(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年11月30日

ローズキングダム、不利にもめげずに走り切って掴んだ栄光@ジャパンカップレース回顧

ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m良
japancup3.gif



12.8 - 11.7 - 11.9 - 12.3 - 12.0 - 12.7 - 12.9 - 12.0 - 12.2 - 11.2 - 11.3 - 11.9


ややスローで運ばれて、一応5Fから早くなっているが、結局はL3最速の3Fキレ勝負でした。レース回顧では降着の是非は別にして、単に馬に対する影響を書いておきたいと思います。


1着ローズキングダムは少し出負けするものの、楽に前目につける競馬で1〜2角を馬なりで過ごして2角過ぎで好位の中目を確保。今日は菊花賞ほど掛らずスムーズにレースを進める。3〜4角でも内目を追走して直線に向かう。直線で、進路が無いと、外から併走しそうになる馬を弾き飛ばして進路を作ると序盤から良い脚を使うが、L2で外から伸びてくるブエナビスタが内に切り込んで併せに来ると、これに真っ向から向かって併せ馬になる。L2−1ぐらいでヴィクトワールが外に寄せてきて不利を食らい、ブエナビスタに前カットをされて致命的に後方に下げるが、そこからも諦めずに武が追うと、それに応えて再加速しヴィクトワールピサを何とか意地で交わしての2位入線。ご存知の通り、ブエナ降着で1着にとなった。繰り上げ1着と言うことで、印象が悪いけど、不利の度合いとしては、致命的なものを2度食らってて、一度目はヴィクトワールの斜行で下げた時、2度目はブエナの前カット。もしヴィクトワールが寄れずにそのままブエナとの叩きあいになればもう少しきわどい結果になっていたとは思いますね。一旦下げて、最後はブエナと同じ脚色。確かに不利を受けて下がったから、とも取れないこともないが、下げなければもっと食い下がれたとも言えます。俺個人としてローズキングダムのパフォーマンス自体は十分JC勝利に恥じない内容だとは思いますね。特にいつもの武と違うのは、進路確保の際にかなりシビアに横の馬をはじいていて(これは合法)何と言うか、鬼気迫るものを感じました。ブエナビスタが斜行をして、降着だから勝てたと言うのも結果として当然ありますが、不利が無ければブエナが文句なしに勝ったかと言うと、そうは思えないほどの内容なんですよね。ホントに力をつけている…と言うか小牧が全然駄目だったのか。ダービー以降のこの馬の競馬はホントに素晴らしいですよね。有馬ではロンスパ戦になりそうなので、その辺で皐月賞やスプリングSと言った負け方が気になるけど、武なら問題ないかもと思わせるだけの内容です。今回の件はローズにとってもブエナにとっても後味の悪い結果になってしまい、本当に残念です。ここまで強くなって3歳NO1をしっかり印象付けているだけに…。


2着ブエナビスタは五分のスタートから今回は後方での競馬に徹する。道中も割と一団の中、無理にポジションを上げずにじっくりと競馬。3〜4角で大外からす〜っと楽な手ごたえで徐々に押し上げて行って直線。直線序盤で脚色が違い、後方からすぐに抜け出してくると、L2で脚色のいいローズキングダムを目標に外から内に進路を切り替えて併せに行く。ここで一気に脚色良くローズと併走するが、ローズが不利を受けて下がった時に外から内へ進路をカット。L1ではヴィクトワールに併せに行くが、並ぶ間もなく交わしての完勝のように見えた。…がローズキングダム斜行によって2着に降着となった。降着の是非はともかくとして、ブエナが斜行をしなければ完勝でしたね。ただ、ヴィクトワールが斜行をしなかったら、ローズとの併走でどう転んだかは断言できませんね。それでもブエナが随分有利だったとは思いますが、この辺はタラレバの世界なので。ただ、パフォーマンスとしては、一番強い競馬をしていると言えます。歴代最強牝馬としても良いんじゃないかなと言う安定感とパフォーマンスですね。本当に降着が残念でならないし、出来る限りクリーンな競馬であってほしかった。何もなくても勝っていたと思いますからね。正直個人的に馬券で逆らって申し訳ない気持ちでいっぱいです。


3着ヴィクトワールピサはまずまずのスタートから、すっと楽に先行出来る。誰も積極的に行かないが、絶好位を確保する。3角手前までで少し前とのスペースを開けて追走。3〜4角ではそのスペースを活かして楽に押し上げて直線。序盤でしっかり仕掛けると、3〜4角の加速の流れから、先行勢で一頭違う脚で抜け出しにかかる。しかしL2で外のブエナに併せようと、外に持ち出すが、ローズキングダムにぶつけてしまい、慌てて内に修正する。L1でも伸びは無く、しぶとく粘ってはいたが最後はローズキングダムにも交わされ、3着に終わった。ギュイヨンの騎乗は最後の直線の斜行が無ければ最高の競馬だったんですよね。スタートですっと絶好位を確保し、誰も行きたがらない展開でも、既に一頭だけ流れを作って微動だにしなかった。3角でも前を無視して差を作っておき、4角で加速して直線序盤で一気に出し抜けを計る。ホント、若さの積極性と、それをしっかりフォローするだけの技術を持っている、良い騎手でした。ただ、残念なことに、直線では少し強引さが出ましたね。エイシンにも結果的に審議対象ではなかったけど、結構微妙だったし、ローズには間違いなく大きな不利を与えてしまっています。このロスなく、真っ直ぐ走っていれば、4着とはもう少し大きな差があったんじゃないかな。結果は変わらなかったと思うけど。う〜ん、しかしヴィクトワールの実力は出し切りましたね。府中は不安だったけど、極端なキレ勝負でなければこれだけ対応出来るんだと言う証明ができた点では大きいし、やっぱり中堅のペルーサには負けられないと言うことが分かっただけでも大きいですね。有馬記念なら更に前進できそうです。


4着ジャガーメイルは五分のスタートからある程度押されるが、やはり前目にはつけられずに後方からの競馬。3角である程度おっつけられるが、前との差は詰められずに追走に終始。4角で外目から大外に持ち出して直線。直線序盤でブエナに突き放されるが、後方集団からは徐々に抜け出してくる。しかしL2でもジリジリとしか詰められず、なかなか前との差は詰まらない。L1で前が少しばてたところをしぶとく差しこんできてはいるものの、急追とまでは行かず、3着に3/4馬身差で4着に屈した。序盤の位置取りは確かに悪いけど、ムーアとしてはある程度押して好位を狙おうとしていたが馬が動かなかったということでしょうね。大外まわしては厳しいけど、ラップ的には11.9のところでそれなりに詰めているんだし、この緩いペースでもう少し前目につけられないと、前目から鋭い脚が使える馬、或いは2〜3番手からしぶとい馬がいるこのレベルでは厳しいと言うことでしょうね。力負けでしょう。流石にこの相手で正攻法では厳しかった。


5着ペルーサは、もはやお家芸の出遅れからスタートし、例によって最後方からの競馬。3〜4角では最内から中目を通して直線。直線序盤では進路が無く外目に持ち出す。L2ではジャガーメイルの内後方からしっかり伸びてくる。L1でも伸びてはいるものの、前の馬を交わすほどの脚色は無く、最後はジャガーメイルをクビ差捕え切れない5着に終わった。ん〜出遅れはやっぱり痛いですよね。今回のように終い3Fのキレ勝負を外まわしてジャガーメイルより後方では展開面で厳しい。そうならざるを得ない内は、府中のキレ勝負では厳しいでしょうねえ。距離云々より、スローと縦の位置取り、通った横の位置取り全て、勝てる競馬の流れの中にはいなかったということでしょう。この内容で5着ならむしろ頑張っていると思います。ジャガーメイル同様、このクラスだと、展開待ちでも強い馬は押し切ってしまうので、やっぱりある程度は追走できないと厳しいですよね。有馬ならまぎれれば何とかなるかもしれないけど、適性的には東京向きだろうし、難しいですねえ。


8着エイシンフラッシュは五分のスタートから少し気合を入れただけで楽に先行してしまい、抑えて3〜4番手での競馬。3〜4角で内目から追走して直線。直線序盤で仕掛けるが、既に仕掛けていたヴィクトワールの手ごたえが良く、なかなかつまらない。L2でヴィクトワールが外にヨレた際に小さくは無い不利を受けてしまうが、ローズと違うのは、もうすでに抵抗するだけの脚色が無く、そのまま後方まで下がっての8着となった。う〜ん、残念でした。今回はダービーと違って究極のキレ勝負というわけでは無く、それなりに総合力が問われたレース。そこで先行して出し抜けるだけの馬では無いと言うことでしょうか。個人的に追い切りでいつものような弾ける感じが見られなかったので、予想面では評価を下げた形になったんだけど、体調だけの問題なのかなあ。疑問が残りますね。とりあえず、評価を少し下げた方が良さそうかな。有馬でどこまで巻き返せるのか。皐月賞のロンスパ戦ではそれなりに強い競馬をしているんだけど、どうかなあ。


14着ナカヤマフェスタは五分のスタートから馬なりで前目につける。2角過ぎで、最終的に5〜6番手の好位で競馬。3〜4角では外から追走、出口で仕掛けて直線。直線序盤からスムーズな競馬をしているのに全く伸びず、そのまま最後まで全く伸びる気配を見せないまま14着の惨敗に終わった。う〜ん、確かに府中は得意ではないんですけど、今回の敗因はそれだけでは無いような気がしますね。直線で全く伸びる気配が無かった。有馬記念では適性面で狙ってみたい馬だけど、このレースを見ると、かなり不安が残りますね。
posted by カタストロフィ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171319182

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。