(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年01月07日

笠松競馬で競走不成立…整備車両が直線に登場

 7日、笠松競馬で行われた3R・若竹特別(ダ1800メートル)で、前代未聞のアクシデントが起こった。


 同レースは5頭立てで行われ、向こう正面から4コーナーまで淡々と流れた。しかし、直線に入ると整備中のトラクターが出現。5頭は縫うようにトラクターを避けゴールしたが、レースは不成立となった。このレースに関する勝馬投票券はすべて返還となる。


 笠松競馬は公式HPで「皆様には御迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞ御了承くださいますようお願い申し上げます」と謝罪のコメントをした。


引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110107-00000536-sanspo-horse





 まさかの競走不成立ということですが、これ見たら、そりゃああかんわなと。直線でガッツリトラクターが邪魔しちゃっててw幸い大きな事故にはならなかったけど、結局レースは不成立ということに。ここ最近こういうケースが多いのでねえ。
posted by カタストロフィ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブエナビスタが2010年年度代表馬に…2010年度JRA賞

 JRAは1月6日(木)、「『2010年度 JRA賞』受賞馬選考委員会」を行い、記者投票の結果に基づき年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬を決定いたしましたのでお知らせいたします。

 
 また、調教師・騎手部門につきましては、JRAの内規により各賞が決定しておりますので併せてお知らせいたします


引用先:http://jra.jp/news/201101/010602.html


以下受賞馬一覧と、管理人の感想です。

年度代表馬・最優秀4歳以上牝馬:ブエナビスタ

ブエナが中心だったのは確かですが、ここまで圧倒的な票数差があるのはびっくりしましたね。不出走の春天以外の王道GIで連を外さなかったし、3歳馬の高い壁としての存在感は牝馬のそれでは無かったですし、ある程度、皆が納得出来るという意味ではこの馬で妥当でしょうね。今年も頑張ってほしいです。


最優秀2歳牡馬:グランプリボス

デイリー杯の負け方だけケチがつきますが、朝日杯では強い競馬。もちろん疑惑の審議でもあったし、真っ白でってわけではないんですが、それでも内をうまくすくった馬をしっかり差し切っての内容は強烈でしたね。


最優秀2歳牝馬:レーヴディソール

JFは少し期待を裏切ってしまったかな、という内容での勝利。それでもデイリー杯の勝ちっぷりを見ると、この馬の将来性は凄いものがあると思いますね。今年は他に大した馬もいないし、この馬で妥当でしょう。


最優秀3歳牡馬:ヴィクトワールピサ

皐月賞・有馬記念とGI2勝という点では、他の3歳馬と比較しても当然の受賞でしょうね。負けたレースも東京2400のダービーJCという頂点の舞台での3着。春から3歳を引っ張ってきて、秋になって強烈な同世代の上がり馬を問題にしなかったという点でもこの馬が世代の中心でしょう。今年が楽しみ。


最優秀3歳牝馬:アパパネ

牝馬3冠、エリ女で世代最先着。問答無用でしょうね。ただスノーフェアリーのインパクトに屈した感は否めないし、そのスノーフェアリーに票が入って、満票ではなかったというのも残念でしたね。今年古馬相手にどこまでやれるかでしょうね。


最優秀4歳以上牡馬:ナカヤマフェスタ

宝塚記念でブエナに圧勝、そして何よりもエルコンドルパサー以来の凱旋門賞2着。その後JCで残念な結果になったので、印象は薄いですが、この馬も立派な成績です。今年はしっかり立て直して、ブエナとともに古豪の意地を見せてほしい。


最優秀短距離馬:キンシャサノキセキ

高松宮記念勝利、スプリントGIで2連対。日本馬ではどちらも最先着で、マイルGI勝利の2頭がともにいまいちだし、無難でしょうね。阪神Cでも取りこぼさずに強敵相手に勝ち切ったし、1400mまでならやはり最上位。強い明け4歳馬との力関係もあるし、今年はその辺が楽しみですね。


最優秀ダートホース:エスポワールシチー

今年はBCにチャレンジしましたが、歯が立ちませんでしたね…。フェブラリーで圧倒的な勝利を見せたんだけど、印象としては南部杯でオーロマイスターに負けたり、個人的には少し負けの印象が強いんですけどね。今年は去年以上に活躍してほしいですね。


最優秀障害馬:バシケーン

やっぱり中山大障害で勝った方が印象に残りますね。父シルクジャスティスというのも熱い。
posted by カタストロフィ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グロリアスノア故障…屈腱炎

 2010年根岸ステークス(GIII)、2010年武蔵野ステークス(GIII)に優勝したグロリアスノア号(牡5歳 美浦・小西 一男厩舎)は、左前浅屈腱炎および右後浅屈腱炎が判明しましたのでお知らせいたします。
 

 なお、休養に要する期間は未定です。


引用先:http://jra.jp/news/201101/010406.html


 遅くなりましたが、そろそろ本格始動したいと思います。で、グロリアスノアは転厩直後のこの故障。馬は本当にかわいそうだと思いますけど、経緯ははっきり分からないにしても、矢作厩舎から無理やり転厩させた形のオーナーにとっては自業自得でしょうね。コバシンは心中複雑だろうなあ…。復帰できれば…とは思いますが、現実的には難しいでしょうね。情報が無いのでなんとも言えませんが、ゴタゴタで転厩ってのが馬にとって一番良くないってのはよくわかりましたね。
posted by カタストロフィ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。