(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年11月29日

ブエナビスタのジャパンカップ降着についての見解まとめ

ブエナビスタの1位入線2位降着事件が思った以上に反響が大きく、降着の賛否両論について各所で激論が交わされていますが、それ自体は非常にいいことだと思います。これだけの大舞台で、こういう結果に終わってしまったのだから、何らかの変革をもたらさないと駄目だと思うし、現状の裁定運営システムに大きな問題があるからこそ、これほど大きな問題になっているわけなので。競馬と言う性質上、言っている人間の馬券の内容で客観性が失われるケースも大きいと思いますが、なるべく客観的に判断していくよう努めます。


そこで、個人的に目についた降着当たり前派の方々の意見の中で、個人的にそれは違う、と言う点を挙げます。あと、前提で、パトロールフィルムの正面からの映像を中心に考えています。斜めからだと、真っ直ぐ走っているかどうかという判断が遠近感の関係で上手く判断できないので。


・スミヨンは修正をしようとしていない。
・終始右鞭を続けて強引な競馬をしたスミヨンに擁護の余地なんかないだろjk


これは正面からのパトロールを見てもらえば分かりますが、スミヨンがローズキングダムに併せに行く際に右鞭をつかって進路を変えています。これ自体を斜行と思っている方が多いですが、そもそも斜行と言うのは後方の馬に対しての話なので、後方に十分なスペースがある場合は進路変更をしても当然問題ないわけです。なので、ローズキングダムに併せにいくまでの進路変更は全く問題ありません。


次に、右鞭連打をしている、と言うことですが、そもそも鞭を切り替えたりするのは真っ直ぐ走れていないケースに対して、横からサインを送ると言うことです。パトロールを見てもらえば分かりますが、併せ馬となったローズキングダム、ブエナビスタともども、互いに支え合って綺麗に真っ直ぐ走っています。となれば、当然わざわざ右鞭から左鞭に切り替える必要はありません。なので、左にローズキングダムがいる以上、逆にローズの走行の邪魔にならないように右鞭を連打するのは妥当な行為なんですよね。つまり少なくとも、ヴィクトワールが寄ってくる、つまり真っ直ぐ2頭で併走できている間は右鞭を連打していてもヨレていないわけだから修正する必要が無いわけです。


・ギュイヨンは修正行為をしているがスミヨンはしてないだろ


ヴィクトワールピサ騎乗のギュイヨンは左鞭を2度、特に2度目は非常に強く打って進路を外に変えています。これは明らかに意図があったと見ていいでしょう。その後勢いよくブエナビスタに併せに行くが、後方のローズキングダムにぶつかってローズが煽ります。それに気づいてからようやく進路を変えています。なので確実に遅い。しかも意図を持って外に持ち出しておいて、後方を確認せずにヨレてきたので重過失でしょう。一方スミヨンの場合は、並んでいた段階から右鞭を打っていて、ローズキングダムがギュイヨンによって急に下がってしまった分、併走の支えを失い内にヨレました。しかし、スミヨンが左鞭を打っている時は、まだ丁度ローズと重なった時。それでもブエナは内に寄れてしまい、更に強く左鞭を打って修正しています。意図的に外に進路を変えた上で、後方確認を怠ってブエナに併せに言ったギュイヨンと、ローズが不利を受け、自身も内からプレッシャーを受けながら右鞭で立て直したところにローズが下がったと言う状況、かつそこからすぐに左鞭に切り替えてすぐに対応している点。普通に考えれば、少なくともギュイヨンが十分に修正行為を取っているとは言えませんし、スミヨンが左鞭を打ったにもかかわらず、ブエナビスタが内にもたれる状況を解消できなかった点からも、騎手は真っ直ぐ走らせようと修正したが、時間がなくて馬が反応しきれなかったと見るのが妥当だと思います。


・最終的にブエナがローズの進路をカットしたのだからスミヨンが悪い。


これに関しては、単発で見れば確かにその通りです。結果として降着の最大の理由は、ローズキングダムの進路を完全にカットしたのはブエナビスタであると言う事実でしょうね。ただし、これはそもそも容易に避けられたことなのか。


何が無ければこの不利が生じなかったかを考えた時に、もしヴィクトワールがヨレて来なければ、おそらくブエナビスタとローズキングダムは真っ直ぐ併走し続けていたでしょう。何故スミヨンが右鞭を打ったのか、それは左にローズキングダムがいたからで、併走して真っ直ぐ走っていたところに、内からの圧力があって、外にヨレ気味になった。それを修正する為に右鞭を再度打った。何故ローズの進路をカットすることになったのか。ローズがヴィクトワールの不利によって一旦下がったのと、スミヨンが修正するタイミングが合ってしまい、支えを失ったブエナが内にヨレた。スミヨンがいつ左鞭を打って修正したのか、また効果が出たのはいつか。ローズが下がって進路妨害になりそうになるとすぐに左鞭を打った。1度目の左鞭を打った時はまだローズの外にいた。2度目の左鞭を打っても斜行は止まらなかった。つまり斜行は左鞭を打ちながらも止まらなかったという点なんですよね。あったとしても過失。修正しようとは確実にしています。ただ、それでもローズキングダムの進路をカットしたと言う事実は否定しません。


皆、スミヨンが悪童、アガカーン殿下との流れの中で粗暴な騎手と言う印象を持っているためか、イメージが先行していると思います。確かに去年最後になった失格のレースは擁護の余地を一切残さない酷い競馬でしたが、今回に限れば酷い騎乗をしている騎手が他にいるし、ブエナビスタ単独で起こったわけではない。ましてスミヨン自体は修正をしていた。ローズが下がらなければこの斜行は起こり得なかったし、その下げた理由はヴィクトワールの斜行。これだけの要素が揃っていたのに、ブエナビスタ降着と言うなら、これから先はずっと何があっても前カットしたら降着と言う制度にしないと全く納得がいきませんよね。


ローズキングダムが大きな不利を受けたことは間違いなく事実ですが、責任の行方をはっきり明確にしないでブエナビスタの降着で溜飲が下がると言うのもおかしな話。武いわく「内外からぶつけられた」とはっきり言っているんだから、内のヴィクトワール・ギュイヨンに過怠金1万しか制裁が無いってのは、武豊も筋を通せていないんじゃないか。この辺りがもやもやの大きな原因なんですよね。これから先、ずっとどういう状況にあっても前カットをした馬は降着・失格と言うルールなら、もちろん納得しますが、そうではないケースが一杯ある訳ですし、ここでブエナ降着とするにしては材料が乏し過ぎると正直に思います。またギュイヨンに対する制裁があまりに小さいと言うのも、もやもやの原因。論争自体はもう少し冷静になる必要があるとは思いますが、現状の運営システムではこれからもこういう不可解な降着が続くでしうね。
posted by カタストロフィ at 18:44| Comment(7) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう一度パトロールビデオを見る事を強くオススメ致しますw

見た上で書いているのなら、脳ドッグへwww
Posted by 通りすがり at 2010年11月30日 05:39
http://ameblo.jp/mahmoud1933/

このブログを読んでみてはいかかでしょうか?
Posted by jojo at 2010年11月30日 06:13
そもそもギリギリのラインで内側に切れこんでまで併せに行く必要ないから。

確かに3頭の絡みでスミヨンにとっては運が悪い結果になったのは間違いないが、結果的に致命的な斜行してるのは間違いないし。

武の言う通り、まっすぐ走らせられない騎手に問題があるだけ。

ってかいい加減外人信仰をなんとかしたら?
Posted by 通りすがり2 at 2010年11月30日 06:35
皆さんコメントありがとうございますm(_ _)m
とりあえず俺も含めて冷静になる必要はあると思いますね。もう2日も経っているので。
それと、あくまで俺の目から見た今回の降着事件の見解なので、気に入らなければスルーしていただけたら幸いですw

>jojoさん
ブログを読ませていただき、非常に参考になる部分もあり、同意する点も多く、結果的に結論は違いましたが、なるほどなあと思う点も多くありました。スミヨンがローズが下がったと思い、意識してヴィクトワールに併せに行ったとなれば降着でもやむなしなんだけど、内にヨレた時のスミヨンの左鞭連打を見ると、少し焦っている感じだったし、あそこまでヨレたのは想定外のように感じるんですよね。

まあそのブログの中に書いてあった通り、ローズ好きさんであることは間違いないので、やはり主観の違いも多少は入ってくると思います。今回の降着の是非よりも、今までとの整合性の問題なんですよね。外人だからアウトじゃあ。日本人でもこれぐらいやっててアウトにならないケースも多数。マツパクが切れてるのもその辺があるんじゃないですかねえ。

>通りすがりさん
外人信仰のつもりはないですが、そう思われるところは、きっと日本の騎手や裁定委員に対する懐疑心があるからかもしれませんね。サクラエンブレム・ホワイトの件があるので、日本の裁定システムには限界があると思ってますし。あんなので馬券の結果が変わるなんて許せないんでね。

>ギリギリのラインで切れ込んで併せに…
それこそ、これだけの大舞台で馬体を併せに行く必要が無いというのはただの心情論で結果論でしょう。日本の騎手でも手ごたえのいい馬に併せに行くのは普通のこと。これは別にスミヨンだから併せに行ったというわけではないです。今回の件で併せに行くから悪いというのは結果論でしかないと思いますね。

>結果的に致命的な斜行…
それは認めます。最終的にヴィクトワールの斜行の影響でローズが下がり、ブエナビスタがローズの前を完全に斜行したのは間違いないですし、それが降着のレベルに至っている程の不利と言うことは間違いないでしょう。ただ俺の視点からは、今回ローズにとって致命的だったのは明らかにヴィクトワールの斜行だったはず。ブエナの斜行は一連の流れからのトドメに過ぎないし、トドメを刺せばそいつだけ降着にすればと言うのは単純すぎる。ギュイヨンに過怠金1万ではなく、騎乗停止(あまり意味は無いけど)まで引き出すべきだったと思うんですよね。今回の件はその辺がウヤムヤにされたままブエナに全責任を(ほとんど)負わせたような形になっている。

>まっすぐ走らせられない
武からすれば、ギュイヨンにも言えることなので、ギュイヨンも審議対象になっているなら当然もう少し重い裁決を望むべきですよね。3着なら関係ないから良いやと言うのでは話にならないでしょう。外人信者って言うか、ギュイヨンの粗い騎乗には文句をつけずに、何故スミヨンの斜行だけに文句をつけるのか。その辺が俺には理解できませんね。


降着云々だけの話では無く、降着をする以上は全てにおいて納得できる裁決をしなければいけないのに、それができていない。だから、一連の流れを無視して最後にカットした馬を降着にするなら、最初からどんな状況でも前をカットした段階で降着にすべきなんですよ。それができていないから、ケースバイケースだから、何故今回だけ?って言う不満もでる。それにヴィクトワールピサに関して言及を避ける人が多すぎる。前カットをしていなくても、武豊が馬を下げる不利を受けたわけだし、あの斜行こそ不必要ですよね。


テレグノシスやトールポピーがセーフでブエナビスタがアウトと言う明確な説明が出来ないうちは、今後も問題視されると思いますけどね。今までの前例に照らし合わせるわけだから、問題なのは一貫性の無さなんですよ。最初から前カットが全て降着なら問題にすらならなかったこと。この問題は根が深いんですよ。だから、これを機にしっかり明確にだれの目にも明らかに規定すべきだと言ってるんです。
Posted by カタス@管理人 at 2010年11月30日 11:51
あの映像を見てもそのようなレスをしている辺り、貴方の理解力がただ低いだけではないですか?と思いますよwww
Posted by 名無し at 2010年12月01日 02:36
>名無しさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

競馬関係者の色々なブログを参考にしても、やはり最後のカットのみがブエナの降着の要因であるとしているところがほとんどですし、映像からの見解はそれほど間違ってないと思いますけどね。降着が是か非かは置いておいて。斜行しすぎ、右鞭連打し過ぎって人は、単に感情的になりすぎているだけだと思いますけど。そもそも何故ギュイヨンを糾弾しないのかについてはだれも明確に反論できませんし。ケツがぶつかるまでに修正なんかまったくしていませんよ。
Posted by カタス@管理人 at 2010年12月01日 11:14
武は「スミヨンもギュイヨンもまったく」って同じように批判してたけどな。
Posted by at 2011年10月17日 14:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171168526

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。