(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年06月21日

フィフスペトルが混戦の中から抜け出せるか?@夏至S(OP)レース展望

夏至S(OP) 中山芝内1800m
登録馬一覧

アドマイヤダンク 56.0
アドマイヤメジャー 56.0
イコピコ 56.0
オセアニアボス 56.0
オペラブラーボ 57.0
ダイシンプラン 55.0
デストラメンテ 56.0
トップカミング 55.0
ドモナラズ 57.0
ハンソデバンド 55.0
フィフスペトル 56.0
フライングアップル 55.0
ホワイトピルグリム 55.0
マイネルクラリティ 55.0
ムラマサノヨートー 56.0
メインストリーム 56.0
ラインプレアー 56.0
ロードキャニオン 56.0

地方馬、外国馬
コスモヴァシュラン 55.0


混戦模様の割とトリッキーコースな中山1800mという舞台。予想的にはかなり難解ではないか。確たる中心馬は存在せず、どの馬にも展開次第ではチャンスが生まれてくるだろうし、また実力を出し切れないケースも出てきそう。馬場自体は極端な前残りということはなかったが、それでもある程度前につける馬を狙いたいところだ。


中心はフィフスペトル。前走の京王杯でこそ距離不足で位置取りに苦労した感じだが、普段はもう少し前目から競馬ができる馬。好位から緩めのペースを楽に追走して終い切れるタイプだけに、それほどペースが上がらない中山1800mは良さそう。内枠有利ではあるが、この馬は外を回されてもキレ負けするタイプではないので今の馬場なら力は出し切れそうだ。ここ2走は着順は奮わないが内容自体は決して悪くはないので。中心としては少し物足りない印象は否めないものの、混戦で競馬スタイルからもこの馬が妥当か。


相手筆頭も悩ましいがホワイトピルグリム。ここ2走が悪くない内容で、OPなら当然上位の扱いにはなってくるのだが、この馬には小器用な脚がないので、中山1800mでそれも、夏場の軽い馬場には不安が出てきそう。そこそこしぶとい脚をもっているし、下り坂からの持続戦は京都適性からも得意条件だと思うので、展開次第になりそう。序盤にいい位置につけられるようなら面白いが。その辺はタイプ的にも少し恵まれないとというところ。力でどうにかできるか。


3番手にはオペラブラーボ。厳しいペース、ハイレベルなメンバーだった大阪杯では休み明けもあってか高い壁を感じたが、緩いペースのメイSでは好位からじわっと伸びてきた。オペラハウスらしいというか、意外と軽い馬場での緩いペースに強い馬なので、この舞台は面白そうではあるが、テンが速い馬ではないので、1角までの距離が短い坂スタートの中山1800はどうか。この辺をうまくこなせれば、面白い。


トップカミングが初中山に小坂騎乗で復調できるか。休み明け以降3走は全くいいところなしの内容。瞬発力には乏しいので、初中山は意外と面白いかもしれない。スピードに乗ってからは良い脚を使えるので、向こう正面での仕掛けどころが重要になってきそう。能力は高い馬なので、この相手でも通用しそうだが、あとは出来といったところ。


アドマイヤメジャーも実力はあるはずの馬。相変わらずここ2走はまるで駄目だが、昨年の垂水Sで見せたパフォーマンスは重賞の1つや2つは持っていってもおかしくないほどの強烈な末脚。持続戦で全くばてないタフさが売りなのだが、逆に言えばスピードや瞬発力を要求されるとまるで駄目。平均的なペースが望ましい馬で、中山1800mだと少し難しいところはあるか。雨でも降って持久力が問われれば中心まで浮上してくる。


穴候補ではダイシンプラン。休み明け初戦の大阪城Sはキレ負けもあったが、馬場が重かったきらいもある。夏馬で、その最大の理由は高速馬場の野芝適性が抜群という印象で、ダンス産駒らしい平均ペースの高速馬場で最後に突っ込んでくるタイプ。緩急があるとダメなので、この馬も展開次第ではあるが、ロングスパート戦になれば、やはり油断はできない。前走は外回りの新潟で上がり最速も前がばてないというケース。やはり脚はある。あとは、どういう展開になるかでしょうね。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット



posted by カタストロフィ at 22:34| Comment(5) | TrackBack(0) | OP・準OP展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

ロビンフットが3歳短距離勢の勢いを見せるか@バーデンバーデンC(OP)レース展望

バーデンバーデンC(OP) 中山芝外1200m
登録馬一覧

アポロドルチェ 54.0
アポロフェニックス 55.0
エーブダッチマン 55.0
ケイアイアストン 56.0
サクラベル 50.0
ジェイケイセラヴィ 56.0
シャウトライン 56.0
シンボリグラン 56.0
ダイワマックワン 53.0
フライングアップル 55.0
リキサンファイター 51.0
レイクエルフ 49.0
レディルージュ 53.0
ロビンフット 52.0


福島が被災のため開催できず…変わってこの時期に代替開催で中山で行われることとなりました。時期的にも高速馬場でしょうし、9月の中山開催に近いイメージで良いかと思います。ここはオープン競走だけど、そこそこのメンバーが集まったかな。


中心は3歳馬ロビンフットを抜擢。ここは混戦で、レースレベルはまずまずだけど確たる存在はいない。ロビンフットはもともと2歳夏に1200mで連勝を果たした馬。ラベンダー賞ではマイネショコラーデやヤマノラヴを抑えてのレコード勝ちで、特にキレ味を秘めた馬。ゼンノエルシド産駒でスピード強調の1200〜1600mなら面白い。京王杯の内容が思ったより悪くないし、瞬発力を問われにくい中山1200mならこの相手でもハンデで一発十分だ。


相手筆頭には葵Sで2着と善戦したサクラベル。実はなかなかのハイレベル戦だった葵S。勝ち馬ロードカナロアは言うまでもないが、スギノエンデバーやツルマルレオン。、プランスデトワールといった強豪相手に2着。鋭く脚を伸ばしてきた。京都1200は序盤が緩いのでキレを活かせたともいえるので、序盤からペースが上がる古馬との中山1200mで真価が問われそうだ。


3番手には重賞戦線で思った以上に善戦するシンボリグラン。流石に全盛期から考えると見劣るが、古馬でこの相手ならまだまだ譲れない部分もある。京王杯SCでも宮記念でも位置取りによるキレ負けという感じで、ある程度ペースが上がりやすい中山1200mなら侮れない存在だ。ハンデ56kgも悪くないし、OP特別ならそろそろ復活があっても。


ケイアイアストンがそろそろ復調を見せたいところ。京阪杯では一度は先頭に立ちながらスプリングソングに差しかえされて重賞制覇ならずの2着。それでも力はつけてきていた。今年の2走、オーシャンSは相手も強敵だったし、大外枠から先行していっての競馬で休み明けを考えれば悪くない内容。前走は不良馬場だったし参考外とすれば、今回は巻き返せるか。


ダート路線から芝に再度切り替えてきたレディルージュも怖い。ダートの準OPなにわSで先行してしぶとく抑えきったが、内容的にダートでは辛い印象。ただ、芝では阪神牝馬Sの阪神1400mと得意条件で完敗しているし、全盛期の勢いは感じられない。地力は上位だが、ダートから芝代わりというだけでは強調に欠くか。相手はそこそこそろった印象で。


ダークホースにはダイワマックワンだ。高速馬場の芝1200mは実は得意条件で、12月のラピスラズリSでも相手を考えればかなり善戦している。今回はそこで1kg重い斤量で先着しているフライングアップルより2kgも軽いハンデ。単純なスピードは優秀で、中山芝1200m適性は抜群。この相手なら当然怖い一頭だ。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット



posted by カタストロフィ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | OP・準OP展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

メイショウクオリアが待ちに待った洋芝で@五稜郭S(OP)レース展望

五稜郭S(OP) 函館芝1800m
出走馬一覧

イコピコ 57.0
コロンバスサークル 52.0
ストロングガルーダ 54.0
ダンスインザモア 55.0
ファストロック 50.0
ブリッツェン 56.0
ホッカイカンティ 56.0
マヤノライジン 54.0
マンハッタンスカイ 56.0
メイショウクオリア 56.0
リリエンタール 55.0


なかなかに渋いメンバーがそろったが、その中に勢いに乗る馬も何頭かいてそれなりに楽しめそうな一戦。洋芝適性を見せている地味な実力馬を取るか、未知の魅力ももつ若手を取るか。


中心は地味な実力馬メイショウクオリアだ。洋芝オンリーの北海道開催では抜群の安定感を持つ馬。軽い馬場だとスピード負けしてしまうが、この力の要る洋芝で激しくなりにくい小頭数はやはり魅力。前走はハイレベルのレースに先行争いですでに脚を終わらせていたし、前々走は高速馬場でキレが明らかに足りなかった。休み明けは不安も、パッとしない相手にこの条件なら初戦からでも。


相手筆頭には連勝で重賞まで制したブリッツェン。相変わらず地味だが、マイペースで運べれば最後はそれなりのキレとしぶとさで粘りこめる。ダービー卿は展開・相手に恵まれたのでここが試金石の一戦。とはいえ、逃げてからは底を見せていないし、上のクラスではないとはいえ札幌1500mで勝利と適性面での不安もない。このメンバーなら先行争いはそう苦にしなさそうで、再度ハナを主張できれば勢いは一番。


3番手には4歳馬リリエンタール。モンジュー×モンズーンと重ったるい血統ながら、それなりのスピードは持っている馬。ただ不良馬場の前走で鋭く伸びきったり、日高特別で洋芝巧者のエジソンをしっかり退けたりと、力の要る馬場でこその印象で、洋芝は歓迎の口のはず。2走前の東京1800mきぼう賞でも、やはりキレ負け。この条件で積極的な競馬が出来れば力は秘めている。


穴候補ではコロンバスサークルか。ここ3走は条件が悪かった。前走は軽い馬場でスピード負けの印象。3〜4角で外目、少し苦しい競馬になったのもある。2〜3走前は距離が長かったが、メトロポリタンSでは2番手でL3最速の苦しい競馬の中で、しぶとく食い下がって0.2差。ある程度タフさが問われる舞台がいいし、前半はゆっくり運べる方がいいのでこの条件はピッタリか。中距離がベスト条件でレース運びがスムーズなら。


他にも洋芝巧者が多く、馬券的にも面白いレースになりそうだが、ここを勝ってサマー2000路線の主役候補を探るのも面白そうだ。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット



posted by カタストロフィ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | OP・準OP展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。