが妥当だと思います。


・最終的にブエナがローズの進路をカットしたのだからスミヨンが悪い。


これに関しては、単発で見れば確かにその通りです。結果として降着の最大の理由は、ローズキングダムの進路を完全にカットしたのはブエナビスタであると言う事実でしょうね。ただし、これはそもそも容易に避けられたことなのか。


何が無ければこの不利が生じなかったかを考えた時に、もしヴィクトワールがヨレて来なければ、おそらくブエナビスタとローズキングダムは真っ直ぐ併走し続けていたでしょう。何故スミヨンが右鞭を打ったのか、それは左にローズキングダムがいたからで、併走して真っ直ぐ走っていたところに、内からの圧力があって、外にヨレ気味になった。それを修正する為に右鞭を再度打った。何故ローズの進路をカットすることになったのか。ローズがヴィクトワールの不利によって一旦下がったのと、スミヨンが修正するタイミングが合ってしまい、支えを失ったブエナが内にヨレた。スミヨンがいつ左鞭を打って修正したのか、また効果が出たのはいつか。ローズが下がって進路妨害になりそうになるとすぐに左鞭を打った。1度目の左鞭を打った時はまだローズの外にいた。2度目の左鞭を打っても斜行は止まらなかった。つまり斜行は左鞭を打ちながらも止まらなかったという点なんですよね。あったとしても過失。修正しようとは確実にしています。ただ、それでもローズキングダムの進路をカットしたと言う事実は否定しません。


皆、スミヨンが悪童、アガカーン殿下との流れの中で粗暴な騎手と言う印象を持っているためか、イメージが先行していると思います。確かに去年最後になった失格のレースは擁護の余地を一切残さない酷い競馬でしたが、今回に限れば酷い騎乗をしている騎手が他にいるし、ブエナビスタ単独で起こったわけではない。ましてスミヨン自体は修正をしていた。ローズが下がらなければこの斜行は起こり得なかったし、その下げた理由はヴィクトワールの斜行。これだけの要素が揃っていたのに、ブエナビスタ降着と言うなら、これから先はずっと何があっても前カットしたら降着と言う制度にしないと全く納得がいきませんよね。


ローズキングダムが大きな不利を受けたことは間違いなく事実ですが、責任の行方をはっきり明確にしないでブエナビスタの降着で溜飲が下がると言うのもおかしな話。武いわく「内外からぶつけられた」とはっきり言っているんだから、内のヴィクトワール・ギュイヨンに過怠金1万しか制裁が無いってのは、武豊も筋を通せていないんじゃないか。この辺りがもやもやの大きな原因なんですよね。これから先、ずっとどういう状況にあっても前カットをした馬は降着・失格と言うルールなら、もちろん納得しますが、そうではないケースが一杯ある訳ですし、ここでブエナ降着とするにしては材料が乏し過ぎると正直に思います。またギュイヨンに対する制裁があまりに小さいと言うのも、もやもやの原因。論争自体はもう少し冷静になる必要があるとは思いますが、現状の運営システムではこれからもこういう不可解な降着が続くでしうね。
posted by カタストロフィ at 18:44| Comment(7) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seesaaブログのアフィリエイト新機能を早速試験的に使ってみます。

え〜、家庭内事情のため、今は仕事に出られない状況なんですが、お金が無いのでwこういう形で少しでも報酬をもらえるように努力しています。いつも来ていただいている皆さんには出来る限り、負担の無い形で、良い情報、良いブログとして運営していくために、ブログ内でこういう形で様々なPRをしていっていますが、ご理解していただけましたら幸いです。


あと、俺個人の感想として、どうも競馬予想よりも、レース回顧とか分析とか、そっちの方が性に合ってる気がするんですよね。冷静に見られると言うか。もし全レース回顧とか、そっちの需要がありましたら、お仕事として有料メルマガにでもしようかなあと考えております。家族に迷惑をかけない程度に稼げればと…。こちらのブログは当然無料で、これ以上のクオリティを追究していくのと同時並行していくつもりです。流石に今はあくまで個人的趣味の範囲内なので、正直家庭の事情や自分の体調で更新が滞ることもあったけど、当然有料にすればしっかり仕事として、しっかりやります。もし、何かご意見等ありましたらコメントして頂ければありがたいです(´д`;)子供2人いて、嫁が精神疾患と言う状況で、仕事に出ることが難しいので、いずれにせよこういう形でしばらく様子を見て行きたいと思います。


いつもいつもお金の話になってホント申し訳ないですm(_ _)m。


では今回はアフィリエイトでSeesaaブログが新しく取り入れた「Seesaaアフィリエイトサーチ」を活用させていただきます。
ウイニングポスト7 2009 / コーエーWinning Post 7 2010 / コーエーテクモゲームスWinning Post 7 2010 / コーエーテクモゲームス


ご存知KOEIの競馬ゲーム、ウイニングポストシリーズの中から傑作の7、2010年度版です。競馬ファンならダビスタよりもこっち、と言う人は少なくないと思います。シンボリルドルフの世代から2010年を過ぎると仮想世代に突入。基本的に史実に忠実なんですが、歴史を変えることも結構できます。


今回は遂に、と言うかようやく実況が入りました。また自分の馬だけ○○番とかって言われるのか、と思ったけど、一応実況が入っている単語を組み合わせることで、自分の馬でも馬名は呼ばれますね。実況自体は比較的スムーズに感じたけど、最後は結構勝ち馬連呼するので面白いですねw実況のおかげで今までスルーしてた自分の馬以外のGIも見るようになりましたね。ナリタブライアンはやっぱり実況つきだとテンションが上がる。ナリタブライアンVSマヤノトップガンの有馬記念(史実ではタイキブリザードだったけど)を感動しながら見てました。


何と言っても箱庭ゲーム。自分の種牡馬のサイアーラインを伸ばしていって、血統図を塗り替えて行くのが醍醐味。自分の種牡馬に青のスピード因子が2つつけば、そいつに自分の肌馬を集中させてダービーで6頭出しのリアル社台をやってみたり、海外に種牡馬をもっていって、欧州、アメリカの血統図まで塗り替えてリアルセントサイモンをやってみたりと、これほど幅の広い競馬ゲームは、このゲームしかないですねえ。最強馬作りでは無く、最強種牡馬作りが最高に楽しいゲームです。7以降はマイナーチェンジを繰り返してるけど、個人的に馬産ゲームとしてはこれが終着点だから仕方ないかなと。対戦がダビスタほど熱くないのは、能力の限界値の幅があまり無いからでしょうね。ダビスタVのサイキョウクラウド的な馬が作れないと言うのは残念ですけどね。まったりしていくシミュレーションゲームが好きな俺にとっては、このゲームのコンセプトは素晴らしいと思います。是非皆さんも、始めてみてはいかがでしょうか。競馬ファンなら長く楽しめる造りになっているし、昔の馬の血統もしっかりわかるので、勉強にもなります。


ここでウイポあるあるを…


・超大物と期待してたらパワーC…orz...
・超大物と期待していたダート馬、距離適性が2000〜3400…orz
・種牡馬引退間際にやっと系統認定される条件が揃ったと思ったら、別の馬が先に認定されて間に合わず…orz
・海外セリで相馬さんが良いって馬を根こそぎ買い倒す。
・開始序盤にパーソロン直仔の繁殖牝馬を買いあさる。
・如月さんと安田さん…どちらを秘書にするかが一番時間がかかる。
・サンデー系がすぐに絶滅…。
・思い入れのある史実馬の子供がやたら走らない
・史実補正が掛っている馬が馬群に詰まってもピンボールみたいに弾き飛ばして飛んでくる。
・過去のダートの強豪が、凄い価格で種牡馬入り
・メジロ軍団全盛期イベントに出てくるメジロの3頭が、マックイーン、ライアン…あれ?パーマーは??orz...
・流れ星まで出た超大物がスピード不足orz...
・そろそろ止めようと思った時に出てくる超大物(´・ω・`)ネレンガナ
・馬群に詰まった騎手のレース後コメントが「力は出し切れた」
・ジェニュインがやたら強い
・オートにしてたら新馬戦で同じレースに3頭出しorz...
・スプリンターなのにスプリントGI無視して安田記念に出るorz...
・パワーCの強い中距離芝馬には海外遠征を繰り返す。


ウイニングポスト7 2009 / コーエーWinning Post 7 2010 / コーエーテクモゲームスWinning Post 7 2010 / コーエーテクモゲームス
posted by カタストロフィ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/4(土)ステイヤーズS(GII)@重賞展望

ステイヤーズS登録馬一覧

エアジパング 57.0
エジソン 57.0
グラスゴッド 57.0
コスモヘレノス 55.0
ゴールデンダリア 57.0
シグナリオ 57.0
ジャミール 57.0
トウカイメロディ 55.0
トウショウデザート 57.0
ネヴァブション 58.0
ハギノジョイフル 57.0
ピサノエミレーツ 57.0
フォゲッタブル 58.0
ベルモントルパン 57.0
マキハタサイボーグ 57.0
ミッキーミラクル 57.0
モンテクリスエス 57.0
レッドアゲート 55.0
ロードキャニオン 57.0


鳴尾記念と比べると、こちらは少し地味なメンバーになってしまったのかなあと思います。その中に3歳馬トウカイメロディが登録。古馬の煮え切らない馬VS勢いのトウカイメロディの構図ですかね。


やはり中心はトウカイメロディ。菊花賞では中団からの競馬も道中押し上げられずに切れ負けの形。本質的にはコテコテのステイヤーだし、長く良い脚を使いたいところ。そういう意味では距離が3600mになって2周目の向こう正面からのロンスパ戦になりやすいこの舞台は当然合う。相手もジャミールとフォゲッタブルぐらいしかいない。3歳馬のレベルを考えれば、ここは当然好勝負を期待してしまう馬だ。有馬記念まで出てほしい馬なので、頑張ってほしい。


相手筆頭はアルゼンチン共和国杯で大庭騎乗で2着のジャミールだ。確かに内がスパッと開いて嵌った感もあるが、トーセンジョーダン相手に頑張れた点は評価。それでも3着コスモヘレノス相手に展開向いてタイム差無し、上位を見てもレースレベルに少し疑問がある。ここも上位以外はレースレベルも微妙なので、善戦マンのこの馬なら善戦は期待できそうだが、勝ち切るまでには上積みが欲しいところだ。


今年は毎日王冠、天皇賞と府中で一流どころ相手に活躍しているGII横綱のネヴァブションがホームの中山で反撃。3600mと言う距離は春の天皇賞や菊花賞の長丁場で結果を出していないこの馬にとってはマイナス。中山コースもどちらかと言うと内周りより外周りで結果を出している馬なので、その辺も不安。とは言え、やはりここに入れば古馬最右翼の存在。意地を見せてほしいところだ。


昨年の覇者フォゲッタブルも巻き返したい。今年の冬はダイヤモンドSをきっちり勝って波に乗ったように思えたが、春天以降は勢いを掻き消されてしまった。京都大賞典でも完全に離されてしまい、秋のGI戦線に名を連ねることはできなかった。ここは何としても勝って、有馬記念に歩を進めたいところだが、昨年と比べてもトウカイメロディと言う強敵がいる。簡単なレースではないだろう。


近走重賞でも善戦が続いているエアジパングもコテコテのステイヤー。脚の速さは全くないので、向こう正面下り坂からのロンスパ戦に全てをかけるしかない。それでも今年の春天で5着はこの中では最先着馬。それも4角で少しスムーズさを欠いてのものだっただけに、7歳にして徐々に力をつけてきている。相手もそこまで強敵では無いし、案外やれるか。


古都Sで16番人気の番狂わせ勝利を収めたロードキャニオンも参戦。前走の内容は衝撃だったが、時計ラップ面からはキレ勝負。距離延長でロンスパ戦の可能性が高いこのコースがどう出るのかの不安も大きい。しかし、ここは相手関係もそれほど強力では無く、嵌ればやれるか。


3歳馬でもう一頭油断できないのがコスモヘレノス。前走アルゼンチン共和国杯は外目からロングスパートをかまして最後までしぶとく粘った。淀みないラップで軽ハンデとはいえ外から早めに動いた競馬は評価できるし、それでいて内をすくったジャミールとクビ差なら評価。相手関係も引き続き楽。今回は4kg増の55kgになるが、ロンスパ戦で結果を出してきたのはこの舞台では大きなプラス要素。引き続き侮れない。


他には3年前の覇者だがもうすでに限界のマキハタサイボーグ、どうも最近ピリッとしないが長距離だと馬鹿に出来ないモンテクリスエス、エアジパング以上に脚が遅いグラスゴッド、鳴尾記念とW登録のゴールデンダリアぐらい。何とも微妙なメンバーだけに、勝ち馬には強い勝ち方をしてもらいたいものだ。
posted by カタストロフィ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/4(土)鳴尾記念(GIII)@重賞展望

鳴尾記念(GIII)登録馬一覧

アクシオン 57.0
アドマイヤメジャー 56.0
エムエスワールド 56.0
ゴールデンダリア 57.0
ショウリュウムーン 53.0
シルポート 56.0
セイカアレグロ 56.0
セイクリッドバレー 56.0
ダンツホウテイ 56.0
ティアップワイルド 56.0
トウショウウェイヴ 56.0
バトルバニヤン 57.0
ヒルノダムール 55.0
フミノパシフィック 56.0
フライングアップル 56.0
フローテーション 56.0
マッハヴェロシティ 56.0
マルカシェンク 58.0
メイショウタメトモ 56.0
モンテクリスエス 56.0
リトルアマポーラ 55.0
リルダヴァル 55.0
ルーラーシップ 55.0


3歳馬の中堅どころが出てくれて、意外とメンバーは揃ったかなあと言う印象ですね。いろんな路線の馬が集まって、馬券的には難しいけど、競馬的には楽しみな一戦。


中心は皐月賞2着馬ヒルノダムール。皐月賞は勝ち馬ヴィクトワールピサや先着したローズキングダム、エイシンフラッシュ、アリゼオと言うハイレベルの一戦。この馬自身も札幌記念で古馬と通用するだけの目処は立てているが、適性的に阪神の1800mと言うキレを要される舞台でどうかという不安も付きまとう。菊花賞では位置取りが悪く、差しこんではきたものの7着。ローズキングダムと0.2差と考えると、悪くは無い。力的には3歳上位のはずで、適性面での不安を実力で掻き消すことが出来るか。


相手筆頭は昨年の覇者、圧巻の突き抜けを見せたアクシオン。切れには絶対の自信を持っており、スマートギアやナムラクレセントと言った中堅どころを寄せ付けない完勝劇だった。当然ここでも古馬の壁として高くそびえたいところだ。今年はの春は不調だったが、得意とは言えないタフな札幌記念で強敵相手に3着と、しっかり復調してきたし、前走も絶望的な位置を考えれば悪くは無い。得意のキレが活かせる絶好の舞台、ここは力を見せつけたいところだろう。


徐々に力をつけてきて、新潟記念で重賞初制覇となったゴールデンダリアが休み明けで参戦。休み明けは問題としないので、後は力関係と適性面の問題。良い脚は持っているものの、一瞬の切れには少し欠けるところがあるので、L2の速さが求められる阪神1800は少し気がかりではある。新潟記念ではマイネルスターリーを破ってはいるものの、適性面で差が出た感じだし、レースレベル面でも少し不安が残る。ここは相手も強力で、そのあたりがどう出るか。試金石の一戦となる。


3歳中堅、ダービー5着馬ルーラーシップも参戦。東京2000mのプリンシパルSでは後のセントライト記念馬クォークスターを4馬身無慈悲に千切り捨てた実力馬。不安はアルメリア賞でタムロスカイに一瞬切れ負けしていた点。それでもダービーで不安を解消する鋭い脚を見せたので、クリアしたと言って良いか。休み明けで相手も揃ったが、この馬も走るたびにパフォーマンスを上げてきている。ここは不安もあるが、期の方が大きいだろう。


アンドロメダSでようやくOP勝ちを手にしたアドマイヤメジャー。大器と言われながらここまで来るのに随分時間を要したが、勝った時のパフォーマンスはGIでもと思わせるだけの内容を示しているだけに、まずは重賞をしっかり勝っておきたいところだ。課題は切れ不足と言う点で、やはり阪神1800mと言うコースだろう。近年は阪神でも内回りばかりでの内容。毎日王冠でもそうだが、ある程度のスピードとキレを問われると抵抗できないのが気がかり。ここはしっかり来年に繋がる競馬をしてほしい。


今年の夏以降は精彩を欠いている3歳馬ショウリュウムーン。クイーンSでは窮屈でスムーズな競馬が出来ずに負けた感じだが、秋華賞ではビックリするほどの惨敗。オークスや秋華賞を見る限りでは距離に不安があり、阪神マイルでの実績がある馬なので、1800mと言う距離がどう出るかがポイントか。それなりにキレはあるが、ある程度ペースが上がってほしい馬であることも確かで、そのあたりがカギになりそうだ。


エリザベス女王杯でアパパネと僅差の4着、復調の兆しをしっかり見せたリトルアマポーラも圏内か。前走は先行しての粘り込みと、自分の競馬をしっかりして、4Fのしぶとさを見せた形。ただし、この馬はキレが無いので阪神の1800mと言う舞台はプラスに働きにくいだろう。府中牝馬Sでそこそこ良い脚を見せたと言っても、最後方に下がってのものだし、やはり不安は残る。


秋3走で古馬相手にまずまず通用していると言えるリルダヴァルも怖い。前走ではアドマイヤメジャーに完敗してしまったが、本質的に2000は少し長いようにも感じる。富士Sでは少し足りない内容ではあったものの、1,2着馬がマイルCSで好走しているように、意外とレースレベルは高かった。後は阪神1800mと言う舞台だが、ある程度時計が問われる中で活かす決め手だけに、あまりスピードが問われない暮れの阪神1800mと言うのはあまり良くは無いように見える。ここでどういう競馬が出来るか。


エプソムCで2着と、春の上がり馬シルポート。秋はハイレベルなレースを選んで完敗が続いたが、阪神1800mは春の快進撃のスタートとなった舞台。グローリーシーズやジャコスキーに3馬身以上つける完勝。ある程度スローから後半5Fで長く脚を使い、L2で11.2の脚で突き放す。そういう競馬が出来るのは阪神1800mではやはり武器になる。ダークホースはこの馬か。


他にも重賞の常連セイクリッドバレーやバトルバニヤン、休み明けのフローテーション、出遅れの常連マルカシェンク辺りまで登録。難解だが楽しみな一戦になりそうだ。
posted by カタストロフィ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。