(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年05月10日

クレスコグランドが終い鋭く切れて3連勝!@京都新聞杯(GII)レース回顧

京都新聞杯(GII) 京都芝外2200m
2011kyotosinbunhai2.gif


12.5 - 11.0 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 13.2 - 13.1 - 12.3 - 11.2 - 11.3 - 11.8


馬場を考えるとスローからの3F瞬発力切れ勝負ですね。平凡なラップで、L1も落としていて、全体的には残念なレースだったと言えるんじゃないですかね。


1着クレスコグランドは五分のスタートから押して追走、好位につけようとするが、ルイーザシアターが外にヨレてきたので、ここで少し煽る。立て直して内に切り込もうとするが、内の馬に驚いて更に掛かったような形で1〜2角を進める。2角過ぎで落ち着いて好位から進める。スローペースでも道中しっかり折り合う。3角手前から少し押し気味に追走。3〜4角で内目を追走して、5番手4馬身差ほどで直線。序盤で中目に持ち出すが、ワンテンポ仕掛けが遅れ、ここでは伸びきれない。L1で鋭く伸びてくると、最後は抜けだしたユニバーサルバンクに襲いかかってハナ差の勝利。時計的な強調はできませんが、序盤のロスがあってのものなので底は見せていないと思いますね。今回はL3最速戦で切れ勝負もあったんですが、切れを持続するレースとなったため、ギムレットの得意なパターンになったというのもありそうですね。ダービーへ向けて面白い1頭が出てきたなあという印象です。前で競馬出来ると言うのもダービーでは武器になりそう。


2着ユニバーサルバンクはやや出負けから押して外から先行争いに加わっていく。少し掛かり気味だが問題ない程度。3角の下りで中目からじわっと進出、4角で仕掛けて4番手3馬身半ほどで直線。序盤で中目から追われるとしぶとく伸びて2番手に上がる。L1で逃げるサンビームを捕えたが突き抜け切れず、外から襲ってくるクレスコグランドを退けられず、ハナ差の2着に泣いた。多少掛かったけど、スムーズに競馬してのものですし、最後はラップからも脚色落としているので、あまり評価出来る内容ではないですかね。


3着サウンドバスターは五分のスタートから無理せず中団からすっと最内に進路を切って進める。道中もしっかり折り合って3角へ。3〜4角でも最内を追走して中団で直線。序盤で最内に進路を切ると、ジリジリ伸びて好位集団まで。L1で抜け出したユニバーサルの外に進路を取ってクレスコと共にグングン伸びてくるが3着までとなった。道中ロスなく乗って、仕掛けどころも進路取りも完璧。これで3着なら上位2頭とは差があるでしょうね。ただ、早い上がりに対応できている点は評価しなければいけない部分です。


4着ルイーザシアターはまずまずのスタートから押して先行争い、2番手につける。少し抑え気味だが掛かっているというほどではない。3角坂の手前でもまだ抑える手応え。3角で内目からじわっと前に詰めようとするが、ここでペースアップ。4角で仕掛けるがサンビームに突き放されて2馬身半ほどの2番手で直線。序盤で仕掛けられるがジリジリと差を詰める程度で、ユニバーサルにかわされる。L1でも大きくばててはいないものの、勝負圏内からは脱落しての4着となった。見ている感じだと、結構スピードタイプのように見えたので、緩急があって切れが2F必要となったレースでは苦しかったのかなと思います。この条件では力負けだけど、もう少しスピードを活かせればなあと。


5着サンビームは好スタートから押して押していく気を見せると楽にハナを奪った。そのまま淡々と単騎逃げで3角。3角でもペースは上げなかったが、ルイーザに少し詰められると、4角で仕掛けて一気に突き放して2馬身半ほどリードで直線。序盤は突き放しにかかったが、ジリジリと差を詰められる。L1で脚色鈍らせると、最後は各馬に差し切られての5着完敗。この競馬で負けるようなら力負けなのかな。まあ今の淀は高速だけど、そこまで前は残らない馬場なので仕方ないかも。基本的に切れを持続させる脚が無かったのかなと。


7着ダノンフェニックスはまずまずのスタートから少し下げるが、押して先行争いに加わって行き、最終的に3番手の内ポケットでの競馬。そのまま大きな動きもなく3角へ。3〜4角でも最内を追走し、出口で仕掛けて3番手3馬身ほどで直線。序盤で仕掛けられるが、ここでは悪くない競馬。だが、L1で伸びきれずに脚色見劣ってなだれ込んでの7着。理想的な競馬でこれだと厳しいでしょうね。


10着レッドデイヴィスは好スタートから前を見ながら好位で進める。そのまま動かず3角へ。3〜4角で中目を追走し、4角で仕掛けられるが手応え悪く中団で直線。序盤で伸びきれず、L1でも伸びることなくの完敗となった。ん〜故障が判明したので、それが影響あったのかもしれませんが、こういう緩んでの極端な切れ勝負は向かなかったのかなと。もう少し前で競馬出来ていれば違ったかもしれませんが。勝負どころであまりいいポジションにいなかったのも大きいかな。


15着レッドセインツはやや出負けして、無理せず後方から進める。終始最後方で3角。3〜4角でも最後方のまま全く追われずにずるずる下がって直線。そのままばてて大差負け。ん〜、とりあえず必死で追え四位よ。追っても反応なく、ばてたのでもう追いませんでしたなら分かるんだけど、これって無気力騎乗と言われても仕方ないじゃん。手ごたえから追って伸びないとかは、ファンには分からないし、わざと負けたと言われても反論できないはず。一応この馬は人気の一角だったわけだから、こういうことをしないでもらいたいね。馬自体はよくわからないんだけど、ディープサウンドの惨敗に近い感じかな。距離の壁なんですかね。そんなに強い馬では無いと思っていたけど、ここまで惨敗するほど弱くもないはずなので。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット


posted by カタストロフィ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。