(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年05月05日

ヒルノダムールが、じっと動かず直線で会心の伸び!@天皇賞(春)(GI)レース回顧

天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200mヤ
2011haruten5.gif


13.2 - 11.7 - 12.9 - 13.0 - 13.4 - 12.5 - 12.9 - 12.6 - 13.9 - 12.6 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.4 - 12.1 - 12.5


前半が超スローだが、ラップが緩んだというよりは一定してスローだったという感じ。スタンド前でこのスローを嫌ってコスモヘレノスがハナに行ったときに少しペースが早くなったが、そこまで極端ではない。その後しばらくペースが早いまま1〜2角。このそこそこ早い所でトゥザは脚を使ってハナを奪ってしまった。それを四位は嫌ったのか、2角過ぎで極端に13.9と緩めたところに見事にナムラクレセント和田が呼んでハナを奪う。ここからは全く緩まずの一貫したロンスパ戦と、完全なステイヤーの為のレースと言えそう。


1着ヒルノダムールは、五分のスタートからじわっと押して様子を見ながら好位で進める。序盤に若干掛かりそうになるが、上手く抑える。一周目の3〜4角では馬群の中で最内ゆったりと運ぶ。1角過ぎでペースが上がって縦長になり、外からの押し上げに相対的に中団まで下げることに。2角過ぎで更にナムラがペースを上げ、最内にできたスペースをしっかり追走していく。3〜4角で最内を楽な手ごたえで追走し、出口で仕掛けて6番手5馬身ほどで直線。序盤で内目から仕掛けると一気に伸びて3番手に上がる。L1でしっかり中から突き抜けると外からエイシンフラッシュの強襲を受けるが、最後までしぶとく寄せ付けずに退けてのGI初戴冠となった。これはもう藤田騎手を讃えるしかないでしょうね。前半のスローで脚を使わずいいポジションにつけ、緩急のついた流れにも乗せられずに内で自分の競馬をして徐々に加速して行った。3〜4角でもロスなく立ちまわって直線ズドン。理想的な競馬でしたね。3200mを綺麗に走り切りました。展開面で恩恵があったのは確かですが、6Fのタフなロンスパ戦で結果を出してきたのは、エイシン2着もそうですが、去年の皐月賞の2着馬というのも納得の内容ですね。強い競馬でした。しかしヒルノダムールとエイシンフラッシュはいいライバル関係になりそうですね。このまま何度も戦って名物と化してほしい。


2着エイシンフラッシュはまずまずのスタートから、内の出方を見ながらじわっと下げて中団で競馬。序盤から、やっぱり少し掛かってしまい、抑え気味に進める。何とか馬の中に入れたいところだが、終始外外を追走で折り合い切れない。2角過ぎでナムラが仕掛けてペースが上がり、ここで順位を上げそうになるが抑え込んで中団のまま。3〜4角で馬群の中目を追走し、出口で馬群を割って押し上げて行き、中団外で直線。序盤でペルーサやローズキングダムを置き去りにして鋭く伸びてくる。L1差し切るかというところを、ロスなく立ちまわったヒルノダムールの伸びに屈しての2着。負けはしたけど強いダービー馬が帰ってきましたね。折り合いもかなり際どい所でしたが、何とか抑え込んだ。勝負どころでワンテンポ遅らせた分、最後の伸びにつながったと思いますし、4角〜直線序盤の決め脚の凄さはゾクっとしました。持ち味は抜群の瞬発力と切れであることは間違いないと思うのですが、このハイレベルのロンスパ戦でしっかり横綱競馬が出来たという点は評価を更に高める必要がありそうです。やはり今年の4歳のレベルはかなり高い。


3着ナムラクレセントは出負けしてまさかの競馬。早い段階でおっつけて前目に取りつこうとするが、内枠なので難しく中団まで。行き脚をつけた分、スローも相まって序盤は折り合いを欠く競馬に。正面スタンドの最初のペースアップでは動かず、2角出口で外に出すと、ここでじわっと押し上げに掛かる。ここでペースがガクンと落ちたのを確認した和田が、一気に仕掛けてハナを奪う。そして、レースはここからは緩まない完全なロングスパート戦となった。そのままのスピードでハナを譲らず3〜4角を最内で立ち回って1馬身半差先頭で直線。序盤でマイネルキッツを寄せ付けずに2馬身差を保っていたが、L1で強い4歳2頭にかわされた。それでも単独3番手はしっかりと確保し、強さを見せた。まあ菊花賞好走馬なので当たり前ですけど、自分の想像以上にコテコテのステイヤーかもしれませんね。ステイヤーレースのラップとなった阪神大賞典で完勝したそのままのパフォーマンスをここでも見せられました。出遅れずに序盤掛かるロスがなければもっと…と思わせるだけの内容でしたね。ロンスパ戦になれば今後も出番はありそうです。去年の宝塚記念では惨敗しているんだけど、今年の出来なら面白そう。


4着マカニビスティーは五分のスタートから無理せず中団ぐらいで競馬。折り合いに全く苦労せずに内内で進める。スタンド前のペースアップで相対的にポジションを下げて後方。2角過ぎのペースアップで最内、丁度ヒルノダムールの後ろを追走していたが、ここで反応が悪くポジションを下げる。3〜4角でも最内を立ち回って中団で直線。追われると内からジリジリ伸びてくる。L1でもそのままジリジリ伸びるが、ナムラには届きそうもない4着だった。う〜ん、上がりの掛かるロンスパ戦が良かったんでしょうね。阪神大賞典でも決して悪くない競馬をしていましたし。ただ、今回はこの展開面でつぶれた有力馬が多かったので、着順が上に来たなあという印象であって、今後これ以上を望むのは酷だと思います。長距離重賞を転戦すれば、どこかでチャンスはあるかも。


5着トウカイトリックは好スタートからじわっと押すも、ダッシュがつかずに後方グループの後ろまで下がる。ほぼ最後方で終始進める。3〜4角で最内から内目を追走し、後方で直線。序盤で内目に切り替えジリジリ伸びる。L1でもジリジリばてずに伸びてきたが掲示板争いを制するまでとなった。この馬がスピードについていけない中で5着にきているのがこのレースの本質で、勝負に参加していない馬が勝負に行って強い競馬をした馬には負けて、勝負に行って潰された馬に先着するという内容。4〜5着は評価出来る競馬をしていないんですよね。今回これほど有力馬が潰れてしまうほどにタフな展開だったと言えます。トウカイ自身の持ち味であるタフさは活かせましたが、それだけでは厳しいですからね。上位とは完全な力負けです。ただ、年齢を考えるとよく頑張っていますよね。


8着ペルーサは五分のスタートから押して先行争いに顔を出し、3番手で競馬。道中少し掛かり気味で何度か口を割るが、他の馬とそう変わらない。1〜2角でポジションを落として好位。2角過ぎで抑えようとしたところにナムラが一気にペースを上げる。ここでペースアップせずにゆったり中団。3〜4角で内目から押して追走し、中団で直線。直線序盤で外に出したいが、エイシンフラッシュが壁になる。しかし、関係なく脚色が微妙。L1でも外から伸びきれずになだれ込むだけの8着完敗。序盤に脚を使ったってのはドスローだしそんなに影響ないかな。う〜ん、この敗戦は何が原因なのか。掛かったのも多少はあると思うけど、本質的に距離が長かったのか、ロンスパ戦がダメなのか。ちょっと判断が難しい所ですね。人気先行型なので、次走の人気を見たいところではありますが、基本的には買いづらいような。


11着ローズキングダムはまずまずのスタートからじわっと下げようとするが、窮屈になってスローなので、やはり掛かってしまう。スタンド前で首を上げて折り合いに難を見せる。2角過ぎのナムラのペースアップも追随せずに好位で競馬。3角ですっと動いて外から3番手。4角で仕掛けて5馬身差5番手ぐらいで直線。序盤で既に脚を残しておらず、ずるずる下がって11着の惨敗となった。まあ折り合いを欠いていたのが一点。それでも、他の馬も折り合いは欠いていたので、大きな敗因では無いでしょう。ワンテンポ遅らせて仕掛けても4角で手応えがあやしかったように、ロンスパ戦は向いていないような気がしますね。京都の外周りは本質的に得意では無いような気がします。軽い馬場ならともかく、タフな馬場では。展開も極端でしたし、この馬にとって望ましい展開とは真逆だったと見る方がいいかな。


13着トゥザグローリーはまずまずのスタートから抑え込もうとするが、なかなか折り合えずに先行策。ゆったり進む流れの中で、折り合いに苦労しながらスタンド前。抑え込めずにじわっと前目に。あきらめて四位が早い流れの中で押し上げてしまう。2角過ぎで緩めようとしたところに、間髪いれずにナムラが仕掛けてハナを奪われる。ここでは仕掛けないで好位での競馬にせよ、ペースアップで息を入れることが出来ない。3角で最内から仕掛けられるがいつもの切れがない。追走に苦労して4角でも押して押して3〜4馬身差3番手で直線。直線序盤で早々に脚色を悪くすると、後はバタバタとした感じとなり、そのまま下がっていった。テン乗りで3200mは厳しいでしょうね。しかも、ポジションを上げたところが比較的ラップの早い所で、ラップの落とし方が急すぎて、ナムラの押し上げを簡単に許してしまったりと、かなり流れに逆らった競馬をしていますし、この競馬で勝てるほど相手も弱くないです。今回は騎乗ミスと馬の性格や適性などすべてひっくるめての惨敗でしょうね。



ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
いよいよ日本ダービーへ向けて、クラシック路線が本格化。桜花賞から始まり、
今年は皐月賞が東京開催。混戦だけに、色々な情報が必要かとも思われます。
古馬路線では、層の厚い4歳馬が快進撃。3歳春の主役から、秋以降の成長を
見せた馬が多数。現在の力関係がどうなっているのか、色々な情報が必要でし
ょう。春のGI戦線を一歩有利に。

dk468.gif

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンライズベガが重賞制覇で勢いに乗る!@新潟大賞典(GIII)レース展望

新潟大賞典(GIII) 新潟芝外2000m
登録馬一覧

アドマイヤメジャー 57.0
アルコセニョーラ 52.0
アロマカフェ 56.0
アンノルーチェ 56.0
イケドラゴン 52.0
オペラブラーボ 56.0
オートドラゴン 54.0
キタサンアミーゴ 55.0
ケイアイテンジン 56.0
サンライズベガ 56.0
シゲルタック 52.0
シャイニータイガー 53.0
シャドウゲイト 58.0
スノークラッシャー 55.0
セイクリッドバレー 56.0
ダイワマックワン 53.0
タッチミーノット 55.0
ダンスインザモア 55.0
チョウカイファイト 55.0
デストラメンテ 54.0
ネコパンチ 53.0
ファストロック 50.0
ブライティアパルス 53.0
ブラストダッシュ 56.0
ホワイトピルグリム 55.0
マイネルゴルト 55.0
マッハヴェロシティ 54.0
マンハッタンスカイ 56.0
ミッキーパンプキン 55.0
モンテクリスエス 56.0
ヤマニンウイスカー 54.0
ヤングアットハート 55.0
ロードキャニオン 51.0
ワールドハンター 54.0


ローカル重賞という面々が集まったかなあ。ただ、この中には期待できそうな4歳馬も結構いるので、そういう意味では面白い一戦。力関係の把握が出来ないうえに新潟外と、少し難しいかな。


中心は前走で重賞初制覇の勢いを駆るサンライズベガ。小倉大賞典では先行策からしぶとく抜け出しての内容。内容的には一貫ペースでスピードのに乗って良い先行力を見せての競馬。この馬は新潟外回り適性も見せていて、先行しながらも鋭い二の足を使えるタイプ。ある程度時計勝負になった方が良いタイプではあるが、安定して上位に来る理由にはこの先行力と二の脚が武器になっているように思える。以前新潟で戦った時よりも相手は揃った感じではあるので、この辺りがどうかだが、先行して自分の競馬が出来ればまず大崩れはしないだろう。休み明けも苦にしないタイプなので。


相手筆頭は新潟得意のセイクリッドバレー。いかにもなギムレット産駒らしく、軽い馬場で直線が長くL1で落ち込むレースで物凄く強い。新潟大賞典、関屋記念と共に鋭い末脚を繰り出して2着。勝ち切れないが上がり最速レベルの末脚は確実に出してくる馬。鋭い切れ味を持続させるのが武器で、序盤の先行力のなさが弱点なので、コーナー2つの新潟2000mはスピード不足が問題にならない絶好の舞台。適性だけならこの相手でも通用しそうだ。


3番手には4歳勢から復活を賭けるアロマカフェ。ラジオNIKKEI賞の勝ち馬で、セントライト記念3着と、4歳勢でも能力を示してきた馬。菊花賞は距離、中山記念は相手が悪かったのもあった。ラジニケ賞のレースレベルは近年稀に見るハイレベルで、ここで4F戦をしっかり押し上げて勝ち切るってのは相当な競馬。能力は間違いなく高い。後は、新潟2000mの切れ勝負に、持ち前の持続力が相殺される可能性でしょう。ただ、青葉賞でもペルーサにはともかく、切れ負けしているわけではないし、ラジニケまではトゥザグローリーと展開次第で着順が変わるほどの馬だったわけです。この馬はGI戦線に乗ってきてほしい馬。条件はともかく、地力はここでは最上位だと思っています。


4番手には、前走で復調の兆しを見せた古豪シャドウゲイト。中京記念ではタフな展開の中を2番手で競馬し、5Fのロンスパ戦で最後までしぶとく抵抗。持ち味のしぶとさが活きたともいえる内容ですが、先行して粘ったのがこの馬だけですので、能力はそう落ちてはいないはずです。あの展開のナリタクリスタルは相当強いので、0.4差は仕方ない。ただ、説明の通り、持ち味は先行してのしぶとさ持久力であって、キレではないので、新潟で58kgを背負っての切れ勝負となると条件は悪いと言わざるをえませんね。能力は高いが、適性で見劣るのは間違いなさそうです。


今回はサッカーボーイ産駒2頭が熱い。1頭は2000mでの末脚爆発スノークラッシャー。前走でも悪くない競馬はしていたんですが、流石に位置取りが悪すぎた。それに、結構タフな競馬になって、この馬の持ち味である軽い末脚が活きなかった感じ。加速し切れば良い脚を使えるので、新潟2000なら序盤の位置取りは前走ほど気にしなくていいし、末脚が活きる舞台。食い込んできても。


もう一頭のアンノルーチェは前走で少しパフォーマンスを上げてきた。夏の軽い馬場での3F切れ勝負で勝ってきた馬だったのが、前走はタフな競馬で展開が嵌ったとはいえしっかり食い込んできた。レースレベルも悪くない中でのものだし、これは素直に地力強化と見ておきたい。本来は軽い馬場で時計勝負の中での決め手勝負向きだと思っているので、新潟外2000は良さそう。極端なスローになればともかく、ここでは侮れない存在。


コテコテのステイヤーレースである阪神大賞典から、極限の切れ勝負新潟2000mでどうかのモンテクリスエスも地力は侮れず。序盤のスピードがないので、2000mとはいえ追走に脚を使わなくて済むこの条件は良いはず。純粋な切れ勝負向きの馬ではないが決して切れがない馬ではなく、対応してL1で差しこんでこれるタイプ。新潟はロベルト系という観点からも悪くなさそうで。長距離のイメージで嫌われるようなら一考の余地はありそう。


大物候補から抜け出せないアドマイヤメジャーは新潟外で一発を賭ける。アンドロメダSではタフな競馬で完勝していて、時計も優秀。一番の評価は昨年の垂水S完勝で、同日の宝塚記念と時計比較しても全く遜色ない時計ラップ内容。能力はかなり高いものを秘めているはずだが、それが出し切れない。タフな展開向きなので、新潟外の適性は未知数だが、アグネスタキオン産駒に母父キングマンボ。加速し切れば良いスピード持続力を秘めているタイプだと思うので、上手く嵌るようなら。そろそろ重賞の1つぐらいは取りたいところだが。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
いよいよ日本ダービーへ向けて、クラシック路線が本格化。桜花賞から始まり、
今年は皐月賞が東京開催。混戦だけに、色々な情報が必要かとも思われます。
古馬路線では、層の厚い4歳馬が快進撃。3歳春の主役から、秋以降の成長を
見せた馬が多数。現在の力関係がどうなっているのか、色々な情報が必要でし
ょう。春のGI戦線を一歩有利に。

dk468.gif

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。