(・∀・)<注目記事一覧だよ〜

【競馬ニュース】●L.デットーリが日本ダービーでデボネアに騎乗

【5/22(日)優駿牝馬(GI)】●展望

【5/22(日)東海S(GII)】●展望

【重賞回顧】●ヴィクトリアマイル(GI)

2011年05月26日

オルフェーヴルは3枠5番@東京優駿(日本ダービー)(GI)枠順発表

2011darby.gif


皐月賞で圧倒的な勝ち方で世間をあっと言わせたオルフェーヴル。二冠へ向けて、強敵を相手に皐月賞と同じような爆発的な末脚を披露することができるか。最大の舞台に向けて、3枠5番を得て準備を整える。


オルフェーヴルに敗れ、悲願のGI制覇を雪辱という形で遂げたい実力馬サダムパテック。弥生賞で見せたキレ味は東京2400の舞台で活きるか。1枠2番で打倒オルフェーヴル、そしてダービー制覇へ向けて出陣。


青葉賞を制したウインバリアシオンは1枠1番、プリンシパルSを制したトーセンレーヴは8枠16番、京都新聞杯を制したクレスコグランドは3枠6番、天才ランフランコ・デットーリで挑む皐月賞4着馬デボネアは6枠11番にそれぞれ入った。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット


posted by カタストロフィ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 枠順発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイネルスケルツィ引退…NZTなど重賞2勝馬

 2006年ニュージーランドトロフィー(GII)などに優勝したマイネルスケルツィ号(牡8歳 美浦・稲葉 隆一厩舎)は、5月26日(木)付けで競走馬登録を抹消しますのでお知らせいたします。

 なお、同馬は札幌競馬場にて乗馬となる予定です。


引用先:http://www.jra.go.jp/news/201105/052506.html


スケルツィ…引き際を間違ったかな…。岡田勢は引き際を間違える馬が多いのが残念。コスモバルクなんか明らかにおかしい、何やってんだろうと思うし。去年の夏にオープンで微妙だったし近走の二桁着順はちょっとさみしいですねえ。実力馬だっただけに。サムソン世代の渋いマイラー。抜け出してからがしぶとい馬でした。乗馬で頑張ってほしいですね。お疲れ様でした。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット

posted by カタストロフィ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイネルキッツらに、昇り龍の4歳馬が食らいつく@目黒記念(GII)レース展望

目黒記念(GII) 東京芝2500m
登録馬一覧

アクシオン 57.0
アースシンボル 52.0
イケドラゴン 52.0
イコピコ 57.5
エーシンジーライン 55.0
オウケンサクラ 55.0
キングトップガン 51.0
ケイアイドウソジン 57.0
シグナリオ 53.0
シゲルタック 52.0
シャイニータイガー 53.0
ジャミール 57.0
タニノエポレット 52.0
トウカイトリック 57.5
トレイルブレイザー 54.0
ネコパンチ 53.0
ハートビートソング 56.0
フォゲッタブル 57.5
ブラストダッシュ 56.0
ホワイトピルグリム 55.0
マイネルアンサー 54.0
マイネルキッツ 58.5
マイネルゴルト 55.0
マカニビスティー 56.0
モンテクリスエス 56.0
ヤングアットハート 55.0
ロッカヴェラーノ 49.0


ダービーの日の最終から、以前のように土曜開催になった目黒記念。ハンデ戦で難解なレースではありますが、今年は上がり馬の4歳馬が多いけど、少し低調なメンバー構成かなあと。


中心は古豪マイネルキッツ。天皇賞春の勝ち馬で生粋のステイヤー。2500m以上で安定した成績で、持ち味はやはりしぶとい粘り腰。淀の鬼で、基本的には下り坂で加速して粘りこむスタンスなので、東京のキレ勝負になると多少不安があるのも確かだが、ステイヤー要素が問われる2500mなら極端なキレ勝負になることは珍しいので久々勝利のチャンス。ハンデは少し重いがGI馬なのだから当たり前。力的にもここでは一歩抜けけた存在であることは確か。上がり馬の4歳馬は怖いが、ここは古豪として意地を見せたいところだ。


相手筆頭も古豪モンテクリスエス。前走はダートで持ち味を生かせずの完敗となったが、長距離芝路線では安定株の一頭だ。鋭く切れる脚は全くないが、前がばてるような展開になれば、最後にしっかり伸びてくるというタイプの馬で、東京でも割とタフな展開になりやすい2500mはプラスとなりそう。相手関係からもそこまでの強敵はマイネルキッツぐらいだし、ハンデ差も2.5kgは決して小さくない差でしょう。この相手関係と、近走の安定感なら中心となってもおかしくない馬です。


3番手には天皇賞で並み居る有力馬の中で4着と、あわやの大波乱を演出しかけたマカニビスティー。タフな阪神大賞典、出入りの激しかった春の天皇賞でしっかり伸びたように、早い上がり競馬よりも持続力が問われるケースで侮れない一頭だ。ただ、今回は府中の2500mと、距離短縮でキレを少しは問われる舞台。それに、春天・阪神ともにタフなば馬場での競馬だったので、今の高速馬場でどうなるかの不安はありますね。この舞台でも好走できるようならいよいよ本物でしょう。


タフな競馬となったメトロポリタンSで初距離ながらに好位からしぶとく抜け出したケイアイドウソジンも勢いでは怖い。今までは中距離中心で使われてきた馬が、2400mの距離で激変。オープンでも通用することを示した。中山金杯でも先行してキレ負けしていたので、意外とタフな条件で本領を発揮するタイプなのかもしれない。


4歳勢の上がり馬からはロブロイ産駒2頭、まずは連勝で勢いに乗るハートビートソング。地味にハイレベル戦だったウインズ八代開設記念では3番手からさっと抜け出し完勝。カワキタフウジン、トレイルブレイザー、デルフォイあたりをしっかり押さえての内容で、やはり力を見せつけた形。青葉賞ではトゥザグローリーと半馬身差。成長前とはいえ、素質の差は引けを取らないはず。ようやく軌道にのったこの馬がこのレースの惑星となるか。


もう一頭はそこで敗れたものの中山2500mの九十九里特別で3着以下を0.6差突き放している、素質馬トレイルブレイザー。トウショウデザートをクビ差捕えた内容は優秀。距離も問題なく、タフさもあり、油断できない存在だ。前走の烏丸Sでは2:23.6の好時計で2着争いの接戦をしり目に突き抜けたあたりは能力の証明。ここに入っても能力面で見劣らず、チャンスでしょう。


復調の気配を見せた最強のスタミナ馬鹿のトウカイトリック。2500mは明らかに短いが、春の天皇賞で見せたようにしぶとさは健在。末脚のキレというものとは無縁なので、やはりペースの緩急がなく一貫ラップで最後にしぶとく伸びてこれるようなら。流石に2500mでは買いづらいし、57.5kgは少し重い印象。9歳馬、この相手でどこまで頑張れるか。


4歳勢のダークホースは新潟大賞典で4着と善戦したヤングアットハート。フレンチの仔でいかにもステイヤーという感じの競馬を続けてきたこの馬。東京2400mでミッションモードをあっさり打ち破ると、2500mの迎春Sで強敵キクカタキシードも撃破しオープン入り。休み明けの大阪ハンブルクCでは全く競馬にならなかったが、叩いた前走で良化を感じさせる中団からの競馬。この距離でこのハンデなら油断できない1頭だ。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット


posted by カタストロフィ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

ダノンバラードが故障でダービー回避…騎乗予定だった武豊はロッカヴェラーノに騎乗

 ダービー有力候補が無念の戦線離脱。皐月賞3着馬ダノンバラード(牡=池江)に24日朝、アクシデントが発生した。最終追い切りに備え、予定通り坂路1本のメニューをこなしたが、その後に脚元に不安が出たため、大一番を回避することになった。故障の詳細は25日に発表される。


 2年連続で有力馬が不運なアクシデントに見舞われた。昨年はNHKマイルC覇者で金曜発売3番人気のダノンシャンティがレース前日に右後肢の骨折で出走取り消し。今年も注目の1頭がゲートまでたどり着けなかった。


 ダノンバラードは5頭が名を連ねたディープインパクト産駒の1頭。皐月賞ではディープ産駒で最先着を果たしており、父子ダービー制覇の期待が大きかった。


 バラードに騎乗予定だった武豊は、補欠1番手から繰り上がるロッカヴェラーノに騎乗することが決定。武豊は「ディープの子でダービーに乗れると楽しみにしていたので、本当に残念。今年もダービーに乗れないのかと思ったが、ロッカヴェラーノの騎乗依頼があったのでいいレースを見せたい」と話した。昨年は皐月賞馬ヴィクトワールピサに乗る予定だったが落馬負傷による休養が長引き、騎乗を断念。今年も騎乗馬がいなくなるところだったが、すみれS勝ちのある新パートナーとの新コンビで2年ぶりの参戦となった。


引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000053-spnannex-horse


う〜ん、皐月賞3着馬、距離が伸びてよさそうな馬だっただけに、ダービーで回避というのは残念ですね。繰り上がりのロッカヴェラーノは逆にダービーでダークホースとなるのでしょうか…金鯱賞でどれぐらいやれるのか見てみたかった気もしますね。ダノンバラードは2000m以上なら地味に強い馬だと思っていたので、早く復帰して菊花賞の舞台には間に合わせてほしいですね。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット


posted by カタストロフィ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーラーシップが豪華古豪陣相手に仕切り直しの一戦@金鯱賞(GII)レース展望

金鯱賞(GII) 京都芝内2000m
登録馬一覧

アクシオン 57.0
アドマイヤメジャー 57.0
アンライバルド 58.0
アーネストリー 58.0
イコピコ 57.0
エーシンジーライン 57.0
オウケンサクラ 55.0
キャプテントゥーレ 58.0
キングトップガン 57.0
サンライズベガ 57.0
シゲルタック 57.0
タニノエポレット 57.0
トップカミング 57.0
ナリタクリスタル 57.0
ニホンピロレガーロ 57.0
ネオヴァンドーム 57.0
ハートビートソング 57.0
フミノイマージン 55.0
ブラストダッシュ 57.0
ホワイトピルグリム 57.0
マイネルアンサー 57.0
マイネルゴルト 57.0
マンハッタンスカイ 57.0
モンテクリスエス 57.0
ルーラーシップ 58.0
ロッカヴェラーノ 52.0


最強世代の4歳馬に古馬が意地を見せることができるか、という構図が続く王道路線。このレースでも例にもれず、強い4歳馬が1頭出てきた。対する古馬は豪華陣営で負けられないメンバー構成。宝塚記念を視野に、激しい前哨戦が繰り広げられそうだ。


中心は最強世代の素質馬ルーラーシップ。果敢に挑戦したドバイシーマクラシックでは道中で先頭に立つという競馬をしながら6着に敗れたのは仕方ない。日経新春杯では後の天皇賞馬ヒルノダムールを2馬身突き放す圧勝劇。素質の高さを示した形となった。1800mの鳴尾記念でもヒルノダムールやシルポートを抑えての勝利。物差しで考えると、GI級の能力を示しているのは間違いない。2000mという舞台も今のある程度前目で競馬ができるルーラーシップにとっては不安要素にならないだろう。高速決着の方がよさそうなタイプでもあるので、今の京都2000mならある程度ペースは上がってくれたほうがいいか。海外遠征明けの初戦であり、体調が焦点となりそうだ。だが、地力を考えればやはり最上位は揺るがないか。


相手筆頭はディフェンディングチャンピオンのアーネストリー。天皇賞秋では少し重い馬場、それにやや消極的な競馬で持ち味を掻き消された形で、3着も少し不満が残る内容だった。1周コースでの安定したスピードと二の脚は現役屈指の馬で、宝塚記念のタフな馬場でかなり厳しい競馬をしての3着、札幌記念でヒルノダムールを相手にしていないように、タフなスピードも本来持ち合わせている馬。昨年同様京都2000mでの金鯱賞だが、軽い馬場でのキレ勝負にも対応できる馬だけに、展開面においてもやはり中心となる馬だろう。秋天以来となる長期休養明けがどう響くか、その辺りが不安要素となりそうだ。


もう一頭、展開面・実力面で中心を担いそうなのがキャプテントゥーレ。中山記念では自らの競馬に持ち込みながらも現役最強のヴィクトワールピサに完敗。それでもリーチザクラウン以下を抑えきったように、やはり力は上。大阪杯では厳しいラップを刻んで自分の競馬に持ち込んだがハイレベル4歳世代の前にあと一歩粘り切れずの悔しい5着となった。それでも、展開面を考えれば強い競馬をしているのも事実で、スピード持続力は現役でも屈指の存在。京都2000mでどういう競馬ができるか。阪神と違って勝負どころに坂があるので、ここで緩めずに自分の持ち味であるスピードを活かすことができるか。キレでは見劣る馬なので、やはり4角までにリードを保っておきたいところ。近走はワンパンチ足りないが、強い4歳相手なので、古豪の中ではやはり最上位の馬。


中京記念で圧倒的なタフさを示したナリタクリスタルも怖い1頭だ。軽いキレやスピードとは無縁の馬で、持続戦でこそ持ち味を活かせる馬。前回はタフな馬場でタフなペースとなったため、しぶとく突き抜けて完勝できた。今回は時計の出やすい京都。それでも時計勝負がどうこうというより、緩むか緩まないか、またどこで競馬をするかで変わってくる馬。この辺は鞍上の判断が重要となってきそう。京都2000だと、序盤のスピードで見劣るので道中緩んでしまうとやはり厳しいだろうから、前が激しくなるようなら警戒したい一頭。ここでの結果いかんにかかわらず、宝塚記念で面白い一頭だと個人的には思います。


2度も続けて人気を裏切り穴をあけた曲者牝馬フミノイマージン。中山牝馬Sではレディアルバローザに完敗も、鋭く伸びて2着。福島牝馬Sでも同様に、後方から上がり最速33.3、1:45.4と好時計での勝利で底を見せていないというのも怖いところ。京都2000mは今までのU字コースとは問われる適性が違ってくるので何とも言えないが、実績自体は1000万勝ちの経験もある。常識的には強敵相手で苦しいのだが、2度もそれをあざ笑っての好走後だけに、取捨が難しい一頭となりそうだ。


3歳勢からは果敢に挑戦、皐月賞6着馬ロッカヴェラーノ。今年のクラシックは混戦で世代レベルに疑問がもたれているが、個人的にはなかなか高い世代だと思っていて、この馬がどの程度好走できるかがある程度の物差しとなりそうだ。小倉2000では末脚持続戦で勝利、すみれSでは逃げて2着以下を寄せ付けない完勝劇。皐月賞では後方からとなったが、伸びはまずまず。自分の競馬がまだつかめないが、適正面は幅広いので、ここでどれだけやれるか試金石の一戦。52kgという条件も不気味だ。


きさらぎ賞以来の勝利を前走きさらぎ賞と同じコースで遂げることができたネオヴァンドームが怖い。オープンの中堅どころを相手に中断からしっかり突き抜けての完勝はやはり魅力的。序盤のスピードでは少し見劣るところがあるので、やはり1周コースとなると、序盤のスピードで不安があるので、やはりレースの運び方がポイントとなりそう。ベストはU字コースの1800mのように思えるので、ここで好走できれば先の選択肢は広がってくるが。


3歳時の有馬記念以来、実に1年半ぶりの出走となる皐月賞馬アンライバルドがようやく復帰。ダービー以降は精彩を欠いた上に屈腱炎で長期休養明け。条件はかなり厳しいが、長い休養を経て苦労してきただけに、まずは無事に走って、できれば今後の目処が立つ走りができれば。


ランキングの応援クリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ人気ブログランキングへブログランキング ドット ネット

posted by カタストロフィ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 重賞展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。