(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年06月27日

イーグルカザン@6/27(日)函館5Rメイクデビュー

メイクデビュー函館 函館ダ1000m良
sinba0627hak4.gif

12.6 - 11.0 - 11.9 - 11.9 - 12.6


3歳未勝利が0.59.7。それを考えるとなかなか優秀ですね。


1着イーグルカザンは父イーグルカフェ母ユウジンカザン(父ジェネラス)産駒。
スタートは五分、押して前に取りついていく形になり2番手で外目を追走。3〜4角でも終始
逃げ馬をマークする形で直線。最後は叩きあいを制して完勝。テンのスピードやゲートセンスは
それほど良くは無かったんですが、スピードに乗ると最後までしぶとい競馬と言う印象でしたね。
なかなかに優秀な時計ですし、次走はどうせ芝ですので、ダートに戻ってきたときは狙いたいです。


2着ナイスカスケードは出負けぎみにスタートしたが押されると良い二の脚で一気に先頭に立つ。
4コーナーの入りぐらいから一気に押し出してリードを作ろうとするが、イーグルにきっちり
マークされ直線。しばらく叩き合いが続いたが、最後は屈してしまった。それでも3着には0.6差と
きっちり突き放しての2着。前半のゲートもロスがあったし、それでいてすんなり前に取りつく
二の脚があった。これは相当評価できるし、前半のラップもそこそこ速かったのでそこでこの脚を
使えたと言うのが大きい。これでゲートの出が良ければ、次走は確実に勝ち負けに絡んで来れる
レベルでしょう。ダートなら勝ちあがりは時間の問題だと思いますね。


3着エンジンゼンカイは好スタートからすっとハナに立てそうな感じだった。だが油断したところに
外からナイスカスケードが上がっていき、それを見た丸山君があわてて追い出すも逃げられず、
内で厳しい競馬になってしまった。内ポケットで3〜4角を立ち回るも、直線では伸び脚が無く、
前2頭に突き放される。それでも最後は後続を全く寄せ付けず、一応3着どおり、3番目に強い競馬を
したとみてよさそうです。前半もう少し行き切ることができれば、少しは変わっていたかもしれない。
ゲートセンスや二の脚のスピードは一枚上手だと思うので、次走しっかり逃げることができれば。


4着ダイヤヘルメスは好スタートで押して行くが、ややスピード負けし好位で落ち着く。3〜4角でも
馬群の狭いところをロスなく立ち回って直線。直線での伸び脚は悪く、逆に3番手のエンジンゼンカイに
突き放される始末。ちょっと厳しいですね。レースレベルは高かったので、相手と人気次第ですね。
積極的には買いづらい。


5着サマーダリアは出遅れてスピードにも乗れず、大きく置かれる。終始追い通しで追走。3角で内を
ロスなく立ち回り、4角で遠心力と鞭でスムーズに外目に持ち出し直線。最後まで伸びていた分、
ラスト落ち込んだところでグイッと食い込んできての5着となった。この出遅れさえなければとも
思えるが、如何せん追走が出来ていなかったのが気がかり。エンジンが掛ればいいんだけど、
次走はその辺を注目したい。


後は見るべき点は無いですね。競走中止が3頭もいたので残念な限りです。
posted by カタストロフィ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156363648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。