(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年05月03日

レッドデイヴィス、セン馬の星が裏街道重賞3連勝を目論む@京都新聞杯(GII)レース展望

京都新聞杯(GII) 京都芝外2200m
登録馬一覧

アヤナミ 56.0
アンバーシェード 56.0
オンリーザブレイヴ 56.0
クレスコグランド 56.0
コスモヘイガー 56.0
コスモロビン 56.0
サウンドバスター 56.0
サトノシュレン 56.0
サンビーム 56.0
ステラロッサ 56.0
ダノンシャーク 56.0
ダノンフェニックス 56.0
ディアヴァンドーム 56.0
ディープサウンド 56.0
テンペル 56.0
トーセンレーヴ 56.0
パッションダンス 56.0
ハーバーコマンド 56.0
ファタモルガーナ 56.0
マーベラスバロン 56.0
ムスカテール 56.0
ユニバーサルバンク 56.0
ルイーザシアター 56.0
レッドセインツ 56.0
レッドデイヴィス 56.0


ダービーには繋がりにくいレースで、実際トライアル競走ではないんだけど、一応はダービーの前哨戦の一つ。京都外回り適性が重要なレースであり、今年の時計が掛る馬場の状況なら、ステイヤー的な要素も必要になってきそう。


中心は重賞2連勝で裏街道をまっしぐらのセン馬レッドデイヴィス。3歳春はセン馬のために出られるGIが無く、裏街道路線をもろに走っている形となるが、シンザン記念で内から鋭く抜け出して、後の皐月賞馬オルフェーヴルを下しての重賞初制覇。毎日杯でも序盤で先行し、脚を溜めて直線で弾ける内容でコティリオンを退けての勝利。2200mという距離がどう出るのかという点はあるものの、見せているパフォーマンスは世代でもトップクラスは間違いない。条件はともかく、能力面ではここでは抜けた存在で、重賞3連勝と勢いに乗りたいところだ。


相手筆頭は京都適性を秘めたサンビーム。梅花賞ではスローからの3F瞬発力切れ勝負戦を逃げ切った。良質なスピードはないものの、しぶとさがウリなので、ゆったりと運べそうな外回りの淀中長距離はこの馬の持ち味を存分に生かせるタイプだろう。また、極端な切れ勝負には弱いので、今のタフな馬場もこの馬にとっては追い風となりそうだ。毎日杯の惨敗は、道中の緩急がきつすぎて、小脚を使えないこの馬には辛い展開だったということでしょう。この距離なら馬鹿に出来ないぞ。


3番手には共同通信杯2着のユニバーサルバンクがこの距離で。若駒Sではスローで好位から、伸びては来るものの、切れるという感じではなくジリジリとした2着だった。共同通信杯では好位から、思った以上にしぶとく粘っての2着だが、レースレベル的には疑問符がついた内容で、スローペースで追走が楽だったのも良かった。この2戦から判断すると、1800〜2000だと、本質的にはスピードがやや足りない印象だったので、この距離で楽に先行できるようなら、エンジンがかかればしぶといタイプなだけに怖い一頭だ。


若葉Sで3着と、皐月賞の権利を取れなかったダノンシャーク。NZTに出走も7着と、少しローテーション的にはやや計画性のない形で進められているので、これがどう出るか。つばき賞ではプレイを相手にしっかり差し切っての勝利で、時計もまずまず。能力面では通用して良さそうだし、若葉Sでは平均ペースからの4F戦をしっかり食い込んでいて、適性的な不安もなさそう。ここまでの過程が不安要素ではあるが、能力を出し切れれば。


ディープサウンドはこの距離と淀の舞台で一変に希望を見出すか。百日草特別ではナカヤマナイトを完封しているのだが、ホープフルSで謎の大惨敗。共同通信杯、NZTでは悪くない競馬をしているのだが、どちらかというと緩いペース向きの軽い馬場向きの印象で、ディープ産駒得意の京都ではあるが、今の馬場だと距離延長も含めて不安の方が大きいか。能力面では良い物を見せているだけに、ここでなんとか目途を立てたいところだが。


ムーニーバレーRC賞では道悪の中で中団から突き抜け、淀の外回りの適性をしっかり見せたクレスコグランドが、この舞台で連勝を狙う。なかなか勝ち切れなかった馬がタフな流れで結果を出してきた。ここは相手もレッドデイヴィス以外はそこまで強敵もいないので、展開が嵌れば上位を狙える馬でしょう。これと言って強調できる点は少ないけど、前走の内容なら。


ダノンフェニックスも適性的には面白い。前走重馬場でのムーニーバレーRC賞では4Fのロンスパ戦でしぶとく伸びてきたように、今のタフな馬場の淀でロンスパ戦になればしぶとい末脚を繰り出してきそう。ただ、2200mに距離が短くなって、少しスピードを問われる条件ではあるので、序盤にもう少し良い位置につけたいところではあるか。ジリっぽいがしっかり伸びる馬なので、今の馬場なら。


1勝馬だが重賞好走歴のあるステラロッサも圏内。皐月賞では高い壁に阻まれたが、3着以下とはそこまで離されていないし着順の見た目ほど悪くはない。先行して脚を使わされた形だが、エイシンオスマンやプレイとそう差がないわけで。皐月賞にしてもばてているわけではないし、相手が悪かった感じなので、京都の2200mでもう少し序盤楽に運べるようなら怖い。強調できるほどではないが、相手関係は大幅に楽になるので。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
いよいよ日本ダービーへ向けて、クラシック路線が本格化。桜花賞から始まり、
今年は皐月賞が東京開催。混戦だけに、色々な情報が必要かとも思われます。
古馬路線では、層の厚い4歳馬が快進撃。3歳春の主役から、秋以降の成長を
見せた馬が多数。現在の力関係がどうなっているのか、色々な情報が必要でし
ょう。春のGI戦線を一歩有利に。

dk468.gif

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイシンオスマンがトライアルに続き連勝でGI制覇を狙う@NHKマイルC(GI)レース展望

NHKマイルC(GI) 東京芝1600m
登録馬一覧

アイヴィーリーグ 57.0
アイルトンバローズ 57.0
アストロロジー 57.0
アドマイヤサガス 57.0
エイシンオスマン 57.0
エチゴイチエ 57.0
エーシンジャッカル 57.0
オメガブレイン 57.0
キョウエイバサラ 57.0
グランプリボス 57.0
クリアンサス 55.0
コティリオン 57.0
サウンドボルケーノ 57.0
サトノオー 57.0
ダノンシャーク 57.0
ダンスファンタジア 55.0
ターゲットマシン 57.0
テイエムオオタカ 57.0
ディープサウンド 57.0
ノーザンリバー 57.0
フォーエバーマーク 55.0
プランスデトワール 57.0
プレイ 57.0
ヘニーハウンド 57.0
マイネルラクリマ 57.0
メモリアルイヤー 55.0
ラトルスネーク 57.0
リアルインパクト 57.0
リキサンマックス 57.0
レッドセインツ 57.0
ロビンフット 57.0


今年のマイル路線はなかなかのレベルにあるとは思っているんだけど、どうにもまだ力関係がはっきりしない。皐月賞と同じで、終わってからはっきりと力関係が分かるかもしれないけど、現状良いパフォーマンスを見せてきた馬が多く、馬券的にはなかなか難しい一戦となりそうですね。


中心は皐月賞で単騎逃げを見せ、あわやのエイシンオスマン。そこそこ重い馬場で1分ペースから直線半ばまで見せ場があったように、能力は高い。距離も軽い馬場なら2000はともかく1800mぐらいならこなせそうな感じ。しかし本質的にはニュージーランドTで見せたように番手からの鋭い二の足を活かした付き抜けでしょう。エーシンジャッカルやグランプリボスを問題としない競馬。L3最速、4コーナーで仕掛ける競馬でしっかり伸びたのは大きい。東京マイルで、ある程度スローからの二の足勝負なら当然中心になるべき一頭でしょう。500万下条件ではあるが、阪神1400の平均ペースにも対応できている点から、それなりにペースアップにも対応できそうではあるが、この馬の本質としてはややスローの方が決め手を活かせそうだ。500万下勝ちのパフォーマンスはそこまで評価出来るものではないので。1000通過59秒ぐらいからの決め手勝負なら位置取りの差と、止まらない軽い府中の芝を最大限に活かせる。能力的に図抜けた存在とまでは言えないが、適性面では最高に近い舞台。


相手筆頭は昨年の2歳チャンピオンマイラーのグランプリボス。サダムパテックを相手に強烈な差し切りを決めた朝日杯の内容は素晴らしい。出遅れて流れになんとか乗り、アドマイヤに不利を与えたとはいえ、そこから鋭く伸びて差し切った馬の力は関係ない。今年はスプリングS、ニュージーランドTと勝ち切れない競馬が続く。特にマイルのニュージーランドTでは3着とはいえ、少し力負けの印象は否めない。しかし、今回は京王杯で鋭く抜け出した舞台である府中。朝日杯で長く良い脚を使っていたとはいえ、本質的には京王杯で見せた抜群の切れ味が持ち味なのは間違いない。前が止まらないところでも差してしまえる切れは府中の軽い馬場でこそ。阪神の2戦で敗れ、評価を落とされた2歳チャンピオンの意地を見せてほしい。


3番手に桜花賞であわやの逃げ切りを思わせたフォーエバーマークが東京マイルで浮上。桜花賞ではL3最速戦を自ら作り出してリードを広げながら粘りを見せる。L1で流石に差し馬の勢いに負けたものの、差し有利の展開の中で良く踏ん張った。前後半が早く、中盤が緩むパターンだったレースで、要所で脚を使えていたこの馬は先行勢の中では図抜けた競馬をしていた。前中盤でそれほどペースが上がらず、終いに偏りがちな東京マイルならクロッカスSでも見せたように鋭い二の足での突き放しがみられそう。先週の軽い馬場なら押し切れる。今回は同型に似たようなタイプが多いので、枠順や展開に左右されそうだが、能力的には通用するものを見せていて、楽しみな一戦。


アーリントンCでしぶとく伸びて差し切ったノーザンリバーも面白い。L1の12.4でしぶとく食い込んできたり、もともと芝スタートのスピード持続戦であるダ1400mで連勝してきた馬らしく、良質なスピード持続力をもっていて、いかにもなアグネスタキオン産駒。アーリントンCは前半が割と緩く、そこからは緩みなく進んでいたので最後に差しこめた。反面、ペースが緩んだり極端な切れ勝負には向かないタイプで、その辺が新馬、未勝利の芝で勝ち切れなかった要因かも。レーヴディソールに負けた時も、自分はばてていないが、レーヴディソールが切れすぎた。そういう意味では、展開次第の面をもっている馬。東京マイル自体は合うアグネスタキオン産駒で、馬場にもよるが33秒前半〜32秒台で割と緩急の付かない競馬になるのがベストでしょう。有力な逃げ馬が多く、前につける馬も多い今回は、展開面でも面白い存在になりそうだ。皐月賞では後ろすぎた。もう少し流れに乗れれば。


きさらぎ賞で大逃げを決めて惜しくも差されて2着のリキサンマックスが参戦。NHKマイルは全兄のローレルゲレイロが1番人気を背負って2着に敗れた因縁のレース。弟はどういう競馬を見せるかだが、1番人気にはなりそうもない。どうも評価が難しい馬ではあるが、きさらぎ賞の走破時計自体は相当優秀で、あの時期の馬場の1800mで48秒を自分でラップ刻んで切ってきたわけだし、実際に先着したオルフェーヴルが皐月賞、ウインバリアシオンが青葉賞を勝っているように、レースレベル自体は高かった。若葉Sではペースもあるが、そもそもタフな阪神2000を勝てるような中長距離血統ではないし、仕方ない。NZTでは逃げたものの前半1000通過が約1分と緩いペース。ここでL3最速戦を挑めるほど二の脚は速くない馬。敗因は前半でスピードを活かせなかったこと。スピード能力自体は相当高い馬だし、きさらぎ賞の競馬を見ても、1600〜1800mベストでU字の2000mが守備範囲という感じ。ここは同型が多いが、どの馬も二の脚タイプなので、この馬の平均的なスピードをもってひるまずに自分のラップを刻むことが出来れば、二の脚タイプの逃げ先行馬の脚を追走で使わせることで勝機は見えてくる。今回は穴党にとっては、かなりアツい馬になりそうだ。


毎日杯で強烈な末脚を披露したコティリオンも圏内。レッドデイヴィスのクビ差2着なら、上位に挙がってもおかしくないがラップ面では少し特殊で、前半がそこそこ早いが中盤異常に緩んで、L3最速瞬発力戦というレース。中盤で極端に緩んだせいで、スピードが問われないレースになっている。これが、中盤までフラットに進む東京1600mの舞台ではスピード不足という形で明確に不安要素になる。阪神1800mというのは、前述のように中盤が緩みやすく、前半のスピードが必要ないケースが多くなるので、差し馬が有利に働きやすい。その点からも、先行することがプラスに働き、前が止まりにくくなる東京マイルに変わるのは危険な印象だ。持っている能力面は重賞を勝っても不思議はないと思うけど、マイルは本質的に短いような。


ニュージーランドT2着エーシンジャッカルも怖い。今回のエイシン2頭はいずれも500万下条件で阪神1400を勝ってきた馬が、違う条件でパフォーマンスを上げてきた形で、少し読みにくいところがある。中団から鋭い脚を繰り出して、グランプリボスをしっかり差し切ったというのは評価できる内容ではあるが、L3最速戦でL1が12.2というラップ面からも、少し嵌った印象はある。ただ、この馬はコティリオンと違い、阪神1400mのハイペースでも中団でしっかり追走して抜け出せている点。追走能力があるという点では、こちらの方が適性面で上回っている。NZTでの上がり33.5も優秀で、ペースが上がっても良いタイプなので、NZTがあまり評価されないなら面白い1頭になりそうだ。


皐月賞で外枠を引き、自分の競馬が出来なかったプレイが巻き返す。意外にも1600mは初めてとなるが、この馬はあまり緩まないペースの方が明らかに良いので、マイル短縮でも東京ならプラスに働きそう。今回はリキサンマックスという明らかな逃げ馬がいて、番手だが緩まないペースを好むこの馬にとっては絶好の展開が待ってそう。弥生賞でピサノパテックの僅差2着があるように、能力面では決して引けを取らない馬。マイルの経験がないのは気がかりではあるが、能力を出し切れそうな展開が待っているという点では面白い一頭だ。


ファルコンS勝ち馬ヘニーハウンドは、マイルの軽い馬場での時計勝負がどうなのかの不安はある。父はヘネシー系、母父はダマスカス系クルセイダーソードと、超バリバリのダート血統なので。ただファルコンSの内容自体は、道中緩んでL2最速切れ勝負を差し切っているだけに、ダート血統の印象ばかりでは良くなさそうだ。東京1400の切れ勝負にも対応しているので。ただ、持ち時計が足りないので、軽い馬場でペースが上がって良いタイプかどうかが焦点。侮れないのは確かだが、強く推すには何かが少し足りない印象。


2連勝の無敗馬アイヴィーリーグが不気味。前走は実力馬ダコールを0.3差つけてしっかり退けていて、時計もまずまず。レースレベルもかなり高くて、500万勝ちあがりとはいえ決して馬鹿にしてはいけない印象だ。ただ、このレースも中盤が異常に緩んでいて、スピードがあまり問われないレースとなったため、ペースが上がった時にどうだろうかという不安は当然ある。嵌れば怖い1頭ではあるので、人気が無ければ押さえておきたいところだが。


大穴でラトルスネーク。橘Sでは好位から、比較的先行させたがタフな馬場のスピード勝負とあってか伸び切れなかった。この馬にとっては気性面での課題があまりにも大きい。が、一貫ペースになりそうな今回の条件で、ギムレット産駒得意の軽い東京マイルなら折り合いに苦労もなさそうで、能力を発揮することが出来れば馬鹿に出来ない存在ではある。人気先行の類の馬だったが、新馬戦でのパフォーマンスや、それまでの競馬っぷりからも、決して能力が足りない馬ではない。気性面の成長を待ちたいところだが、ペースが上がって折り合いに苦労しないなら、終いの破壊力は素晴らしいものを秘めているので。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
いよいよ日本ダービーへ向けて、クラシック路線が本格化。桜花賞から始まり、
今年は皐月賞が東京開催。混戦だけに、色々な情報が必要かとも思われます。
古馬路線では、層の厚い4歳馬が快進撃。3歳春の主役から、秋以降の成長を
見せた馬が多数。現在の力関係がどうなっているのか、色々な情報が必要でし
ょう。春のGI戦線を一歩有利に。

dk468.gif

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。