(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年05月11日

桜花賞3着馬トレンドハンターが引退…

 2011年フラワーカップ(GIII)に優勝したトレンドハンター号(牝3歳 栗東・松田 博資厩舎)は、本日(5月11日(水))付で競走馬登録を抹消しましたのでお知らせいたします。


 同馬は今後繁殖馬となる予定ですが、行き先は未定です。


引用先:http://jra.jp/news/201105/051102.html


う〜ん、思ったより重症だったんですかねえ、残念な限りです。芝はもちろんのことですが、ダートでどれぐらいやれたのか見たかった馬でしたね。牝馬ですし、この時期の引退は残念ですが(まだ繁殖にギリギリ間に合うのかな)良い産駒を送り出してほしいですね。お疲れ様でした。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
いよいよ日本ダービーへ向けて、クラシック路線が本格化。桜花賞から始まり、
今年は皐月賞が東京開催。混戦だけに、色々な情報が必要かとも思われます。
古馬路線では、層の厚い4歳馬が快進撃。3歳春の主役から、秋以降の成長を
見せた馬が多数。現在の力関係がどうなっているのか、色々な情報が必要でし
ょう。春のGI戦線を一歩有利に。

dk468.gif

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアシェイディが競走能力喪失の故障…

 2008年のアメリカJCCを制したエアシェイディ(牡10歳、美浦・伊藤正)が11日、左前浅屈けん不全断裂を発症した。

 昨年の天皇賞・春で17着に敗れたあと、右第1指骨はく離骨折が判明。今週の京王杯SCで1年ぶりの復帰戦に臨む予定だったが、美浦坂路での追い切りで故障した。競走能力喪失と診断され、このまま引退する見込み。通算成績は37戦7勝。重賞は1勝だけだったが、08年と09年の有馬記念で3着に入るなど、強敵相手でも堅実に走る個性派だった。


引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110511-00000030-dal-horse


重賞1勝しかしていない印象は全くないですよね。中山の鬼で、ネヴァブションやマツリダゴッホとともに中山GIIを賑わせてきた名脇役ですね。府中マイルでも適性を見せていて、かなり幅広い対応を見せてきた馬です。だからこそ、いろんなところで善戦できたんでしょう。有馬2年連続3着と、ナイスネイチャばりの善戦マンでしたが、もう10歳…競走能力喪失ということで、復帰はかないませんでした…今までお疲れ様でした。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット

posted by カタストロフィ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョーカプチーノが前走の不利の鬱憤を晴らせるか@京王杯SC(GII)レース展望

京王杯SC(GII) 東京芝1400m
登録馬一覧

アポロドルチェ 57.0
アンシェルブルー 55.0
アースサウンド 55.0
エアシェイディ 57.0
エアマックール 57.0
エーシンフォワード 59.0
エーシンホワイティ 57.0
カジノドライヴ 57.0
ガルボ 57.0
クレバートウショウ 57.0
コスモセンサー 57.0
サニーサンデー 57.0
サンカルロ 57.0
シャウトライン 57.0
ショウナンアルバ 57.0
ショウワモダン 59.0
ジョーカプチーノ 58.0
シルポート 58.0
シンボリグラン 57.0
スズカサンバ 57.0
ストロングリターン 57.0
スピリタス 57.0
ドリームバレンチノ 57.0
ヒットジャポット 57.0
ファリダット 57.0
フィフスペトル 57.0
フラガラッハ 57.0
プリンセスメモリー 55.0
マイネルクラリティ 57.0
ユキノハボタン 55.0
ラインブラッド 57.0


なかなかの豪華メンバーではありますが、中心となる馬となると、なかなか難しい難解なレースとも言えそうです。特に特殊な東京1400mという舞台でもあるので、小器用な脚を求められる条件に対し、有力馬は割と正攻法での競馬が多い印象。


中心はNHKマイルCの覇者で、スプリントでも抜群のスピードを見せていたジョーカプチーノ。前走の高松宮記念では、ダッシャーゴーゴー川田に不利を受けてスピードに乗り切れずに完敗を喫したが、スピード持続力とスピードの絶対値は現役短距離路線でも屈指の実力。マイルまでこなせるわけで、1400mは問題なさそうに見えるが、ペースを上げにくい東京1400mだと不安が先に立つ印象だ。切れでは圧倒的に見劣る馬なので、序盤のスピードでどれだけのリードを作れるかがポイント。坂スタートで加速しにくい東京1400mだと、ダッシュがつくまでにテンの速い馬に襲われる危険性もあるので、同型の出方次第の印象が強い。自分の競馬を貫ければ、現役屈指のスピードが活きるが、そういう競馬に持ち込みたいところだ。


相手筆頭は、宮記念で鋭く差しこんできたサンカルロ。前傾ラップでタフさが問われた前走の阪神1200m宮記念では、最後に凄い脚で突っ込んできた。いいスピード持続力を持っているが、やはり序盤に加速がつくまでに時間が掛かるタイプなので、緩んでの切れ勝負になりやすい東京1400mではジョーカプチーノ同様不安が先に立つ。宮記念でも緩まない前傾ラップを追走することでギアを上げて最速に持って行けたので、東京1400のように直線までゆったり、直線で一気にギアを上げる必要のあるコースだと、少し強気の競馬が必要になるか。能力は間違いなく最上位だが、瞬発力が問われるとどうか。


3番手にはマイラーズCを好時計で逃げ切ったシルポート。ここまで勝たれると、もう軽視はできませんね。苦手と思われていたマイルで覚醒。今年はシンザン記念とマイラーズCを鮮やかに逃げ切った。シンザン記念は内有利の馬場、逃げが楽なラップだったのでともかく、マイラーズCでは平均的なラップを刻んでL3最速でも鮮やかに逃げ切った。この馬も不安は東京1400mのレースですね。1400mには実績がない馬なので、ここですっとハナを楽に切れるのかどうか。また、ハナを切れても緩めて切れ勝負に持ち込んでしまうと危険がある。平均的なラップを東京1400という舞台で刻めるかどうかですね。


4番手には昨年のマイルCSを制したエーシンフォワードだ。マイルCSでは超ハイペースを中団から抜け出し粘り込む競馬で、残念ながらこの舞台にはつながりそうもない競馬。決め手勝負になると分が悪いのは、昨年の同レースでも明らかで、東京1400ではスピード切れ共に少し足りない印象。序盤にもう少し前目で競馬出来ないと、苦しい気がします。ただ、今回は平均ペースを好む逃げ馬が多いので、ペースが早くなって持久戦になるようなら出番が来るでしょう。どちらにせよ本番は次なので、次に備えての中団からの競馬を意識するなら、ここではどうか…。


14番人気でマイラーズC2着と波乱を演出と共に、頭角を現してきたのがクレバートウショウ。平均ペースからのL3最速戦を追走してシルポートと共に粘りとおしての内容。L3最速の切れに苦労しないまま、最後までしっかり粘れていたのは評価。今まで足りなかった時計面を大きく上積みしてきたので、今までの実績だけでは測れませんね。いい位置につけられるようなら、再度上位に絡んできても不思議ないです。


マイラーズCで惨敗も、スピードが問われる舞台で安定してきたガルボもここなら圏内。すっと先行できるテンの速さが魅力的で、序盤の位置取りが最重要な東京1400mには合いそうなタイプ。少し緩んでも二の脚はまずまずなので、東京1400mの緩急がつきやすいコースは良さそう。今回は逃げ馬が積極的な馬ばかりなので、これを見てすっと番手につけられるような枠を引けば面白い。マイラーズCの惨敗をどう見るかですね。超切れ勝負には不向きなので、着順ほど負けてないとみても良いか。


ダークホースはシャウトライン。東京は初コースだが、淀短距離Sの2着のように、坂スタートでもすっと先行できるスピードは魅力的。少し緩んでの切れ勝負でも対応してきているし、東京1400なら適性とスピードは上位。1400mが長い可能性は捨てきれませんが、朱鷺Sのように持久戦ではなく、緩急がつけば大丈夫なタイプのはずです。東京1400適性抜群のミスプロ系を穴候補にお勧め。


徐々に復調の兆しを見せてきている昨年の安田記念馬ショウワモダンもそろそろ馬券に絡みたい。前走はハイレベル戦で5着と、全盛期とまではいかないも、存在感を示してきた。ただ、少々恵まれた面もあったのは確か。初の1400mなので、この辺がカギでしょう。序盤どの位置につけられるか。テンはそこまで速くなく、切れも足りないので59kgだと苦しいか。ここで好走するようだと本番が楽しみにはなりますが。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット





=(PR)==========================================
いよいよ日本ダービーへ向けて、クラシック路線が本格化。桜花賞から始まり、
今年は皐月賞が東京開催。混戦だけに、色々な情報が必要かとも思われます。
古馬路線では、層の厚い4歳馬が快進撃。3歳春の主役から、秋以降の成長を
見せた馬が多数。現在の力関係がどうなっているのか、色々な情報が必要でし
ょう。春のGI戦線を一歩有利に。

dk468.gif

============================================(PR)=
posted by カタストロフィ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。