(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年03月09日

武豊が引退をほのめかす…?

 本日8日(火)発売の「週刊アサヒ芸能」(3.17)では、『「僕もそろそろ調教師の道を…」天才が「引退」をほのめかした痛恨の理由』と題し、天才ジョッキーとして名を馳せた武豊の近況を伝えている。


 03〜05年には3年連続で200勝超えを達成していた武も、徐々に勝ち鞍が減ってくると、昨年は69勝に落ち込み、今年も2月末までの成績は僅か9勝にとどまっている。


 同誌にコメントを寄せるスポーツ紙競馬担当デスクは、「今、豊はエージェント(馬の手配師)任せでなく、自分でも馬の確保に動いています。こんなことは4、5年前には考えられなかった。危機感を感じているんでしょうね。それでも有力馬の騎乗依頼が外国人騎手に行ってしまい、簡単に流れは向かないと思いますが」と述べている。


 同誌によると、武自身も、競馬サークルが外国人騎手重視の姿勢になっていることを承知しているとはいうものの、それでも、09年のジャパンカップでウオッカ騎乗をフランスのルメール騎手に変えられた際には大きなショックを受けたという。これには競馬サークル関係者も「あれ以降、明らかに気力が失われた。熊沢重文騎手(43)も『このところレースを楽しそうに走っていない』と言っています。後手に回る騎乗が多く、調教師の間では『タメ殺しをしている』との不満も出ている」と明かす。

 
 また、昨年69勝に終わった要因にもある落馬事故(昨年10月/毎日杯)後、回復はしたものの、激しい腰痛を抱えるようになったという武。前出・競馬サークル関係者は、「昨年2月に、1歳半下のダービー騎手・角田晃一(40)が調教師試験に合格した時のこと。豊は親しい記者に『僕もそろそろ調教師の道を考える時が来ているのかな』と、しんみりこぼしたといいます。近年の成績不振や落馬後遺症の他、ちょうど父親の武邦彦が調教師を引退したことも関係しているんでしょう」と語っており、天才・武の今後に注目する必要がありそうだ。


引用先:http://news.livedoor.com/article/detail/5397323/


う〜ん、真偽のほどは定かではないにせよ、こういうニュースが出てきても違和感が無いほどの状態なのが今の武豊ですからね。競馬ファンなら誰もが通ってきたはずの武豊を敢えて買わずに穴馬券。最近ではその発想すらなくなってしまうほど、劣化が激しい。それでも、時々武豊らしい騎乗もしているんだし、競馬界の第一人者が寂しい離れ方をするのは悲しいですね。やはり、もう一花咲かせて欲しいし、騎手としてはまだまだ老け込む年齢ではないはず。ノーザンリバーのアーリントンCの騎乗はスムーズでいかにも武らしい競馬だった。最近折り合いを欠くケースが異常に目立つので、そこさえクリアできれば、まだまだやれるはず。交流重賞の鬼なんだし、本来ダートの先行は本当に上手い騎手。頑張ってほしい、偽らざる正直な気持ちですね。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
無料でGIは当然のこと、重賞の情報が手に入ります。
これから春にかけて、GIシーズンが続きます。
今から無料募集中の内に、どの程度信頼できるか
参考にするのもいいかもしれませんね。

derby-premium468_60.gif


============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。