(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年11月30日

スプリングソングが復活で重賞初制覇@京阪杯レース回顧

京阪杯(GIII) 京都芝内1200m良
keihannhai3.gif


12.2 - 10.7 - 11.0 - 11.0 - 11.5 - 11.6


前半3F33.9、後半34.1と、割と平均的なペースでラストもそれほど落とさず。その前の1600万下が1:08.4なので、まずまずの時計でしょうね。このラップだと後方からでは厳しいでしょうね。


1着スプリングソングは五分のスタートから押して先行策。2F目で少し離されそうになったが押して追走し3番手を確保。3角で中目から馬なりで前にプレッシャーをかけ、4角で仕掛けて直線。直線序盤で抜け出せそうで抜け出せず、L1でも手ごたえ見劣る感じで一旦はケイアイに先頭を譲ったが、最後の最後で踏ん張って食い下がり、ケイアイと鼻面を合わせて入線。何とかハナ差制しての1着となった。序盤にしっかり先行し切れたのが良かったですね。最後までしっかり粘ったし、馬自体も良く頑張った。L3FではL3が最速なので、ここで中目から前にプレッシャーを与えて1,2番手を潰して、差し馬を抑え切ったのだから、見た目以上の内容ですね。屈腱炎からの復活劇、重賞を勝てるぐらいの力はあっただけに、無事帰って来れたのが最大の勝因でしょうねえ。


2着ケイアイアストンは好スタートから押して、内の様子を見ながら好位の中目で競馬。3〜4角で内目を馬なりで追走して直線で上手く進路を確保。序盤で一気に伸びてくると、スプリングソングを交わして一旦前に出る。しかしL1最後の方で伸び切れず、逆にスプリングソングに差し返されて並んでの入線。ハナ差の2着に屈した。3〜4角で楽に前を見ながら競馬出来たのと、直線ですっと進路が開いた。そこからの伸びは良かったんですが、最後は少し脚色を落としたのかなと。ある程度追走して、終いしっかり伸びてこれた。京都1200にぴったり合っている馬ですね。


3着モルトグランデはまずまずのスタートから後方に下げる。3角で仕掛けて最内から一気に押し上げ、4角で馬なりで進路を待ちながら直線。直線序盤で内目に出しながら、狭いところをきっちりついてグンと伸びてくる。L1で最内を出し抜きにかかるが、最後で伸び切れず、外の2頭に交わされての半馬身差3着に終わった。上位2頭に比べると展開面で恵まれましたね。序盤で先行せずに後退していって、3〜4角最内を通せたのはこのラップでは大きかったですね。それでも最後で差せなかったという点では上位2頭とは少し差を感じますね。この馬なりに良く頑張ってはいます。


4着スカイノダンは五分のスタートから序盤で様子を見るが思ったより前につけられずに中団まで下げてから追走し始める。3〜4角で内目を追走するが、4角出口で窮屈になって直線。直線序盤では進路が無く、一番手ごたえのいいケイアイの後ろで伸びを見せる。L1でもしっかり外から伸びてくるが、前とは届かずに完敗の4着。ん〜、下手糞に乗りましたね。国分君は1200はあまり上手くないんですが、その原因が序盤の運転が甘いんですよね。最初から下げるつもりならそれでもいいんだけど、今回も悪い位置になってから追い始める。結果的に4角で一番窮屈な所を選んでしまうと言う、後手後手の結果になりましたね。馬自体はこれでも最後まで伸びてきているし、ここでも好勝負出来るだけのものは見せているんですがね。重賞を勝ったとはいえ、国分君はまだまだこれから。今以上に頑張ってほしいですね。


5着ジェイケイセラヴィは好スタートから出方を見ながら徐々に下げて後方からの競馬。3角で少し置かれたが、ここで最内を突く。4角では最内に突っ込んでいって直線。直線序盤で最内を突こうとするが、進路が無く、進路を中目に切り替える。そこからは上手く捌いて伸びてはきたが、スカイノダンには見劣っての5着完敗。少し消極的な競馬になりましたね。結果的に厳しいレース展開だった。それを最内を選んだことでリカバーしたかなと言う感じですね。馬自体は良く頑張っているけど、この競馬では厳しいです。


10着ダッシャーゴーゴーは五分のスタートから後方での競馬。3〜4角で大外をぶん回して直線。直線序盤も悪くない脚をつかったが、コーナーワークで開いた差が大きかった。ラストはなだれ込む形で10着完敗。まあ着順ほど悪い競馬では無いです。と言うか、下手に乗りすぎ。まあこの馬は前半器用な競馬が出来るタイプでは無いので、前が止まりにくいキレ勝負の京都1200は不向きだとは思います。やっぱり阪神1400辺りがベストじゃないですかねえ。


18着グランプリエンゼルは五分のスタートから中団で競馬。3〜4角を外目をまわして直線。直線で既に脚色が無く、徐々に下げていって18着に沈んだ。スムーズな競馬が出来なかったにせよ、完敗ですね。こういう軽い切れ勝負ではやはり厳しいんでしょうね。
posted by カタストロフィ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。