(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年03月30日

エイシンアポロンが立て直して出陣だ@ダービー卿CT(GIII)レース展望

ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII) 阪神芝外1600m
登録馬一覧

アブソリュート 57.0
アポロドルチェ 54.0
アーバンストリート 55.0
イケドラゴン 52.0
エイシンアポロン 57.5
エーシンホワイティ 55.0
オペラブラーボ 56.0
カウアイレーン 54.0
キョウエイストーム 56.0
キングストリート 57.5
クレバートウショウ 55.0
ケイアイアストン 56.0
コスモセンサー 56.0
コパノオーシャンズ 53.0
ショウナンカザン 56.0
ショウワモダン 59.0
シルポート 58.0
スズカサンバ 53.0
スズジュピター 54.0
ストロングリターン 55.0
スノークラッシャー 55.0
スピリタス 55.0
スマートステージ 54.0
ゼットフラッシュ 51.0
ダイシングロウ 53.0
ダイシンプラン 55.0
ダンスインザモア 55.0
ダンツホウテイ 55.0
ナニハトモアレ 53.0
ビービーファルコン 54.0
ブライティアパルス 54.0
ブリッツェン 54.0
ホワイトピルグリム 55.0
マイネルクラリティ 55.0
ヤマニンエルブ 56.0
ライブコンサート 57.5
ラインプレアー 53.0
リディル 56.0
リビアーモ 54.0


登録馬がやたら多い今年のダービー卿CT。コースも同じでハンデ戦なので、マイラーズCに出る馬もいるでしょうし、想定がなかなかに難しい…。一応有力馬は出るという前提で行きたいと思います。そう考えれば、かなり好メンバーではありますね。


混戦の中で、中心は毎日王冠で2着の4歳世代エイシンアポロン。鋭い末脚で内から切れると、早めに先頭に立って押し切りという競馬も、そのタイミングを計ったかのように差し切ったアリゼオに敗れた。それでもレースレベルはかなり高くて、シルポートやスマイルジャック、ペルーサ辺りを全く問題にしなかったあたりに能力の高さを感じる。何よりL3最速11.1の地点で鋭く切れていたように、一瞬の切れ味が抜群。一瞬の切れ味が問われる阪神マイル戦は良さそう。天皇賞の惨敗は致命的な不利でノーカウントにしていいし、不利さえなければ好勝負出来そうな脚色だった。この世代でもマイル〜2000mなら上位と見ていいし、この相手で休み明けが課題も休み明け自体は得意としているので。ハンデ57.5kgは、戦績からは恵まれたといってもいいほど。ここで勝って、春のマイル路線を沸かせてほしい。


相手筆頭は洛陽Sで鮮やかな圧勝を見せたキングストリート。今年に入って東京新聞杯で強敵相手に中団から差しこんで2着。スマイルジャックは差し切れなかったものの、走破時計、上がりからもメンバー構成からもかなり地力をつけてきたとみていいか。前走の圧勝もうなずける内容でした。今回は57.5kgということなので、その辺が課題。あとは、意外と阪神で結果が残せていない点も気がかりではあります。それでも、ここ2走のパフォーマンスは一皮むけたかなという印象でもあるので、ここはGI路線に乗る上では試金石の一戦でしょう。


3番手にはライブコンサート。前走はダート戦ながら、健闘とも言える内容。道中の位置取り次第ではという競馬でした。今回は芝に戻ってくるだけに今まで通りの力を発揮出来れば、当然中心を担う一頭になるでしょう。マイルCSではハイペースを先行してしぶとく。京都金杯では前が止まらず、内が伸びる馬場で、少し位置取りも悪かった。リーチザクラウンを抑えての内容なので、同じような位置取りの馬にはしっかり先着しているし、引き続き今回も期待できそう。阪神外回りの切れ勝負には不安もあるが、ここでは良い競馬を見せて安田記念へつなげたい。


リディルも長期休養明けから3走目でそろそろ怖い。前走はキングストリートに完敗を喫した形となったが、この馬自体はややスムーズさを欠く競馬でもあったので仕方ない。勝負どころですっと動けていれば、もう少しマシだったはず。今回は56kgと、この中では恵まれた方だし、時計の出やすい軽い馬場というのも条件的には良さそう。相手もその分強くはなるが、白富士Sで見せた切れ味は一級品なので、適度に流れれば当然怖い一頭だ。


大阪城Sでシルポートを破ったダンツホウテイも急浮上。重賞2戦では今一つ力を見せることは出来なかったが、ファイナルSではキングストリートを抑えての2着で、今回は通用しても不思議はない。鳴尾記念は相手が強く、京都金杯では展開も不向きだったこともある。この相手で55kgなら、かなり恵まれた部類だし、条件的にも面白い一頭だ。


セントライト記念大逃げ2着で沸かせたヤマニンエルブが故障明け初戦でマイル戦に登録。マイル戦は初めてで、スピードに不安があるものの、夏の勢いは忘れられない。距離短縮が良い方に向けば、能力的には秘めているので。


リビアーモが怖い。前走は後方からロスが多い中でも追い込んでの5着。一瞬のキレが身上の馬なので、京都外回りよりは阪神外回りの方が良さそうで。54kgというハンデは実績の割にはやや見込まれた印象もあるが、このコースなら適性的にも上位だと思うし、相手も手ごわいが楽しみは大きいだろう。


ファルコンS馬エーシンホワイティが2走目で激変なるか。オーシャンSでは見せ場なく完敗。NHKマイル6着でハイレベル戦でも通用しているので、叩いて2走目で出来が上向いてくれば当然怖い一頭。バクシンオー産駒らしく、1600mでは若干の壁を感じるのでその辺がどうかですね。
posted by カタストロフィ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。