(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年12月26日

ジャミール@有馬記念出走各馬個々分析

jameel.gif


8枠16番ジャミール。父と同じく超善戦マンが遂に有馬記念の舞台に…。父もここで善戦し、GI路線に本格的に出ていった。今年は凄く安定しているが、勝てないのは変わりない。この大舞台でこそ、父の代名詞、乾坤一擲の末脚を発揮できるか。


◎良いところ
・父サンデー系×母父ND系が好調
穴をあけたトゥザヴィクトリー、シルクフェイマス、ダイワ兄妹、エアシェイディ、全て父サンデー系×母父ND系配合。有馬記念はこの組み合わせが穴では強い。


・2400m以上は抜群の安定感(2.3.1.1)
着外になったのはスローの切れ勝負で位置取りの差で負けた天皇賞春だけで、後は全て馬券圏内。この舞台なら切れ勝負になることはないだろうし、これは大きな追い風になりそうなデータ。


・内回りの中山は2戦1勝2着1回
迎春Sで勝利、ステイヤーズSで2着と中山内回りの適正を示している。



△微妙なところ
・相手が超大幅強化
今のところ唯一のGI出走である春の天皇賞は、かなりメンバー的にレベルが低かった。重賞好走とはいえ、そのメンツもここに比べればはるかに見劣る。それよりも明らかに強化されたという点では、自身のパフォーマンスを相当上げてこないと厳しい。


・8枠は厳しい。(2.1.0.17)
2勝はシンボリクリスエス、2着1度はアドマイヤモナークで、基本的に8枠は苦しい。


・福永は有馬記念の騎乗経験が少ない
中山2500m、それもトップクラスの馬が集まる有馬記念での乗り方を経験として培っていないのは純粋にマイナス。古馬王道GIをまだ勝っていない騎手で、テン乗りというのも大きなマイナス要素か。
posted by カタストロフィ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドディザイア@有馬記念出走各馬個々分析

reddesire.gif


8枠15番レッドディザイア。今年はドバイのオールウェザーで活躍。マクトゥームでグロリアデカンペオンを抑えての勝利、本番では敗れたが。遠征明けのVMでは伸びきれず、アメリカ遠征は善戦どまりに終わったが、今年最後の有馬記念。ブエナを破った馬がここでも主役になるか。


◎良いところ
・3歳時はブエナビスタと互角
桜花賞では0.1差、オークスでは時計差なしの2着。秋には降着関係なくブエナビスタを破っての勝利。ジャパンカップでもウオッカに0.2差と、3歳牝馬の枠を超えた活躍はブエナビスタと同じ。地力は間違いなくブエナに匹敵するだけのものはあった。


・ハイペースのジャパンカップでも最後までしっかり伸びる
淀みなくハイペースだったジャパンカップでも最後まで伸びたことで、スピードの持続力とそこからのキレを見せたという点では有馬記念の舞台でも対応できそうだ。


・父サンデー系×母父ND系が好調
穴をあけたトゥザヴィクトリー、シルクフェイマス、ダイワ兄妹、エアシェイディ、全て父サンデー系×母父ND系配合。有馬記念はこの組み合わせが穴では強い。



△微妙なところ
・8枠は厳しい。(2.1.0.17)
2勝はシンボリクリスエス、2着1度はアドマイヤモナークで、基本的に8枠は苦しい。


・中山競馬場は初
経験がないという点では適正面で不明であるという点も大きいが、初めての競馬場に輸送という条件からは、良いとはいえないか。


・長期遠征明け
単発ならともかく、今年は秋に2戦使っているので、そのあたりがどうか。
posted by カタストロフィ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペルーサ@有馬記念出走各馬個々分析

perusa.gif


7枠14番ペルーサ。有馬に強い藤沢厩舎にして3歳世代のキワモノ、出遅れの天才という不名誉な肩書を持つ馬。それでも出遅れながら2着に食い込んできた秋の天皇賞をみると、出遅れのハンデはあっても、展開次第では通用する馬だ。さて、今回は出れるのか、出ないのか?



◎良いところ
・底は見せてない
というより、いつも出遅れるので、底がわからない。青葉賞ではばっちりスタート決めるとトゥザグローリーをぶっちぎっているので、強いのは強い。ダービーは出遅れた上に超スローでは不完全燃焼。判断が難しいが、持っているものは間違いなくGI級。


・秋3戦は全てメンバー中、上がり最速。
ブエナより速い脚を繰り出した秋の天皇賞、ブエナと同じJC、毎日王冠でも出遅れながら外からロスをしながら、しぶとく伸びてきた。この末脚は本物か。


・若葉Sでヒルノダムールを完封。
前半から早いペースでタフさが要求されたレースで、皐月賞2着馬ヒルノダムールをねじ伏せたのだから強い。中山という舞台は初めてではあるが、この内容ならある程度は。




△微妙なところ
・とにもかくにも出遅れ
ペルーサのおかげで、スタートの緊張が通常の倍ぐらいの集中で見てしまう競馬ファンも多いでしょう。これがあるかないかで、追い込みでは勝ちきれない有馬記念という舞台では、勝敗がはっきり分かれると言っていいでしょう。


・死の7番枠
(0.1.1.18)と悲惨な枠に入ってしまった。追い込み馬、というか出遅れるのであまり関係ないかもしれないが、良くはない枠。


・タフな中山で後方からでは難しい
ある程度スローからのロンスパ戦という傾向が強い中山2500mで、長くいい脚を使える馬が多い中、若葉賞の内容でどこまで通用するかは疑問。ヒルノダムールはあくまで上位であって、一流ではない。
posted by カタストロフィ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オウケンブルースリ@有馬記念出走各馬個々分析

oukenbluesri.gif


7枠13番オウケンブルースリ。今年は1年近い休養明けの京都大賞典でメイショウベルーガの2着、JCでは7着に敗れ、全盛期の勢いが少し影をひそめてしまっている。それでも、昨年のJCではウオッカとの死闘で2着に入ったように、地力は侮れない。


◎良いところ
・嵌った時の破壊力は強烈。
JCの2着や、菊花賞の抜け出し、昨年の京都大賞典のように、とにかく嵌れば凄い脚を使える。有馬ではときたまこういうタイプの馬が外から伸びてくるケースもあるので、展開次第では怖い1頭だ。


・前走は位置取りの差。
京都大賞典では明らかにメイショウベルーガに完敗しているが、休み明けを考えれば上々。叩いて2走目で、位置取りの差で勝ち馬と0.2差なら良化していると見る方がいいだろう。


・距離不安なし
菊花賞を勝っているように、単純に距離不安がない分は、3歳馬より信頼しやすい。




△微妙な点
・タフな馬場では苦戦
上がり3F33〜34秒台になるような舞台では決め手を活かすことができるが、阪神大賞典のように、タフな馬場で追走に脚を使わされると伸びきれない。今の中山で内回り2500という舞台は決して良いようには見えないが。


・今年は力を見せていない
確かにJCは力負けではないし、京都大賞典では長期休み明けだったが、力勝負でメイショウベルーガに負けた。単純に去年のJC以降は力を見せていないという点では不安が先に立つ。


・初の中山
3歳牝馬なら分からなくもないが、ここまで中山競馬場を使わないということは、ある程度陣営も意図しているのではないかと疑いたくなる。このメンバーで初中山。不安が大きいか。
posted by カタストロフィ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリームジャーニー@有馬記念出走各馬個々分析

dreamjurney.gif


6枠12番ドリームジャーニー。昨年の主役の1頭だった馬が、今年は脇役に甘んじている。グランプリ3連覇がかかった宝塚でも完敗、GIIでも取りこぼしが目立つ。しかし、有馬記念といえば復活の舞台。華麗な4コーナーの捲りを見せることができるか。


◎良いところ
・グランプリハンターはやはり中山で安定
今年もオールカマーではシンゲンに届かなかったものの、しっかり僅差2着に食い込む。今年の連対例は実はこれだけだが、やはり中山が良い。


・昨年の有馬記念は圧巻
ブエナビスタとは半馬身差だったが、3着をしっかり突き放した内容で、相当に評価できる。時計も優秀。この舞台を考えれば、今年の成績が不調でも、評価を落としたくない要素だろう。


・ようやく斤量が57kg
58kgでは宝塚で勝っているとはいえ、馬体が大きくない馬だけに、57kgで走れるのは良い要素。今年の不調は宝塚以外59kgというのも響いているか。




△微妙なところ
・3か月の間隔明け
脚部不安で3か月の間隔明けを考えると、一応順調に使えていた昨年と比較すると、やはり評価を下げる要因にはなってくるだろう。


・今年はやはり少し足りない
前述の斤量のせいもあるだろうが、宝塚記念では本来もう少し上位に来なければいけない展開だったが、伸びきれなかった。オールカマーでも相手を考えれば、取りこぼしたくない内容。大阪杯では明らかな格下に完敗。強調は出来ない。


・昨年の有馬はブエナ以外のメンバーのレベルに疑問
千切ったとはいえ、3着以下はエアシェイディやフォゲッタブル、マイネルキッツ、セイウンワンダー、マツリダゴッホ…中途半端な馬や全盛期を終えた馬ばかりで、今回は相手が大幅に強化となる。その辺がどうか。
posted by カタストロフィ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。