(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年11月06日

京都の芝は外差しが利いてきた@11/6(土)京都

101106kyo.gif


1番人気が(4.1.5.2)と、勝率は水準並みも複勝率で考えると、2度しか飛んでいないので、3連系の軸としては十分の内容。小牧がダートで2勝と、少し調子を取り戻してきたように感じる。


ダート戦、枠順は京都の割にはあまり極端に内有利と言うこともなく、比較的フラットな結果になったと言える。血統面では上級条件と下級条件で大きく変わってきていて、下級ではミスプロ系が苦戦していて、ヘイロー系、ロベルト系、サンデー系含めてヘイルトゥリーズン系が好調。ところが8Rからはエーピーインディ系のスカイメサ産駒×ミスプロのアメリカンな血統が1着、2,3着はキングマンボ系。10Rではアフリート・ジェイドの古き良きミスプロ系が1,2、フォーティ系のコロナドズクエスト産駒が3着、最終でもアナモリは飛んだが、3着ピュアマリーンはスクワートルスクワート。上級条件戦ではミスプロ系をお忘れなく。あと、クロフネが想像以上に苦戦している感じなのも覚えておこう。下級なら良いが、スピード戦になると今の京都では苦労している。


芝戦、枠順は特にどこがと言う程では無い。血統面でも見事にばらばらではあるけど、印象としてはクロフネやキングヘイローがしぶとかったり、ディープ産駒があっさり突き抜けたりってところを考えると、そろそろ外差し馬場に移行しているのかなと感じる。ラップ面でも後半2Fが掛っているケースが多くなってきたので。その辺が注意ですね。
posted by カタストロフィ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 開催日総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。