(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年01月26日

しかし岡崎の成長が著しいじゃないか…@1/25(火)日記

 え〜、今日から出来るだけ毎日、「日記」を更新します。競馬ももちろん含める時も。(´д`;)最後にメルマガの宣伝をさせてもらいますね(´д`;)スイマセンネドウモ


 今日はアジアカップの日韓戦をもろに見てた。TV見ながら出来る作業を同時進行しながら。前半はPKで先制されたけど、追いついて、全体的に日本優勢だった。ボランチ遠藤中心に組み立て、前線で本田がキープ、ポストプレーからチャンスが生まれてた印象。右左の内田・長友両サイドバックがしっかり上がってて、これは勝てるなと思ってみてた。そしたら、本田起点で、長友のクロスから見事に前田遼一が合わせて同点。香川と本田って全然タイプ違うけど、今の日本にとっては本田みたいにある程度しっかりキープしてから、相手背負って絶妙のスルーパスを出すタイプの方がありがたいん、じゃないかな。なんかW杯時のメッシみたいな役割になってる気がするね。香川も悪くはないんだけど、スピードと個人技で打開するタイプだから、難しいところもあるのかも。


 後半は逆に圧倒的に韓国優勢。右サイドからのクロスがやたら多くて、クロスを打たれる前にボールを取りに行けてない感じ。中盤、長谷部や内田あたりでカットされてのカウンターも多かったな。香川は韓国戦では微妙な位置だったなあ。特に気になったのが、良い位置でボールもらいながら、タッチが多くて時間が掛ってから横パスで逃げている感じなのが。もっとゴールを狙いに行っていい選手なんだから、前を崩してほしかったなあ。


 延長はもう本田さんしっかりしてくださいのPK。細貝がカバーしてたから良かったようなものの。今日勝ってなかったら間違いなく叩かれてただろうなあ。その前の岡崎の役割を果たす単身突入。ホント、岡崎ってW杯で点取ってから覚醒したなあ。ループシュートも鮮やかに決めるなんて、イメージと違うわw。動きが幅広い。ファウルをもらいにいったり、下がってディフェンス、前線でもディフェンス。今の日本に岡崎と本田、遠藤抜きはちょっと考えづらいなあ。前田も良く頑張ってるし、FWから中盤まではかなり理想的に近い形になってきてるんじゃないかなあ。


 課題は守備陣だと思う。今の日本ではカテナチオなんて無理ぽ。センターが貧弱すぎて。今日は出てないけど、吉田とか、1対1で簡単に抜かれちゃうし、イエロー1枚もらってるのに不用意なファウルを危険な位置でもらうしで、見てらんない。ガチガチに守備を固めるのも選択肢に入ってるなら、もう少し役割分担を決めておかないと駄目なんじゃないかなあ。高いボールを競りにいく選手、ボールを狙いに行く選手、マークに付く選手、シュートコースを塞ぐ選手、こぼれ球をクリアする選手。素人の俺でもこれぐらいあるとおもうので、それをしっかり優先順位付けないと。今日なんか、みんなでシュートコース塞ぎに行って、フリーの人間にパスされちゃうようなケースも多いし、ボールを取りに行かない、競りに行かないケースが目立った。抜けてから分かったけど、中澤・釣男は偉大だったんだなあ。


 PK。とりあえず本田はマジでちびりそうだった。あと川島には感動した。なんか、すげえわ。言い表せないけど。PKとは言え勝ててよかったなあってのが本音ですね。


 今の日本代表はディフェンス面以外は、今までの中でも凄く魅力的なチーム構成だし、特にボランチ遠藤がこんなに機能しているのは、前線に本田や香川、それに両サイドバック、特に長友が上がっていくのが大きいんじゃないかなあ。サイドが動くから、遠藤もパスを出しやすいし、出した後のポジション取りのスペースも広がるし。良い連動性が出来てきて、今までサッカーなんて大して興味もなかったけど、前回のW杯以降の代表選は、ホント欠かさず見たくなるような試合をしてくれてるよね。やっぱり点取れる、色がはっきりしているチームは魅力があるわな。


ああ、日記なんで、適当に書いてます。こんな長文にならないこともあるし、これより長文になることもあるかもしれないけど、内容はあまりないので適当に流して下さい(´д`;)



全レース回顧を有料(1880円/月)※初月無料

有料メルマガの申し込みはこちらです…↓
http://regimag.jp/m/magazine/ranking_detail/?magazine=689&rank_number=4

(※上のページにサンプルがありますが、仮申請の時にこのブログで行っている内容をコピペしただけです。実際はもう少し簡潔にかつ、各馬各要素をS〜Eのランク付けで補足していきます。)


あと、有料メルマガの設立に伴い、販促としてこの有料メルマガを、ブログのアフィリエイトとして販促活動してくださる方も募集しています。具体的な報酬額は、月額1880円の20%で、月額358円(初月無料)ということになります。アフィリエイト経由の購読者が契約している間は毎月払われます。詳しい内容は↓
https://regimag.jp/a/magazine_affiliation_apply/confirm/?magazine=689
にてご確認下さい。よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
posted by カタストロフィ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイシンオレンジがハナ差の接戦を粘り切る@平安Sレース回顧

京都11R 平安S(GV)ダ1800良 
heians2.gif


1:51.5C 12.1B 35.8S 38.3E 1着ダイシンオレンジ

12.1 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.8 - 12.5 - 13.0


ラップ的には大きく緩まずに、早いペースのまま、L1で少し落とす。後半3Fが遅く、全体時計もいつもより掛かっているが、これは馬場が相当時計が出にくい状態だったので。5日以外は、比較的時計が掛かっている今年の京都なので。


1着ダイシンオレンジ(2人)
ゲート:D ダッシュ:B 切れ:B 持続力:B 騎乗:A

やや出負けのスタートだが、押して追走し先行策、3番手で競馬。2角過ぎで前2頭を行かせて離れた3番手を追走。3〜4角で中目をじわりと追走し、4角出口で並んで直線。序盤で一気に突き抜け後続を突き放しにかかる。L1で外から伸びてくる2頭に詰められるが、ハナ差で何とか勝利をつかんだ。序盤のハイペースを離れた3番手でやり過ごし、勝負どころで上がっていき、最後は粘り切った。強い競馬をしていますね。


2着インバルコ(3人)★次走注目:C
ゲート:D ダッシュ:E 切れ:C 持続力:S 騎乗:A

やや出負けから押して押して追走も後方での競馬に。向こう正面も終始手を動かし追走に汲々。3〜4角で外から一気に中団まで押し上げて直線。序盤で外からジリジリ伸びてくると、L1でサクラロミオと併走状態でグングン差を縮めてくるがハナ差2着…。う〜ん惜しい。しかし京都で外枠、それもハイペースと、これだけ苦しい状況がそろいながらも最後までしっかり伸びたのは馬の能力とリスポリの剛腕が重なったのかなあ。リスポリが序盤で必死にポジションを上げようとしても、動かなかったので、課題は序盤のスピードの無さですね。今回は馬場がタフで、ラスト落ちたので差しこめたけど、本質的には京都向きではないと思います。しぶとさは重賞でも勝てるレベルではあると思います。後は展開や条件がそろえば。与えられた条件下ではかなり良い騎乗もありました。


3着サクラロミオ(4人)
ゲート:C ダッシュ:E 切れ:C 持続力:A 騎乗:A

五分のスタートから無理せず後方からの競馬。道中動かず。3〜4角で中目から外目を馬なりで追走、中団で直線。序盤でジリジリ伸びると、外のインバルコと併走でL1突っ込んでくる。それでも上位2頭の上位争いからは見劣り3着。ペースも嵌ったし、道中のロスが少ないという点ではインバルコよりは展開が向いたかなと。少しペースが速くて持ち味の切れ勝負にならなかったけど、良く頑張りました。ただ、やはりこういう厳しい競馬で、重賞を勝ち負けで争えるほどではないのかな。


4着ピイラニハイウェイ(10人)★次走注目:B
ゲート:C ダッシュ:B 切れ:C 持続力:A 騎乗:C

五分のスタートから楽に先行争い、最終的にコーナーワークで少し下げるも好位の外で競馬。3角で外から馬なりでポジションを押し上げ、4角で仕掛けて3番手1馬身ほどで直線。序盤で一気にダイシンに突き放されるが、L1がしぶとく、詰めてくる。それでも外差しの2騎には及ばずの4着。この馬としてはよく頑張っていると思います。序盤から積極的に前目に行って、外枠の不利もあったし、3〜4角でも大きなロスがありながらも手ごたえは良かった。最後までしぶとかったし、良い競馬でした。次走も注目。


5着マチカネニホンバレ(1人)☆次走微妙:C
ゲート:B ダッシュ:D 切れ:D 持続力:D 騎乗:B

まずまずのスタートから押して押して先行策だが、少し追走に苦労している印象。向こう正面でダイシンの真後ろで好位を進める。3〜4角で最内押して押して追走、4角で5〜6番手3馬身ほどで直線。序盤で内目からジリジリとしか伸びず。L1でも脚色見劣り、前とは離れた5着となった。やっぱり序盤の追走力不足が顕著。序盤に脚を使いすぎて、ラスト脚がなくなった感じですね。じわっと出せて、マイペースで末脚を活かす舞台が良さそう。でもここで力負けしちゃうと辛いですね。東京ならやれそうだけど。


15着ドリームライナー(5人)
ゲート:C ダッシュ:C 切れ:E 持続力:F 騎乗:E

五分のスタートから押して押して追走、4番手で競馬。向こう正面で終始追い通し。3角で必死に追われるが、もう手応えがなく、そのまま下がっていって終了。まあハイペースを追走しすぎですね。終始外からの競馬になっているし、ある程度は仕方ないかな。それでも少し負けすぎ。
posted by カタストロフィ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーセンジョーダンが直線抜け出し押し切る@AJCCレース回顧

中山11R AJCC(GU) 芝2200外良
ajcc2.gif


2:14.2E 13.0F 37.9F 35.1D 1着馬トーセンジョーダン

13.0 - 11.9 - 13.0 - 12.8 - 12.7 - 12.5 - 11.8 - 11.4 - 11.5 - 11.3 - 12.3


5Fのロンスパ戦で、L4−2まではかなり速い脚を要求されて、L1で落とす競馬。有馬記念に近い形だけど、違うのは3F平均して速い脚を要求されてしまったので。L1でしんどくなった。有馬はL2が11.1とかなり速かったがそれ以外は実はそれほどでもなかったので。字面でみると、上がり3Fも遅いし全体も遅いのでイマイチに見えるけど、4Fなら46.5になるわけで、字面以上に評価しないとだめですね。


1着トーセンジョーダン(1人)
ゲート:D ダッシュ:D 切れ:B 持続力:A 騎乗:D

やや出負けから押して押して追走、1角まで何度か窮屈になって中団の競馬に。3角で内目から少し押し気味に追走、4角で仕掛けて3〜4番手2馬身差で直線。出口で少し窮屈になるが、大きなロスはなく、序盤で中目から伸びてくる。L1でしっかり伸びきって3/4馬身差の勝利。序盤のスローでも折り合って運べたのと、5Fロンスパ戦になってしぶとさを活かせたのが大きかったですね。


2着ミヤビランベリ(6人)★次走注目:C
ゲート:B ダッシュ:A 切れ:D 持続力:B 騎乗:S

まずまずのスタートから押してハナを取りきる。終始スローに落としてゆったりとレースを進める。向こう正面でも単騎だが、ここでペースアップ。3〜4角を最内で仕掛けながらクビほどのリードで直線。序盤で一旦マルカボルトにかわされるが、L1で粘りを見せ差し返す。最後はトーセンジョーダンにかわされるが、しっかり2着を確保。道中スローで運べたのは、かなり恵まれたけど、それでもL5からプレッシャーをかけられる前に動いてペースアップしたのは良かった。恵まれたけど最後までしっかり粘れたのは、復調してきたとみて良いんじゃないですかね。もともと能力はある馬なので。


3着ネヴァブション(3人)★次走注目:A
ゲート:D ダッシュ:F 切れ:C 持続力:A 騎乗:F

やや出負けから無理せず後方で競馬。終始動かず後方。3〜4角で外から押し上げに掛かるが、大きくは押し上げられずに後方で直線。序盤で外からじわじわ伸びてくると、L1でもジリジリと詰めてくるが、ミヤビランベリにも3/4馬身届かない3着となった。ハッキリと糞騎乗ですね。捲っていったのが、一番速い11.4-11.5-11.3のところ。ここで大外ブンまわしで捲るとは、あまりにもロスが大きすぎる。それでも3着、L1でもジリジリでも詰めてくるあたり、馬の状態が良かったんでしょうね。仕掛けが遅い。せめてミヤビランベリがペースアップする前に捲るならまだしも、全てが後手後手。


4着コスモファントム(2人)
ゲート:B ダッシュ:B 切れ:C 持続力:C 騎乗:D

まずまずのスタートから、外の出方を見てすっと下げて3〜4番手の内で競馬。2角で、更にポジションを1つ下げて好位の内。3〜4角で最内ポケットを押し上げて3番手1馬身半ほどで直線。序盤で狭い所を突こうとするが、伸びきれず。L1でも脚色悪く、そのまま伸びずばてずの4着完敗。う〜ん、序盤で好位につけるのは、もう松岡・コスモなら仕方ないと割り切るしかないかな。なまじっか金杯で結果を出しちゃったから、総帥は番手にこだわるはず。それは別にして、5Fのロンスパ戦で対応できずに伸び悩んだ点は気がかりですね。本質的にロンスパ戦向きではないような気がします。距離と言うより、もう少し前半からある程度早いペースが望ましいでしょうね。持ち味はスピードとそこからのしぶとさなので。今回のように5Fで速い脚を求められると…。


5着ダイワジャンヌ(10人)
ゲート:C ダッシュ:C 切れ:C 持続力:C 騎乗:D

五分のスタートからじわっと追走、少し掛かり気味になり、抑えて中団の競馬。終始動かず中団で3角。3〜4角で外目を追走し、中団で直線。序盤でジリジリ追走、L1でも自身が伸びているわけではないが、ばてた内の馬をかわしてなだれ込んでの5着。通した場所と仕掛けのタイミングを考えれば、この馬もロスは多いので、意外と評価出来る内容ですね。ただ器用さと決め手がないので、上手く立ちまわれないし、武器もないのでこういう競馬が続くんだと思いますが。馬券圏内まで食い込むにはもう一つ何かが足りないんでしょうね。


6着マルカボルト(4人)
ゲート:C ダッシュ:B 切れ:B 持続力:D 騎乗:A

五分のスタートから軽く押して先行策、ミヤビを行かせて2番手の競馬。ミヤビを単騎で逃げさせて、自身も楽にすすめる。3角で押し上げる前にミヤビに仕掛けられる。3角で内目を楽に追走、4角で少し仕掛けてクビ差ぐらいで直線。序盤でいったん先頭に立ったが、L1で失速、ミヤビにも離されて最後は4番手争い、結局残れず6着となった。5F戦を内目で追走なので、最後ばてても仕方ないけど、少しバテすぎかな。L2での脚は一番良かったんだし、速度はここでも見劣らないんだけど。2200mは少し長いのかも。


11着サンライズベガ(5人)☆次走微妙:B
ゲート:C ダッシュ:C 切れ:D 持続力:F 騎乗:D

五分のスタートから押して追走、3番手で競馬。3番手のまま動かず中目を追走。3角でかなり手が動いているが追走に苦労、4角でポジションを下げて好位で直線。序盤で一気に下がってしまうと全く見せ場なく完敗。序盤脚を使ったと言ってもかなり緩いペース。休み明けもあったんだろうけど、少し負けすぎですね。
posted by カタストロフィ at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。