(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2010年08月15日

武豊復帰後重賞初勝利!クイーンSアプリコットフィズで快勝!

札幌9RクイーンS(G3)
1着アプリコットフィズ 武豊
2着プロヴィナージュ  佐藤哲
3着カウアイレーン   横山典



武豊、やっぱりいないと盛り上がらないね。今日は完璧すぎる競馬でした。こういう競馬を涼しげにやれる武が帰ってくると、また競馬が一つ面白くなるな。しかし外枠を問題にしない好騎乗。素晴らしい。
posted by カタストロフィ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

ハービンジャーが骨折、引退…キングジョージ11馬身の圧勝

欧州最強古馬のハービンジャー(牡4歳、英・スタウト厩舎)が現地時間7日、英ニューマーケットでの調教中に左前脚の管骨を骨折。今季の出走が絶望的になった。今後については近日中に発表されるが、このまま現役を引退する可能性が高いという。

 同馬は、7月24日の英キングジョージ6世&クイーンエリザベスSで、後続に11馬身差をつけてコースレコードを叩き出し、IFHA(国際競馬統括機関連盟)が発表するワールドサラブレッドランキングでは第1位。日本からヴィクトワールピサとナカヤマフェスタが参戦予定の凱旋門賞(10月3日、仏ロンシャン競馬場)の最有力候補だった。今回の故障を受け、各ブックメーカーは、フェイムアンドグローリー(牡4歳、愛・オブライエン厩舎)を1番人気にしている。


引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100809-00000017-sph-horse


うわっぁぁぁぁ…最高の凱旋門賞が…。ワークフォース復活に期待するしかないなあ。しかしハービンジャーのキングジョージの一戦は衝撃だったからなあ。近代競馬で古馬混合GTをぶっちぎるってのは、しばらく無いだろうなあ。日本でもそうだけど、今は馬場が高速化してレースがスローで着差が開きにくい傾向。日本・海外通じて久しぶりに化け物と思えただけに…。今年は日本の3歳もレベルが高いと思うし、正直ヴィクトワールがどこまでやれるかと思ってたけど、最大のライバルが引退すると言うのは競馬的には残念でならない。
posted by カタストロフィ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。