(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年11月06日

エスポワールシチーは11番枠@BCクラシック(GI)出馬表

bcc.gif


前哨戦マイルCS南部杯で2着とはなったものの、この距離なら当然期待したいのがエスポワールシチーと佐藤哲三。アメリカのタフなスピード我慢比べに合いそうなタイプだし、行くからには成果を期待しています。今回は都合によって応援できないんですが、見れる方、みなさん俺の分までエスポ君を応援していただけたら幸いです(´Д`;)


相手は…言わずもがなのゼニヤッタ。なんだけど、この馬はトップクラスの競馬をしているのは実は全部オールウェザーで、ダートでは2戦しかしていない。時計もそんなに早いわけではないので付け入る隙はあるんじゃないかと勝手に思ってる。それでも生涯無敗の19連勝は凄すぎる。願わくば、強い競馬をするゼニヤッタを見たい。そのうえで別に勝つ馬がいるならば、それ以上のパフォーマンスを見せて勝ってほしい。
posted by カタストロフィ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドディザイアは4着…@BCフィリー&メアターフ(GI)結果

 現地時間5日、米・チャーチルダウンズ競馬場で行われた第12回ブリーダーズカップフィリー&メアターフ(3歳上牝、米G1・芝11f、11頭立て)に、日本からレッドディザイア(牝4、栗東・松永幹夫厩舎)がK.デザーモ騎手で出走。


 道中1番人気のミッデイ Middayを内に見る形の5番手追走から、4コーナーで外を回って進出したものの、直線伸びを欠き約2馬身差の4着に敗れた。


 勝ったのは最内から伸びたE.プラード騎手鞍上のシェアードアカウント Shared Accountが、ミッデイ Middayの追撃をクビ差振り切り優勝。勝ちタイムは2分17秒74。さらにクビ差の3着には後方から脚を伸ばしたキアターナ Keertanaが入った。


引用先:http://sports.yahoo.co.jp/news/20101106-00000001-kiba-horse.html


うわぁ…寝坊してレース見れなかったorz...しかもレッドディザイア4着か…勝った馬も伏兵っぽい感じだなあ。う〜ん、レッドディザイア残念だけど、日本馬にはこれからもBCには挑戦していってほしいな。まだ総大将のエスポ君がいるにはいるけど、相手がゼニヤッタだからなあ。
posted by カタストロフィ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドディザイアは10番枠@BCフィリー&メアターフ(GI)出馬表

bcfmt.gif
発走時刻は日本時間で11/6(土)07:50頃


レッドディザイアは外から2番目の枠ですね。まあ包まる危険は少なくなったけど、ロスが多くなるので、そのあたりがどうかですね。割と平均ペースなら持ち味を活かせると思うので、多少ロスしてでもスムーズな競馬ができそうなこの枠はレッドには吉と出るんじゃないですかね。フラワーボウル招待でもいかにも前哨戦、休み明けであの内容なら、ここでも好勝負可能でしょう。


相手筆頭と言うか、ここでは中心視されているのが昨年の同レース覇者ミッデイ。普通に今季も好調で、ここでレッドが勝つためには大きな壁となるのは確か。


これ以外にもサンクルー大賞勝ちプリュマニアや他にも強敵は一杯いるが、まずは自分の競馬を出来るかがポイントだろう。そこそこ軽い馬場で緩急があまり無いアメリカ競馬はレッドディザイアにとってはいい条件のはずなので、まともなら好勝負可能だと思います。明日は朝から応援ですよ〜!
posted by カタストロフィ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

トウカイトリックは12着完敗…@メルボルンC結果

オーストラリアの祭典メルボルンC(2日、豪GI、芝3200メートル)がフレミントン競馬場で行われ、日本から参戦した藤田伸二騎手騎乗のトウカイトリック(牡8歳、栗東・野中賢二厩舎)は12着に終わった。勝ったのはフランスからの遠征馬でG・モッセ騎手騎乗のアメリケイン(牡5歳)。

 日本馬のメルボルンC挑戦は、トウカイトリックを含めると4頭。過去3頭の日本馬の成績は05年アイポッパー12着、06年デルタブルース優勝、ポップロック2着。日本馬の活躍が目立っており、トウカイトリックも好走が期待されていたが、残念な結果となってしまった。

 このメルボルンCは、長距離のハンデ戦のため、チャンピオン決定戦という意味合いは薄れているが、“オーストラリアの祭典”という点で盛り上がり、この日は休日になるエリアもある。また、前日には市内で恒例のパレードが行われていた。



引用先:http://sports.yahoo.co.jp/news/20101102-00000518-sanspo-horse.html


う〜ん、残念。トウカイトリックに3000mは短かったのかな…。しかしメルボルンCは良い位置にある長距離GIなので、JCや秋天では距離の短いステイヤーはここを目指して好走して有馬に出てきてくれれば盛り上がるかもしれませんねえ。デルタブルースの快挙に続く馬が出てきてくれれば良いなあ。とりあえずトウカイトリック&陣営はお疲れさまでした。
posted by カタストロフィ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

蛯名「もうひとつ上、何とか勝ちたかった…」@関西TV凱旋門賞特集より

関西TVでの凱旋門賞特集より、蛯名騎手のコメントが入ってきたので、多少漏れはあるかもしれませんが、ここに載せておきます。

――――以下蛯名の発言を出来る限りまとめました。


「ホントに、この馬自身の競馬が出来て、力は出し切れた。結果的には勝ちたかったが、良い競馬はできたと思う。まだ4歳だし、もう一度チャレンジしたい。不利については、内も外もごちゃついてたし、各馬多少は不利を受けていた、自分の馬だけのことではないし、これも競馬の一つだと思う。

自分自身のことに関しては、緊張感はあったが、舞い上がるとかではなく、ナカヤマフェスタの力を出すと言うだけを集中して、後は結果がどうなるかと言う感じ。もうひとつ上があったので、何とか勝ちたかったが、良い競馬は出来ていると思う。もちろん勝ちたかったが、自分の中ではある程度上手く乗れた。馬も良くなってきているし、これで終わりじゃないので、まだまだ頑張っていきたい。」



大体こんな感じでした。それにしても、蛯名騎手、悔しそうな顔してましたね。この内容に満足しないところが騎手として素敵だと思います。本当に、素敵なレースを演出してもらい、ありがとうございました、お疲れさまでしたと、一言述べておきたいと思います。深夜まで応援していた皆さんもお疲れさまでした。
posted by カタストロフィ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。