(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年03月31日

オルフェーヴルが鋭い切れ味で、一気にクラシック主役へ@スプリングSレース回顧

スプリングS(GII) 阪神芝1800m良
2011springs3.gif



12.4 - 11.1 - 11.5 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 11.2 - 11.3 - 12.3


前半早く、中盤緩んで後半早い、上級の阪神1800mになりがちなラップ推移ですね。序盤脚を使って先行したものの、中盤で緩んでリードが小さくなっての後半の切れ勝負、L1落とすラップなので、差し馬有利の展開で、先行馬にはかなり厳しい展開だったかと思われます。


1着オルフェーヴルは、父ステイゴールド母オリエンタルアート(父メジロマックイーン)産駒。やや出負けからじわっと追走して中団ぐらいで競馬。道中やや掛かり気味で、3角手前で少し窮屈になって下げて中団後方。3〜4角では外から楽な手ごたえで押し上げて行き、好位集団の大外3馬身ほどで直線。序盤で一気に切れて2番手から先頭を窺う勢い。L1でしっかり突き抜けると、差を縮められずにきっちりと抑えきって3/4馬身差の快勝となった。凄い切れ味でした。緩んだ3角手前で窮屈になって下げたり、最速地点で大外をまわしたりと厳しい状況ながら2Fで速い脚を使ってラストもしっかり粘ったというのは最大限評価したいですね。この馬はペースが上がって良くなる馬だと思います。今回は緩んだところで下がる不利がありながらの内容なので、相当強いですね。


2着ベルシャザールは五分のスタートから押して先行争い、好位で進める。向こう正面では掛かりっぱなしで進め、抑えきれずに3番手まで押し上がる。3角で最内ポケットで落ち着かせて、4角で上手くグランプリボスの後方、内目をついて4〜5番手1馬身半ほどで直線。序盤で上手く進路を作り3番手まで押し上げるが、オルフェーヴルに切れ負け。L1でしぶとく盛り返して粘りとおすが、差は詰められずの3/4馬身差2着となった。今回は前に行けるスピードがマイナスになった上に、直線までに差を詰められての切れ負けが大きかったですね。これだけロスがありながら、最後までしぶとく競馬が出来たし、もう少しスピードを純粋に武器に出来るコースなら相当能力はありそうですね。今回は苦しい競馬ながらしっかり伸びきれたのは評価。


3着ステラロッサはまずまずのスタートから押して追走も、苦労して後方まで下がる。3角手前でも追走してやっとという感じ。3角で緩みだして、ここで外から押して押してオルフェーヴルを見ながら追走、4角でやや置かれて中団やや後方で直線。序盤で外から追われると、しっかり伸びてきて4番手、L1で更にと行きたかったが伸びきれず。それでも何とか権利確保の3着に終わった。力負けですね。オルフェーヴルとは逆にスムーズにスムーズに競馬しながら、最速地点で少し置かれたし、緩んだから押し上げられた感じ。勝負どころで脚を使えなかったし、L1で伸びたというほどでもなかった。上位2頭と比較すると、結構力差は大きいと思います。現時点では本番でどうこうとまでは。


4着グランプリボスは好スタートから逃げ馬の出方を見ながら競馬。それでも2F目から徐々に掛かりだして、抑えが利かずに2番手で競馬。終始掛かって進める。3角でもう逃げ馬が垂れて、先頭に立ってしまう。4角でも馬なりで1馬身ほどリードで直線。序盤で追われると二の脚で突き放しにかかるが、オルフェーヴルに強襲される。L1で流石に踏ん張りが利かず、オルフェーヴルから2馬身ほどの差で4着に敗れた。個人的には良い負け方だと思ってます。まずL3最速で逃げ馬が勝手につぶれて目標になった。それでも二の脚での突き放しは流石で、単純な一本調子の馬では無いことが分かったのは、東京2000の皐月賞と言う舞台には対応できそうです。問題は折り合いでしょうね。このペース、緩急、L3最速という展開で、休み明けでこれだけ出来れば上等だし、ラップ面では一番強い競馬をしたとも言えますので。前がばてにくい開催初週の東京なら前残りが望めそうです。NHKマイルも良いですが、是非皐月賞に向かってほしい。この馬も相当強いことが再確認できましたので。距離と言うより折り合いの問題でしょう。


5着エイシンオスマンはまずまずのスタートから馬なりで出方を見ながら先行。最内ポケットで競馬。少し頭を上げることもあったが、割とスムーズに競馬。3角までに中団まで下げ、最内を追走、4角でも最内をロスなく追走して直線。直線でも最内を突いてしぶとく伸びを見せるが、L1で伸びきれず、上位からは話されての5着となった。展開的にもロスなく、最速地点で最内をついて、進路確保も直線の仕掛けも抜群。これでも5着なら厳しいでしょうね。岩田は完璧に近い競馬をしたと思います。


13着リベルタスはまずまずのスタートからじわっと追走、中団の競馬に。折り合ってしっかりと進める。3角で外から押し上げるも、4角で既に手が動いて好位集団で直線。序盤で追われるが全く伸びを見せず、L1では騎手もあきらめて追わずに完敗。う〜ん、ディープ産駒は良く分からないですね。ディープサウンドもそうだけど、突如謎の大惨敗をしてしまう。今回もスムーズな競馬だったし、これでなんでこんなに負けるのかがわかりませんね。ペースが上がると良くないと言っても、リベルタスはそういうペースでも実績を出せているわけで、ちょっと敗因がつかめません。


15着リフトザウイングスはやや出負けして押されるも、後方からの競馬。3角までに最内を突く。3〜4角でも最内を押しながらエイシンオスマンの後ろを突いて直線。序盤で追われるが、全く伸びない。そのまま全く見せ場なく完敗。う〜んなんなんでしょうかね。安定しないというか。時計が問われると苦しい気がします。距離はもう少し長い方がいいのかも。
posted by カタストロフィ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。