(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年08月31日

ダイヤヘルメス@7/24(土)函館1R2歳未勝利

2歳未勝利 函館ダ1000m良
misyouri0724hak1.gif


12.7 - 11.3 - 12.0 - 12.0 - 12.8


500万下で1分切りが4頭という馬場。まあ及第点といったとこですかね。


1着ダイヤヘルメスは父トーホウエンペラー母タカラグリーン(父タマモクロス)産駒。まずまずのスタートから押して番手競馬。3角で楽な手ごたえで内目を追走。4角でサウンドマンボにコーナーワークで突き放され、1馬身半ほどで直線。残り200mでサウンドマンボがばてたところを差しこんできてクビ差捕えての勝利。う〜ん、4角で突き放されちゃって、速度負けの懸念はありますよね。サウンドマンボはまあ未勝利ではある程度強い部類なので、難しいけど、即OPでどうこうとかってのはちょっと厳しいように感じますがね。


2着サウンドマンボは好スタートから一気にハナを取り切る。大きく緩めずに3角で後続に少し詰められる。4角で早めに仕掛けてセーフティを1馬身半ほど作って直線。半ばまでは2馬身ほどのリードを広げるも、最後は脚色衰えてダイヤに差し切られての2着。好スタートからハナを取り切れたのが好走要因でしょうね。テン2F24.0はそこまで速くは無いので、やはりメンバー次第ですかね。まあそのうち順番は来ると思います。個人的には一貫して逃げてほしい。


3着サミットストーンは五分のスタートからある程度押すも追走できずに中団で競馬。3〜4角で外目から、鞭も入り追われるも追走に苦労し直線。直線では外からしぶとく伸びてきて、接戦となった3着争いを制した。3kg減でばてたところを差してきた典型的なラッキー3着ですね。テンも追走に苦労してたし、力的にもレースレベルからも、今回のように恵まれないと厳しいでしょう。


4着アベマリアは五分のスタートから押して押して先行集団の外目。3〜4角でも外から追走。4角ではまずまず良い手ごたえで直線。直線では伸びを欠き、サミットストーンに交わされての4着となった。外枠が響きましたね。3〜4角では良い手ごたえを見せていたので。ただ、テンに行き切るだけの脚が無かったともいえます。12.0-12.0のところで外をまわしたのにスピード負けをしていないので、スピード能力はここでは上位でしょう。相手次第では次走ヒモ穴として面白い存在になりそう。


5着メイショウテンカイはまずまずのスタートから押して追走。外目の3番手。3〜4角で外目から押されるも追走が一杯で直線。直線では意外としぶとく粘ってはいたものの、差し返すほどでも無く、5着。アベマリアとは逆に後半の速度が足りない印象ですね。思い切って行き切ってしまうとか、展開利が無いと勝負圏内までは厳しいか。


6着コスモマスクは出遅れて追走に苦労。3角までには押し上げて中団に。3角〜4角では内目から押し上げていき直線。直線では伸びを欠いて6着。出遅れはあったけど、だからと言ってどうこうというほどの内容では無いです。ばてず伸びずの競馬がずっと続いているので、しばらく馬券圏内どうこうとまでは厳しいでしょうね。
posted by カタストロフィ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011クラシックロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161146748

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。