(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年03月08日

中山牝馬S(GIII)@3/13(日)中山

中山牝馬S(GIII)登録馬一覧


アグネスワルツ 56.0
アプリコットフィズ 56.0
アンシェルブルー 54.0
オウケンサクラ 56.0
ギンザボナンザ 54.0
コスモネモシン 55.0
コパノオーシャンズ 54.0
シンメイフジ 55.0
セラフィックロンプ 56.0
ダイワジャンヌ 54.0
ディアアレトゥーサ 55.0
トゥニーポート 54.0
ヒカルアマランサス 56.0
ヒラボクビジン 51.0
プロヴィナージュ 56.0
ブロードストリート 56.0
モーニングフェイス 51.0
リビアーモ 55.0


地味に好メンバーが揃ったなあという印象。煮え切らないけど実力上位の馬が結構出走していて、面白そうな4歳馬も揃った。 ハンデ戦らしい混沌としたレースだが、楽しみな一戦。


中心はプロヴィナージュだろう。最悪のクラシックだった08世代から意地を見せるフレンチ2騎のうちの1頭だ。良い先行力とスピード持続力の持ち主で、その能力は混合戦でも上位に食い込むほど。京都記念では休み明けに強敵相手で切れ勝負と、持ち味を活かすことは出来なかったが、中山1800mならスピードを存分に活かせる舞台。ハンデは56kgと、かなり見込まれた印象ではあるが、まだ重賞を勝っていないので、そろそろ戴冠といきたいところだ。


相手筆頭は4歳馬でクイーンS勝ち馬のアプリコットフィズ。秋華賞では先行してしぶとく粘るも、上位2頭のキレに屈した形。1800mでの先行力はクイーンSで証明済みで、ここでは強豪プロヴィナージュを抑えて勝利をモノにしている。それだけに、前走引っ掛かって持ち味を出せなかったことだけが不安要素になるだろう。能力面では最上位を争えるだけに。


3番手にはオウケンサクラ。同じ舞台のフラワーCではスローに落として二の脚で突き放す強い競馬。天皇賞秋では古馬一線級相手に4着と踏ん張った。力はあるが、ペースが上がると持ち味を出せないタイプだけに、スピード馬が集まったここでどういう競馬が出来るかは試金石の一戦となる。ハンデ56kgも有力馬と同じ斤量で、その辺のプラス要素はない。休み明けで強敵ぞろいだが、昨年の春を思い出せば、当然上位に絡んでくる力はある。


ヒカルアマランサスも差はない。イマイチぶりに磨きがかかってきたが、スピードを問われる展開になれば、ブエナビスタに肉薄しているように能力は高い。この馬は一瞬で切れるというようなタイプではなく、徐々に加速していっての馬なので、中山1800mだと狙いは下がりそうだけど、今回は強い先行馬が多数いて、極端にスローの切れ勝負になることは考えにくい。持ち味さえ出せれば能力は最上位。


福島記念で牡馬相手に好走したディアアレトゥーサも圏内。相手も中堅どころだったし、ハンデ51kgだったとはいえ、内容的には強い2着。嵌った馬に足元をすくわれたものの、重賞戦線でもやれる目途をたてた。今回は牝馬限定だが、むしろ相手強化の感はあるし55kgだとどうかの不安もある。が、紫苑Sでは多少ロスがあったとはいえコスモネモシンを抑えての勝利。能力面でも通用するぞ。


地味な馬から脱却できないがセラフィックロンプも、ここで堂々と渡り合える実力の持ち主。京都記念ではプロヴィナージュ同様、ハイレベルの切れ勝負で持ち味を活かせなかった。やはりスピードを存分に生かせる舞台が望ましい。すんなり先行すれば、今回の強力なメンバー構成ならスローのキレ勝負になることは考えにくいので、実力は発揮できるか。


ブロードストリートがなかなか復活し切れない。愛知杯で勝ちに等しいレベルの好走をしたと思えば、京都牝馬Sでは見せ場なし。なかなか軌道に乗れないうえに、今回は56kg。斤量面での恩恵はないので、実力に期待するしかない。中山は初めてということになるが、トリッキーな中山1800mでは不安の方が大きいか。そろそろローズS以来の重賞制覇といきたいところだが、今回は強敵が揃ったか。


上がり馬で気になるのはやはりトゥニーポート。初音Sでは強敵相手に番手から抜け出しハナ差なんとかしのいだ。2000mは若干長い印象を持つので、この距離ですっとハナに立てるようなら面白い存在だ。少し安定には欠くもののこの相手で54kgなら軽い部類。


他にもリビアーモやアグネスワルツ、ダイワジャンヌ、コスモネモシンといった脇役陣も固まって、超豪華メンバー。ヴィクトリアマイルへ向けて、春を告げるのはどの馬か。

ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
無料でGIは当然のこと、重賞の情報が手に入ります。
これから春にかけて、GIシーズンが続きます。
今から無料募集中の内に、どの程度信頼できるか
参考にするのもいいかもしれませんね。

derby-premium468_60.gif


============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブエナビスタが剛腕ムーアとのコンビでドバイへ?

 優勝賞金600万ドル(約4億9200万円)の世界最高賞金レース、ドバイワールドC(26日、メイダン、GI、AW2000メートル)に参戦する昨年のJRA年度代表馬ブエナビスタ(栗・松田博、牝5)は、08、09年の英国リーディングジョッキー、ライアン・ムーア騎手(27)の騎乗が濃厚となった。6日、ノーザンファームの吉田勝己代表が「ムーア騎手が騎乗できるようなら、依頼することを考えています」と語ったもの。


 昨秋はクリストフ・スミヨン騎手(29)=フランス拠点=が騎乗していたが、スミヨンは先約(マクトゥームチャレンジラウンドIIを勝ったボールドシルヴァノ)があり、陣営は「他の外国人騎手に頼むことになるだろう」と話していた。


 6日になって、昨年のエリザベス女王杯を勝った英愛オークス馬スノーフェアリー(英=E・ダンロップ、牝4、父インティカブ)が、オールウェザーを嫌ってドバイWCを回避し、ドバイシーマクラシック(GI、芝2410メートル)に向かうことが判明。主戦ムーアのドバイWCでの騎乗馬がいなくなったことから、白羽の矢が立った。スノーフェアリーの正式な出否、ムーア騎手の騎乗予定などを確認したうえで、正式決定となる見込み。なお、ブエナビスタは7日、国内最終追い切りを行う予定だ。


引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110307-00000514-sanspo-horse


ライアン・ムーアとブエナビスタですか…。見ている感じだと、かなり追えるというか、馬をギューンと伸ばしていく技術に長けている感じですね。デビュー戦のラトルスネークや、スノーフェアリーのエリ女とかも強烈でした。馬の能力もあると思うけど、ブエナビスタとは合いそうな気がしますね。個人的にはムーアが乗るというより、スノーフェアリーがシーマクラシックの方に行くという方が残念ですね…。ブエナとの対決を見たかったなあ…。

ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
無料でGIは当然のこと、重賞の情報が手に入ります。
これから春にかけて、GIシーズンが続きます。
今から無料募集中の内に、どの程度信頼できるか
参考にするのもいいかもしれませんね。

derby-premium468_60.gif


============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。