(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年02月09日

共同通信杯(GIII)@2/13(日)東京

共同通信杯(GIII)登録馬一覧

オンリーザブレイヴ 56.0
サトノオー 56.0
タツミリュウ 56.0
ダノンバラード 57.0
ディープサウンド 56.0
テキサスルビー 54.0
テラノコブラ 56.0
ナカヤマナイト 56.0
ニジブルーム 56.0
ヒカリキャピタル 56.0
ビッグロマンス 57.0
プレイ 56.0
ベルシャザール 56.0
ミヤビファルネーゼ 56.0
ユニバーサルバンク 56.0
ロビンフット 57.0

地方馬、外国馬
ダブルオーセブン 56.0


重賞馬からFS組、重賞善戦馬、オープン好走馬、なかなかのメンバーが揃った。が、いまだにクラシック路線が混沌としているため、見た目の実績よりも中身をしっかり見ておきたいところだ。


中心はホープフルSでベルシャザールに敗れたものの3着以下を大きく離したナカヤマナイト。ここまで6戦で馬券圏内から外れたことはない安定感と、使うたびにパフォーマンスを上げてきている点も好感だ。百日草特別ではディープサウンドに切れで負けたものの、前で競馬が出来るようになった今なら、しぶとさで抜け出せるか。切れ勝負になると分が悪いので、ポイントはやはり前半のポジションだろう。ここ2走の内容は重賞でも通用するだけのものを見せているし、混戦のここでも期待できそうだが。


相手筆頭には重賞馬ダノンバラード。ラジニケ杯ではオールアズワンを抑えての勝利で力上位は示している。ただ、5Fのロンスパ戦の京都2歳Sではプレイに敗れているように、条件次第で取りこぼすレベルであることも確か。ここ3戦で、キレに関してはやや不安があるように映るので、東京1800mでも勝ち切れるか、となると少し不安はあるか。ただ、5Fのロンスパ戦よりは、3Fの決め手勝負の方が良いのは確かなので、後は東京1800mで多少スピードを問われたときにどうか。地力では最上位だけに、色々なバランスがカギとなってくるだろう。特に序盤の位置取りがポイント。後は57kgがどう出るか。


3番手にはホープフルSでナカヤマナイトをハナ差抑えて勝利を収めたベルシャザール。萩Sではショウナンマイティだけではなくメイショウオオゾラにも先着を許しているので、やはり課題は1800mでの切れ勝負に対応できるかどうか。能力的には前走でナカヤマナイトを抑えているわけだし、この相手でも中心の1頭であることは間違いない。ホープフルSの走破時計は優秀だし、強気の競馬が出来れば重賞制覇も期待できそうだ。


アドマイヤムーンの弟、プレイも参戦。京成杯では直線序盤でかわされるも、手ごたえ以上に最後まで粘っての3着。やはりスピード持続力は相当のものを秘めている。東京の1800mだと、未勝利でも切れ負けしているケースが多かったが、今回はメンバー強化でペース自体が上がる可能性も高いし、極端な切れ勝負にならないようなら、伸ばす余地を残している。ただ、基本的にはスピードで押し切れる舞台がよさそうなので、今回の舞台で勝ち負けまで加われるかどうかが今後を占いそうだが。


唯一のGI馬、全日本2歳優駿を制したダート馬ビッグロマンスが芝に挑んできた。グラスワンダー×ダンシングブレーヴと血統的にはダートよりは芝向きの馬ではあるが、新馬戦ではこれと言って目立つほどの競馬は出来ていない。ダートでの実績をそのまま芝に持ち込むのは危険だし、57kgもあまり良い材料ではないが、今年のクラシックは混戦だけに、案外面白いかもしれない。


2戦2勝で底を見せていないサトノオーだが、前走はレッドデイヴィス降着の繰り上がりでの勝利。もちろん多少不利はあったが、そこまで致命的ではなかったし、前走のパフォーマンスでは、まだ難しいかなとも。ただ、それでも今年のクラシック路線は混戦で、はっきりと力関係に上下が付いているわけではないので、3走目でパフォーマンスを上げてこれればチャンスはある。


前走で謎の殿負けを喫したディープサウンドだが、百日草特別で見せたキレ味はナカヤマナイトを完全に上回っていて、東京1800mなら当然逆転するだけのものは持っている。その時計も優秀で、それだけに、前走全く競馬にならなかったことが気がかり。単純な能力やキレだけなら、重賞を勝てるだけのものは持っているんだし、東京1800mの舞台なら、巻き返してほしいところだが。


若駒Sで2着のユニバーサルバンクも東京1800mでどういう競馬が出来るか。5戦すべて1周コースの2000mでの内容で、1800mでキレ味を問われたときにどうなるか。良くも悪くも未知数な部分が多い馬で、かつそれなりの先行力がある。不気味なところはあるが、時計的にはそれほど強調できない。


他にもニジブルームやタツミリュウあたりも出走し、なかなか難解なレースではあるが、面白い一戦になりそうだ。



ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット




=(PR)==========================================
無料でGIは当然のこと、重賞の情報が手に入ります。
これから春にかけて、GIシーズンが続きます。
今から無料募集中の内に、どの程度信頼できるか
参考にするのもいいかもしれませんね。

PCの方はこちら↓
derby-premium468_60.gif


MBの方はこちら↓
http://mo.derby-premium.com/?code=6504

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都記念@2/13(日)京都

京都記念(GII)登録馬一覧

オウケンブルースリ 58.0
シャドウゲイト 58.0
セラフィックロンプ 55.0
ダノンシャンティ 58.0
トゥザグローリー 56.0
トーセンキャプテン 57.0
ヒカルカザブエ 57.0
ビッグウィーク 58.0
ヒルノダムール 56.0
プロヴィナージュ 55.0
ホワイトピルグリム 57.0
メイショウベルーガ 56.0
ロードオブザリング 56.0


頭数はそれほどでもないけど、やはり近年稀にみる超豪華メンバーですね。冬とは思えない、アツい一戦を期待。ただ、豪華メンバーで、高いレベルではあるが確たる中心馬はなく、混戦ではある。


その中で、やはり期待したいのが菊花賞馬ビッグウィーク。菊花賞では離れた2番手から直線で先頭に立ち、ローズキングダムやビートブラック、ヒルノダムールなどの追撃を振り切る完勝。コテコテのステイヤーと思われているが、夏の小倉でマイネルゴルトをスピードで押し切る強い競馬。神戸新聞杯では超スローの切れ勝負で持ち味を活かせない展開。中距離的なスピード、4F戦の持続力も問われる京都2200mという舞台は、まさにこの馬の力を測るにはもってこいの舞台だろう。相手は揃ったが、菊花賞馬の意地を見せられるか。


相手筆頭は有馬記念3着馬、中日新聞杯でコスモファントム相手に完勝、3着以下を千切ったトゥザグローリー。有馬記念ではL2で最速11.1に対応し、L1でしぶとく食らいついたのは見どころ。中日新聞杯では向こう正面で内から楽に追い上げることが出来たとはいえ、L1最速11.1を差し切る鮮やかな切れ。やはり身上は切れだろう。ただ、ヤヤオモでタフな馬場だったカシオペアSは時計勝負となったが、ここでナムラクレセントを相手に1馬身3/4と完勝しているし、有馬記念も11.1を問われたが、それ以上に5F戦だったということも。単純に切れるだけじゃなく、それを持続させる脚も備えている。相手は強力だが、ここは楽しみな一戦だ。


3番手には勝ち切れない善戦マンのヒルノダムール。いまだ重賞未勝利というのが信じられないが、皐月賞2着、鳴尾記念2着、日経新春杯2着と、負けた相手はいずれも強敵。持続させる脚は通用するが、極端な切れ勝負では分が悪いので、引き続き京都の外回りは良さそうだ。勝ち切れないのは位置取りによるところと、キレ負けが大きいし、今回も相手は強力だが今の京都の馬場状態はこの馬にとっては追い風になるか。昨年の春の段階では主役候補の一頭だったことは事実。そろそろ重賞勝利を皮切りに本格化といきたいところだが。


超絶レコードでNHKマイルCを制したダノンシャンティも完全復活を目指す。NHKマイルからぶっつけの有馬記念では、位置取りの差もあったが、内容的には悪くないものだった。距離に対しては、超スローからの5F戦ということで、ペースが上がってどうかの不安はある。3F戦の切れは毎日杯でも見せていて、相手も強敵揃い。NHKマイルも相当のハイペースを大外からぶっこ抜いた。能力的には疑う余地もない。後は、距離と適性の問題だろう。この馬が王道路線に乗ってくれば、今年の競馬界は間違いなく盛り上がる。


菊花賞馬と言えば、オウケンブルースリも忘れてはいけない。去年は不完全燃焼だったが、一昨年はウオッカにJCで迫った馬。近年最強の4歳世代の前に厚い壁として立ちはだかることが出来るかだ。長期休み明けの京都大賞典ではメイショウベルーガに完敗しているが、順調に使えてきた今なら、挽回することも可能か。近走の不甲斐ない走りは不安ではあるが、実力的にも軽視は禁物。


混合重賞2勝、3冠牝馬アパパネにエリ女で先着しているメイショウベルーガも怖い。京都大賞典ではオウケンにも完勝だが、3着以下を大きく引き離す圧勝劇。エリ女でもスノーフェアリーのイン突きぶっこ抜きには流石に手も足も出なかったが、3冠牝馬アパパネをしっかり下しての2着。京都の外回りで、厳しいペースになれば驚くほどに走る。使い詰めできて、少し間隔が開いた分が同課の不安、相手が超強化という点もあるが、この馬の力を一番引き出せる舞台だけに、この相手でも十分通用してきそうだが。


シンガポール航空国際Cで海外GI勝利をしているシャドウゲイトも参戦。近年は流石に衰えを隠せないが、それでも昨年はAJCC2着、中京記念勝利と力を示している。今回は05菊花賞以来実に約5年半ぶりの京都という舞台がカギか。相手も相当に強化され、今までとは違う上に、半年の休み明け。条件は悪いが、その分ノーマークで進められる。楽に単騎逃げさせると、怖い馬だけに警戒が必要だ。


混合戦でも力を出してきたプロヴィナージュ。京都大賞典では一瞬見せ場を作る3着。重賞勝利こそないものの、安定して上位に食い込んでくる渋いスピードとしぶとさのバランスが持ち味。そういう意味では京都2200mという中距離のスピードと持続力のバランスが問われるコースでは侮れない。京都芝の経験自体は少ないが、京都大賞典、秋華賞で3着を含め3戦して馬券圏外なし。タフさでは引けを取らないので、この条件ではむしろ注意が必要だ。休み明けだが、鉄砲は効く方なので、人気の盲点になれば面白い。


これだけの超豪華メンバー、予想するのが本当に楽しみな1戦だ。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
無料でGIは当然のこと、重賞の情報が手に入ります。
これから春にかけて、GIシーズンが続きます。
今から無料募集中の内に、どの程度信頼できるか
参考にするのもいいかもしれませんね。

PCの方はこちら↓
derby-premium468_60.gif


MBの方はこちら↓
http://mo.derby-premium.com/?code=6504

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリオーソがフェブラリーS正式参戦!鞍上はデムーロ

 ダートG1フェブラリーS(20日、東京)に登録、出否未定だった公営の雄フリオーソ(牡7=船橋)の参戦が8日、決まった。


 オーナーサイドと協議を重ねていた川島正師が浦和競馬場で表明。「これまでの状態を維持していけばいいだろう。鞍上はミルコ・デムーロの予定」とした。同馬は史上最多3度目の地方年度代表馬に輝き、今年初戦のG1川崎記念を圧勝。フェブラリーSで地方馬初のG1・6勝目を狙う。



引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110209-00000050-spn-horse


エスポワール、スマートファルコンがいないので、少し物足りないかなと思っていた今年のフェブラリーSですが、久しぶりに地方の雄が参戦。メイセイオペラ以来の悲願の地方所属馬による中央GI制覇なるか。南関の雄フリオーソの参戦はグッドニュースですね。芝スタートでスピードが問われる府中のマイルで、力が発揮できるかどうかがポイントではありますが、力は間違いないですからね。これでフェブラリーSの楽しみが増しました。




ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
無料でGIは当然のこと、重賞の情報が手に入ります。
これから春にかけて、GIシーズンが続きます。
今から無料募集中の内に、どの程度信頼できるか
参考にするのもいいかもしれませんね。

PCの方はこちら↓
derby-premium468_60.gif


MBの方はこちら↓
http://mo.derby-premium.com/?code=6504

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。