(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年12月24日

ローズキングダム有馬記念を出走取消…疝痛のため

「有馬記念・G1」(26日・中山)への出走を予定していたジャパンCの覇者ローズキングダム(牡3歳、栗東・橋口)が24日、セン痛(腹痛)のため、出走を取り消した。木曜の夜に、馬房で異常が見られたもの。橋口師は「非常に残念だけど、あれだけの大レースなので万全の状態で出さないと、ファンに申し訳ない。痛み止めの注射を打ったら、すぐに楽になりました。一時的なものだし、今は元気です」と無念の面持ちで語った。



引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000008-dal-horse


ほんとに残念極まりないですね。ブエナとローズの再戦というのが、この有馬のひとつのスポットであったことは間違いないんだし、その一角がレースの前で姿を消してしまうというのは本当に残念でなりません。う〜ん、史上最高に楽しみだった有馬記念なだけに、このショックは大きすぎる…。3歳のJC馬、皐月賞馬、ダービー馬、NHKマイルC馬が揃ってたのに…。ああ…本当に残念です。まあ、それほど大きな故障というわけでもなく、ただの疝痛なんで、来年に影響はないですけど、今年の大一番がこんな形になるとは、残念としか言いようがないですね。
posted by カタストロフィ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

ブエナビスタ1位入線も斜行でまさかの2着降着!@ジャパンカップ速報

1着06ローズキングダム
2着16ブエナビスタ
3着02ヴィクトワールピサ

なお、1位入線のブエナビスタは最後の直線で、ローズキングダムの進路を妨害したため、2着に降着処分となっています。詳しくはJRAのHPでご確認ください。降着の是非については、後ほどパトロールフィルムを見たうえで、個人的な見解を載せたいと思います。
posted by カタストロフィ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

【速報】マイルCS出走のスマイルジャックに鞍上川田で決定@落馬負傷の三浦に替わり

ソースはありませんがグリーンチャンネルの放送がありました。
三浦→川田です。

また後ほどまとめて記事を書きたいと思います。
posted by カタストロフィ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】三浦皇成が直線で落馬…騎乗馬故障で地面に叩きつけられる。詳細不明

ソース無しです、すいません。GCでの情報をもとにとりあえず速報。

11/20(土)東京6Rでナムラノーブル(三浦皇成)が直線で故障を発生し、そのまま落馬。地面に叩きつけられ、後続に少し蹴られたようにも見えた。詳細は不明。土曜は騎乗予定が全てキャンセルになりました。マイルCSに騎乗予定のスマイルジャックだが、続報を引き続きお待ちください。



とりあえず三浦…生きて帰ってこい。落馬は怖いんだとしっかり思い知って、内田やその他の騎手に思いっきり謝ってこい。見ている感じではザタイキの武の落馬ほどではないと思うんだけど。
posted by カタストロフィ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

横山典弘騎手、驚異的な回復力で今週復帰へ!

 横山典弘騎手(42)=美浦・フリー=が9日朝、今週の東京競馬でレースに復帰することを明らかにした。9月26日の中山競馬3Rで落馬負傷。治療に専念していたが、6日に調教騎乗を再開し、その後の回復も順調だったことから、GOサインが出た。


 横山典騎手は9日、藤沢和厩舎のウォンビーロング(牝3、1000万下)とシャイニンロミオ(牡2未勝利)の調教に騎乗。6日に現場復帰してから、7日には同厩のペルーサ(牡3オープン)に乗るなど、復帰へ向けて、徐々にピッチを上げてきた。「乗った感じは大丈夫。変な状態では戻りたくなかったし、五体満足で馬に乗れることのありがたみを実感した」と明るい表情で語った。


 9月26日の中山競馬3Rで落馬。中心性頸髄損傷、頭蓋骨骨折と診断され、入院した。意識ははっきりしており、骨折もひびが入った程度という状況だったが、全快までには相当な時間がかかると思われた。「落馬した次の日は、人生を考えた。騎手は無理だと思った。でも最悪じゃなくて良かった。ファンが贈ってくれた千羽鶴にも勇気づけられた」とリハビリに励んだ。一流アスリートならではの回復力の早さを見せ、予想を上回るスピードで、実戦復帰を決めた。


 9日時点で決まっている騎乗馬はシャイニンロミオ(日曜2歳未勝利・芝1800メートル)だけだが、水曜日以降に騎乗依頼が増えるのは必至。「今はウズウズとかソワソワはないけれど、レース当日になったら気合が入るんだろうね。いつも通り自然体で乗りたい」と横山典騎手に気負いはない。


 今年はすでに113勝。2位の蛯名騎手の97勝(9日現在)に16勝差をつけてリーディングの1位をまだ守っている。日本を代表するトップジョッキーのカムバックはファンや競馬界に何よりの朗報だ。


引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101110-00000502-sanspo-horse


いやぁ…早かった。びっくりするぐらい早い復帰ですね。心配が杞憂に済んで、本当によかったです。関東はやっぱりノリがいないとレースが締まらない。やっと帰ってきてくれた。それでもまずは、無理せず、無事に1周周ってきてくれればそれで良いかなあと思います。JCまでに間にあってくれたのは本当にうれしい。JCではペルーサになるのかな。ブエナはスミヨンが乗りにきそうだし。今週はノリに加えて岩田も復帰。一気に華やかになりますねえ。
posted by カタストロフィ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。