(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年03月18日

フィリーズレビュー(GII)@3/21(祝)阪神

フィリーズレビュー(GII)阪神芝内1400m
登録馬一覧


アイアムアクトレス 牝3 54.0 秋山真一郎 長浜博之
エーシンハーバー 牝3 54.0 武豊 藤岡健一
オーシャンフリート 牝3 54.0 柴原央明 昆貢
カトルズリップス 牝3 54.0 藤田伸二 杉浦宏昭
カフェヒミコ 牝3 54.0 柴田善臣 松山康久
クリアンサス 牝3 54.0 石橋脩 松永幹夫
サクラベル 牝3 54.0 浜中俊 牧浦充徳
スピードリッパー 牝3 54.0 横山典弘 鹿戸雄一
ツルマルワンピース 牝3 54.0 福永祐一 橋口弘次郎
ドナウブルー 牝3 54.0 U.リスポリ 石坂正
ニシノステディー 牝3 54.0 幸英明 尾形充弘
フォーエバーマーク 牝3 54.0 吉田豊 矢野英一
フレンチカクタス 牝3 54.0 北村宏司 大竹正博
マイネショコラーデ 牝3 54.0 蛯名正義 吉田直弘
モアグレイス 牝3 54.0 酒井学 西園正都
ラテアート 牝3 54.0 松岡正海 斎藤誠


大震災の影響で1週遅れとなったフィリーズレビュー。内回りで、近年は桜花賞に更に繋がりにくくなったレースだが、同時に阪神1400の鬼を見つけられるレースでもある。


中心はニシノステディー。サフラン賞で見せた二の脚の突き放し方、相手がライステラスだったことと、それに時計差なしの2着好時計、3着馬がフェアリーS2着と、レースレベルは凄く高かった。東京1400mで良いスピードを見せたというのは、阪神1400でも武器になる。今までの相手関係からも、この相手なら当然能力は最上位なので、スピードを活かした競馬が出来れば好勝負が期待できそうだ。マイルはやはり少し長いと思うので、ここでどこまで強い競馬が出来るかを見ておきたいですね。


相手筆頭はクロッカスSでOP勝ちを果たしたフォーエバーマーク。シャイニーホークをしっかり2馬身差離しての内容は◎。好時計、平均ラップを刻んでL2最速11.0と相当優秀。ニシノステディーと同じようなタイプの馬ではあるが、切れ勝負に対応できているという点では、こちらの方が幅は広いか。能力的にも通用する馬なので、阪神1400のスピード勝負でも期待できる。


3番手には、またしてもダート路線からのタキオン産駒、アイアムアクトレスを抜擢。全姉にはアイアムカミノマゴ、このレースで2着の馬です。今までの芝とは違って、スピード持続力が問われる阪神1400なら問題なさそうだ。ダートの2走は共に破格の時計。能力的に通用することは間違いないので、芝でも問題なく能力が発揮できるかが課題だが、前述のようにプラス要素も一杯揃っているので。ここは楽しみな一戦だろう。


フレンチカクタスも巻き返す。ひいらぎ賞ではデルマドゥルガーをしっかり抑えての勝利、しかしクイーンCでは切れ負けして伸び切れずの完敗。やはりスピードを活かせる舞台の方が良いようですね。ただ、今回は1400mで良質なスピードをもった強敵が相手。スピード持続力が武器の馬としては、ここが試金石の一戦となりそうですね。


シンザン記念で牡馬の壁にぶち当たったドナウブルー。2勝は一貫ペース、スローペースと違うパターンでの勝利だけに、ある程度の適応力は感じるが、阪神1400のスピード勝負ではたして追走をしっかりできるのかがポイントになるでしょう。シンザン記念は内有利馬場だったし、あまり参考にはしなくてもいいかもしれないが、条件的にはここは苦しいはず。序盤からしっかり流れに乗れるか。


クローバー賞で鮮やかに抜け出したサクラベルも参戦。ファンタジーSではタフな馬場の中、ハイペースで飛ばして撃沈したが、ある程度は仕方ない。阪神1400ならもう少しフラットな展開になるだろうし、マイペースで運べれば面白い存在。休み明けの不安とクローバー賞のレースレベルがどうなのかの不安はあるが。


函館2歳S2着のマイネショコラーデも復帰。函館2歳Sでは先行抜け出し、最後はマジカルポケットに差されたものの、能力の片鱗は見せた。だが、函館2歳組のレースレベルがやや疑問が残ることと、これだけの休み明けは流石にマイナス要因だろう。直前の追い切りを見ておきたい。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット


posted by カタストロフィ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中京記念(GIII)@3/20(日)小倉

中京記念(GIII)小倉芝2000m
登録馬一覧

マヤノライジン 牡10 54.0 石橋脩 梅内忍
シャドウゲイト 牡9 58.0 田中勝春 加藤征弘
チョウカイファイト 牡8 55.0 北村友一 加藤敬二
サンライズマックス 牡7 57.0 福永祐一 増本豊
セラフィックロンプ 牝7 55.0 宮崎北斗 武藤善則
バトルバニヤン 牡7 57.0 中舘英二 千田輝彦
ダイワジャンヌ 牝6 53.0 勝浦正樹 的場均
ドモナラズ 牡6 53.0 太宰啓介 音無秀孝
ラインプレアー 牡6 54.0 長谷川浩大 松永昌博
アンノルーチェ 牡6 56.0 佐藤哲三 田島良保
ナリタクリスタル 牡5 56.0 武豊 木原一良
ブロードストリート 牝5 55.0 鮫島良太 藤原英昭
トゥニーポート 牝4 53.0 酒井学 加用正
ラフォルジュルネ 牝4 54.0 田辺裕信 松田博資
シンメイフジ 牝4 54.0 古川吉洋 安田隆行
オウケンサクラ 牝4 55.0 後藤浩輝 音無秀孝


大きな間隔なく続けられる小倉競馬、芝の状況はかなり悪そうで、外差し傾向が続くのではないかなあと思います。メンバー的には中止前とそんなに変わらないかな。


中心は新潟記念馬ナリタクリスタル。叩き3走目でタフな外差し馬場と、完全に条件が揃った印象だ。ここは相手も揃ったので、ハンデも56kgと手ごろな印象。小倉大賞典ではスピード負けしていた感じなので、距離延長で持続力が問われる展開になれば、力は上位のはず。ここはそこそこのメンバー構成ではあるが、中山金杯で不向きとも思われる切れ勝負でも3着と対応してきているんだし、地力面は上位確実。期待できそうですね。


相手筆頭は3連勝で冬の上がり馬ラフォルジュルネを抜擢。ハンデは54kgと、牝馬であることを考えれば、やや見込まれた印象はあるのの、今の勢いで重賞も突き抜ける。関門橋Sではミドルラップのスピード持続戦で好位から抜け出す強い競馬。重賞でもやれそうな内容は見せているものの、この相手でどこまでやれるのか、力試しの一戦となるでしょう。


小倉大賞典で2着と復調を示したバトルバニヤンも争覇圏内。前走はスピードが問われたミドルラップで後方から徐々に押し上げての差しこみで2着。軽い馬場向きの馬ではあるので、今のタフな小倉でしかも2000mだと若干狙いは下がる。57kgもやや見込まれた感じなので、この辺りがどう出るかだろう。


天皇賞4着馬オウケンサクラも、こちらに参戦。中山牝馬の開催が未定なので、こちらに転戦という形でしょう。天皇賞秋で古馬・牡馬一線級相手に4着と力を見せてはいます。フラワーCでも見せたように、楽に逃げ先行出来るとかなりしぶといですね。マイルCSではハイペースで追走に苦労した形だし、今の荒れ馬場でペースが上がらずに楽に先行出来るようなら怖い一頭ですね。ただ55kgがどうかでしょうね。


善戦どまりのサンライズマックスも、そろそろ2年ぶりの勝利の美酒を味わいたいだろう。中日新聞杯でも小倉大賞典でもあと一歩が足りずに馬券圏内に届かず。今回もハンデは57kgと据え置きだが、相手が弱化した点は強調できそうだ。叩き3走目でこの相手、2000mで多少のタフさが問われる展開になれば、そろそろ勝利が見えてきていい。


シャドウゲイトも出走。近走は全く良いところが無いが、昨年のこのレースの覇者でもあるし、侮ることは出来ないか。着順の悪さより、近走はそもそもハナに立てないケースが目立つ。今回も課題はスタートになりそうだ。まともに競馬が出来れば、強い馬であることは間違いないのだが、58kg外差し馬場と条件的にも手を出しづらいかな。


昨年の七夕賞馬ドモナラズだが、やはり大方の予想通り、その後は鳴かず飛ばず、掲示板にすら入れない状況が続く。切れは一切ない馬なので、今の小倉の馬場状態は大歓迎だろうし、前走1600mの洛陽Sではしぶとく伸びてきていて、一応の復調は示した。条件が揃って重賞馬が53kgの軽ハンデ。そろそろ変わってきていいか。


牝馬重賞善戦級のブロードストリートがそろそろ怖い。愛知杯ではローカル2000の鬼セラフィックロンプ相手の大接戦。京都牝馬では切れ負け。タキオンらしく小倉2000のスピード持続戦は抜群の適性をもってそうだし、タフな馬場だったアンドロメダS55kgでリルダヴァルとそう差がない内容。今の荒れ馬場で後半の4〜5F戦になるようなら一発十分だ。


福島民報杯を勝ったチョウカイファイトも叩き2走目で警戒。前走は1800mでそもそもがスピード不足。前がばてないとさせない馬なので、今の馬場状態でこのメンバー構成なら、出番はやってきそうだ。55kgは思ったより軽くはなかったかなという感じだけど、嵌れば面白い一頭。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット




posted by カタストロフィ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神大賞典(GII)@3/20(日)

阪神大賞典(GII)阪神芝内3000m

登録馬一覧

エクセルサス 牡4 56.0 幸英明
オウケンブルースリ 牡6 58.0 浜中俊
キタサンアミーゴ 牡5 57.0 安藤勝己
ゲシュタルト 牡4 57.0 藤岡佑介
コスモメドウ 牡4 56.0 松岡正海
コスモラピュタ 牡4 56.0 丹内祐次
シグナリオ 牡7 57.0 岩田康誠
トーセンジョーダン 牡5 58.0 内田博幸
トウカイトリック 牡9 58.0 藤田伸二
ナムラクレセント 牡6 57.0 和田竜二
マカニビスティー 牡4 56.0 北村宏司
メイショウドンタク 牡5 57.0 柴田善臣
モンテクリスエス 牡6 57.0 川田将雅
ロールオブザダイス 牡6 57.0 蛯名正義


新興勢力対眠れる古豪という構図が成り立ちそうですね。最近の阪神大賞典の例から漏れず、一線級は出てこないものの、今回は有力4歳馬の力がここで試せるという点では面白いレース。


中心は鰻昇りのコスモメドウ。3000m超のレースで2連勝。特にダイヤモンドSでは圧巻の内容で、しぶとく粘るコスモヘレノスを相手に鋭い切れで捕えて突き放す強い競馬。コスモヘレノス自体が4歳ステイヤー路線でも最上位の馬だけに、ここで勝ってきたというのは大きな自信に繋がりそう。ただ、この時はハンデ差が3kgあった。53kgから56kgという点では、純粋にマイナス要因に繋がることは確か。しかし、もともと万葉Sでは51kgだったし、斤量が上がったから大きく不利があるとも思わない。力を出し切れれば通用していいと思いますが。


相手筆頭が難しいが、距離不安を差し引いてもトーセンジョーダンの勢いが怖い。有馬記念では仕掛け遅れのキレ負けでやられた形だが、AJCCのロンスパ戦では直線でしぶとく抜け出して、強敵相手の勝利。アル共での力関係からも、ここは地力上位間違いなし。後は距離の問題だろう。時計勝負向きで、タフなペースになるかロンスパ戦が好ましい馬なので、阪神3000mでそういう展開になってくれば、力的にも最上位は間違いない。


3番手には、そろそろ衰えが見えだした菊花賞馬オウケンブルースリ。京都大賞典ではメイショウベルーガの後塵を拝し、有馬、JC共に見せ場のない競馬。京都記念では4歳馬の勢いに対抗できずの7着完敗に、流石に全盛期を伺えるだけのものはない。今回は相手はそこそこ落ちるものの、斤量58kgはなかなかに不利。この出来で不利な条件も揃う。阪神内回り向きのしぶとい末脚をもっておらず、軽い馬場向き。これだけの不利を跳ね返すことができるか。


ダイヤモンドSでしぶとく粘って3着を確保したキタサンアミーゴもここなら。前走は上位2頭とは少し離されて、4着ビートブラックとは大接戦ではあったが、L3最速戦で早めに抜け出し踏ん張る競馬での3着なら評価したい。京都2400では先行してしぶとく粘りとおす内容からも、切れ勝負向きというよりは、距離伸びて前々で運び、しぶとさで押し切るというタイプのよう。フジキセキ産駒としては異端ではあるが、群雄割拠のステイヤー路線に名乗りを揚げられるか。


生粋コテコテステイヤーのトウカイトリックも参戦。9歳馬で58kgと大変な条件ではあるが、3000m以上なら別。遠征以降ではイマイチなところもあるが、万葉Sは切れ勝負だったことも大きいか。昨年の覇者で、2着ジャミール、3着メイショウベルーガと考えれば、力的には見劣らないのも確か。少し間隔は開いたけど、立て直してくれば怖い一頭だ。


イマイチ感満載ではあるが、モンテクリスエスもこの条件なら圏内。万葉Sでは完全に力負けだが、それでもしぶとく差しこんでくる脚をもっていて、前がそれなりにばてれば食い込める。そういう意味ではタフな競馬になりやすい阪神3000の方が良いだろう。ダイヤモンドSで完敗したのが残念ではあるが、今回は斤量面で相対的に条件良化。展開一つで勝負圏内まで。


下降線を辿るゲシュタルト、そろそろ巻き返したいところだが。ダイヤモンドSでは先行して伸び切れず。日経新春杯でも同じく、先行して全く伸びずと、かなり深刻。3歳春の段階ではそれほどの力差もなかったはずなのだが、どうにもこの馬自体が波に乗り切れていないのが原因か。まだ劇的に変わってきそうな様子はないが、この距離で再度。
posted by カタストロフィ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。