(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年12月22日

有馬記念データ分析…過去10年間を完全分析!

arimakinendata.jpg


今週は有馬記念と言うことで、久しぶりに、過去10年、しかも全着順をもとにデータ分析してまいります。今回は有馬記念なので、力を入れますよ。と思ったら、画像は過去11年になってますの…。一応、サービスで、データ分析は過去10年、2000年までにしますね。

◎上位人気の成績


○1番人気の成績は(5.2.0.3)
勝率50%は凄いですね。かなり信頼度は高いですね。これは自分のイメージよりも高かったですねえ。2着2回、着外3回なので、負ける時はドンと負けると。


・サンデー系の1番人気は全連対(3.2.0.0)
ゼンノロブロイ1勝、ディープインパクト1勝2着1回、ダイワスカーレット1勝、ブエナビスタ2着1回。かなり安定していますね。2着の2頭も3着とは完全に差をつけていたわけなので。


・ノーザンダンサー系の1番人気は不調(1.0.0.3)
2001年のテイエムオペラオー(オペラハウス)ファインモーション(デインヒル)メイショウサムソン(オペラハウス)が人気を裏切っています。1勝は2000年のテイエムオペラオー。1番人気の3敗は全てノーザンダンサー系の馬ですね。


○2番人気の成績は(2.1.0.7)
ドリームジャーニー、シンボリクリスエスの2勝のみ。メイショウドトウの2着を合わせても、連対率は3割で、かなり分が悪い。1番人気を嫌って押し出された2番人気は苦戦傾向なので注意。


○3番人気の成績は(1.1.2.7)
勝ち馬はマンハッタンカフェのみ。複勝圏では2番人気よりマシだが、良い成績とは言えない。


◎枠順の成績
○8枠はやはり不利だが極端までは(2.1.0.13)
2勝はダイワスカーレットとシンボリクリスエスで共に1番人気。2着にアドマイヤモナークが突っ込んできていて、アドマイヤのおかげで複勝回収率は100%以上だが、成績の数値としては全体的に不調。人気馬でも飛ぶケースが多く、やはり不利。


○1枠はまずまず(2.3.0.9)
2勝はゼンノロブロイとシンボリクリスエス。2着はブエナにアメリカンボス、ポップロックと穴馬も絡んでいるので穴馬でも問題なく上位に絡むし複回収率は100%を大幅に超える。ただ、図抜けているかと言うほどでもない。


○死の枠は6枠(0.0.1.19)7枠(0.1.1.18)
6枠ではダイワテキサスの3着、7枠ではメイショウドトウの2着、リンカーンの3着しかない。


◎騎手別成績
○武豊は(1.2.1.6)
1番人気に4度乗って、1勝2着1回、いずれもディープインパクト。リンカーン(4人)で2着、トゥザヴィクトリー(6人)で3着。1人気でない2頭は、いずれも先行競馬で複勝圏に入っている。


○横山典弘は(0.1.1.8)
昨年1番人気のブエナビスタで2着、6番人気のリンカーンで3着はあるが、意外にも不調。結果的に見れば、あまり良い馬に乗っていたわけではないが。


○安藤勝己は(1.1.1.3)
ダイワスカーレットで1勝2着1回と、ダイワメジャーで3着1回。上記2人に比べれば率は良い。


○外人騎手ひっくるめて(4.1.1.13)
4勝の内訳はペリエが3勝、ルメールが1勝。2着はペリエが1回、3着はデムーロが1回となっている。外人騎手の成績自体は4勝で優秀も、回収率的にはハーツクライのルメールが押し上げている感じだし、率に関してはペリエが1人で稼いでいる感じなので、取り立てて優秀と言うこともない。


◎性齢別成績
○3歳は苦戦傾向(2.4.1.28)
勝率、連対率、複勝率全て低く、単複回収率ともに50%を大きく下回っており、基本的にプラス要素では無い。


・3歳馬好走例は、JC不出走がカギ
7度の複勝圏の内、秋天・JC・有馬と皆勤したのは、シンボリクリスエスのみ。ゼンノロブロイ、リンカーン、マンハッタンカフェ、ディープインパクトは菊花賞から。ブエナビスタ、ダイワスカーレットはエリザベス女王杯から。

JC組ではノーリーズン、ザッツザプレンティ、コスモバルク、デルタブルース、ハーツクライ、ハイアーゲーム、メイショウサムソン、ドリームパスポート、ウオッカ、リーチザクラウンとかなりの数がいて、しかもJC好走組も出ているのに、これほどの馬が馬券に絡めなかった。基本的に菊花賞→JC→有馬は死のロードだと言っても過言ではない。


・脂ののった4歳馬が高勝率(6.1.0.17)
複回収率は100%には届かないものの、単勝は100%を大きく上回り、約300%超。特に、3歳時に挑戦して駄目だった馬の巻き返しが目立つ。


・牝馬の活躍が目立つが…?(1.2.1.9)
悪くはないが良くもない。複勝はともかく、1着となると、やはりかなり難しいので、あまり過度な期待は禁物。


◎血統分析
○有馬と言えばロベルト…?父ロベルト系(2.0.0.9)母父ロベルト系(0.0.0.4)
シンボリクリスエスの2勝以外は、実は過去10年で馬券に絡んでいない。昔はシルクジャスティスや、グラスワンダー、マヤノトップガン、ナリタブライアンまで有馬記念と言えばロベルト系という時代は確かにあったが、時代は変わったのか、近走は全く駄目。ロベルト系の一流馬が減ったと言うのもあるが、


○晩年のサンデーサイレンスは強い…
データにしても意味もないし、データを出すまでもなく、シンボリクリスエス以降は、もうサンデーサイレンス産駒のオンパレード。


○近年のニックスはサンデー系×ノーザンテースト
サンデー×NTのエアシェイディが2年連続3着、ダイワスカーレットが2年連続連対、ダイワメジャーの2年連続3着、今まで不調だった母父NTがここ4年で急激に好走。今年も注意したい。


○基本的にはSS×非ND系が優勢
述べ19頭中複勝圏はわずかに2頭(0.1.1.17)。内1頭がブエナビスタ、もう一頭はシルクフェイマスで、どちらも上位人気。回収率は単は0%、複でも30%以下ととても手が出せない。特に目がつくのが、ダンスインザダーク産駒のなだれ込み4〜10着。

一方でSS×非ND系は(2.1.0.7)。サンデーサイレンス直仔が近年まで走っていたので、上記のSS×非ND系種牡馬ともどもそうなんだけど、出走頭数自体が少ない。でも、一応2勝、勝率2割ならまずまず。回収率は単複共60%台と、強調はできないが、近年はサンデー産駒が引退していき、ステイゴールドやアグネスタキオン産駒の勝利。サンデー系優位でも、SS×非ND系を狙いたい。


○ミスプロ系は基本的には不利(0.1.0.8)
過去はキングマンボ産駒のアメリカンボスが大穴をあけたが、それ以降は全く。人気上位の馬はいないが。ただ、一応キングマンボ系は注意を払った方がいいか。


○母父サンデーサイレンスは不調(0.1.0.6)
頭数自体が少ないものの、スクリーンヒーローやポップロックと言った上位人気馬もいての内容なので注意。
posted by カタストロフィ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去重賞データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174555631

この記事へのトラックバック

有馬記念(2010年)データ分析[2]、買える馬と消せる馬!
Excerpt: [AD]破壊力抜群の馬単1点予想を無料で毎週配信中! 2010 有馬記念 データ[2] 2010年12月26日5回中山8日  第55回有馬記念(G1)中山芝2500m 3歳上 定量 前回に引き続..
Weblog: 激走!データ競馬ブログ
Tracked: 2010-12-23 10:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。